医療機器販売や医療用システムの構築を主業務とするサンユーメディカルは中期経営計画を策定、さらなる跳躍を目指す。

木下 敦

株式会社サンユーメディカル
代表取締役社長
木下 敦(きのした・あつし)

 サンユーメディカルは近年、医療用「クロックス」を販売する正規ディーラーとなっている。また、「Ai-met NEO(アイメットネオ)」という頭蓋変形矯正ヘルメットの販売元にもなっている。これは2012年に経営を引き継いだ木下社長の肝入りで始まったこと。「当社には創業者である祖父の“人がやっていないことを率先してやろう”という精神が今でも生きており、クロックスや頭蓋矯正ヘルメットもこの精に沿ったものです」(木下社長)

 もう一方の柱であるシステム開発であるが、これは旧態依然としていた病院経営に“経営的視点”を持って頂くために始めたこと。今では、院内の物流管理や運用システムの受託ビジネスも手掛けている。

 同業のライバルも多いが、自社の強みについて木下社長は「他社は物流を中心に量の拡大に走っていますが、当社は質を重視します。最近は手術室などの一部分だけでなく、病院全体の運営を任されるようになりました」という。大手には出来ないきめ細やかな、質の高いサービスを提供するという原点は変わらないが、今後「量的」なサービスを求めるお客様のニーズに応えるため、今年は営業所の開設も視野に入れている。

 業務の拡大を受けて、同社では昨年9月に中期経営計画を策定した。「何のために仕事をするのかということを突き詰めていくと、それは医療現場に安心をお届けすることであり、ひいては地域社会に貢献することです。そのためには知と創造で医療現場の未来を切り拓くことが重要であり“Next Innovation”を企業指針に定めました。この指針に沿って今年は大きな飛躍の年にしたいと思います」と木下社長は語る。

 

株式会社サンユーメディカル

  • 設立/1972年10月 資本金/2500万円
  • 売上高/81億円 従業員数/80人
  • 事業内容/医療機器販売・病院内システム受託
  • 会社ホームページ

特集2015年注目企業25

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る