「人」「技術」「マーケティング」を活かし、インターネットメディアを事業軸に、IT・医療・ヒューマンキャピタル・新規分野に事業展開する。当初の受託型ビジネスから大きくビジネスモデルを転換し、Win-Winを実現。IT×メディアで急成長しており、「最も付加価値が高く、競争優位性の高い企業になる」ことを目指している。

 

人材ビジネスから世界的コングロマリットを目指すレバレジーズ

 

 ITや医療業界などに向けた人材ビジネスを手掛ける。最新のWebマーケティング手法を積極的に取り入れ、ROI(投資対効果)を最大化し、アルバイト求人サイト「バイトーク」、IT・Webエンジニア向け情報サービス「レバテック」、看護師専門転職サイト「看護のお仕事」などの自社メディアの運営を行っている。2005年4月の設立で、今期の売上高見込みは100億円という急成長企業だ。

 「大学1年の時、アンドリュー・カーネギーなどの本を読んでこれまで漠然と考えていた起業を意識しだしました。うまくいっている人は、どういう貢献ができるかに焦点が当たっていることもそれらの本で知りました。自分は何で社会に貢献できるかを考え、今は人材ビジネスを中心に事業展開しています」

 岩槻知秀氏の父親は大手広告代理店を経て独立。会社を経営していたが、倒産し、岩槻氏は学生時代から学費や生活費も自分で稼がなくてはならなくなる。

 ゴミ収集や建築現場の解体作業など1日半通しで働き、休憩時間に寝る毎日。求人雑誌で高収入の仕事を探すと、プログラマーが良いと分かり、日雇い仕事と並行してプログラミングを勉強。その後、複数のIT企業でインターンを経験し、ベンチャー企業の創業メンバーに加わるなどした後、大学卒業と同時に25歳でレバレジーズを創業した。

 売り上げ比率は、レバテック事業が約70%、医療関連事業が25%と中核事業が大半を占める。 

 「現状、ベンチャーとしてのスピード感を最大限に活かすために、専門分野に特化してリソースを集中投下し、シェアを取っていく戦略をとっています。もっとも今後はメディア事業により不動産、美容や教育関係といった情報インフラを提供していくことも視野に入れています」

 これらは、既に大手が自社媒体を展開して市場を開拓していった分野とかぶるが、「市場調査と成長性から結果的にそうなっただけ」と意に介さない。現在、最先端のIT企業が集まる「渋谷ヒカリエ」にオフィスを構えるのも、Webだけでなく、リアルのイベントの開催数を増やしていく狙いもあったそうだ。

 「(ヒカリエ移転は)上場と同じくらいのインパクトでした」

 “関係者全員の幸福の追求”がビジョン。将来は米GEのような国際的コングロマリットを目指すと気宇壮大な岩槻氏。その暁には、「人材ビジネスも手掛けている」会社になっている!?

 

「レバレジーズ」ホームページ

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年2月号
[第44回 経済界大賞]
大賞 北尾吉孝(SBIホールディングス社長)

  • ・[優秀経営者賞]貝沼由久(ミネベアミツミ会長兼社長)、星野晃司(小田急電鉄社長)、分林保弘(日本M&Aセンター会長)、河野貴輝(ティーケーピー社長)
  • ・[地方創生賞]笹原晶博(北海道銀行頭取)
  • ・[ベンチャー経営者賞]松下 剛(MTG社長)
  • ・[グローバルチャレンジ賞]猪塚 武(キリロム工科大学学長)

[Special Interview]

 北尾吉孝(SBIホールディングス社長)

 企業生態系を構築し20年で一大金融グループに

[NEWS REPORT]

◆上場前に大規模システムダウン ソフトバンクの明日はどうなる?

◆ゴーン逮捕から1カ月 起こりうる日産「最悪のシナリオ」

◆LINEとのアライアンスに託す 苦境に立つみずほFGの一手

[特集]せとうち復興

 被災地は観光でよみがえる

ページ上部へ戻る