設立57年を迎えた老舗のベビー用品メーカー。玩具やアパレルを含む幅広いアイテムを手掛けながら、保育などの周辺事業を強化、海外市場の掘り起こしを進める。今春から社長に就任した五嶋氏に現況について聞いた。

五嶋啓伸社長

五嶋啓伸社長
生年月日:1961年11月1日
出 身 地:静岡県
最終学歴:愛知学院大学商学部
趣  味:旅行
座右の銘:think

── 社長就任にあたり、どういった姿勢で経営に臨んでいますか。

五嶋 私が大切にしているのは、先輩方が築いてきたコンビのDNAを守りながら事業を拡大させることです。当社には、品質や機能、デザイン、安全性といった多様な観点から製品を購入してくださるお客さまがいます。こういったブランド力を倍増させるのが重要な経営課題です。

── ブランド力向上のための取り組みは。

五嶋 独自の開発力を高めるのはもちろんですが、優れた製品を手掛けている企業とのコラボを進めています。最近では、マットレスに活用される「エアウィーヴ素材」を使ったベビーカー「ネムリエ」を発売しました。素材の良さはもちろん、振動を低減するシステムを搭載し、眠ってしまうほどの心地良さを追求した自信作です。

 そのほかベビーカー以外にも、チャイルドシートや玩具、アパレルといった乳幼児にかかわる幅広い商品群が強みですから、いろいろなシーンでコンビ製品を知っていただくように努めています。全国の売り場から消費者のニーズを吸い上げながら、製品に生かしたいですね。

── 今後、注力する事業領域について。

五嶋 乳幼児向けで培った技術力を生かしてペット用品を展開しています。最近では「ペットが家族の一員」という家庭が増えており、ペットカート「コムペット ミリミリ」シリーズなどが好調です。忙しい女性の美容をサポートする自然派化粧品「ナナローブ」の販売も強化しています。そのほか、子会社のコンビウィズを通して保育園を運営しており、既存事業とのシナジー創出を図っています。グローバル展開では世界各国に販社を設けて、アジアと米国市場を中心に展開しています。

── 事業の死角は見当たらないように見えます。

五嶋 特定のカテゴリで売り上げが減少したり、同業他社が台頭したりするなど、気付かないうちに事業環境は変化するものです。アンテナを張り巡らせることで市場の微妙な変化をキャッチしたいですね。私自身、毎回違うレストランやホテルなどを利用することで、サービスや顧客の様子を観察し、商品開発に役立てています。

 

【会社データ】
コンビ
設立:1957年12月
資本金:1億円
従業員:2458人(連結)
所在地:東京都台東区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る