互換やリサイクルのインク・トナーを提供するECサイト「インク革命.com」を運営している。加えて、ナプキン通販サイト「nunona」を開設するなど事業領域を拡大。2019年ごろまでに年商100億円達成を図る構えだ。「アジアNo.1の総合ECカンパニー」を目指す嶽本泰伸社長の施策とは。

 「アジア最大のEコマース企業といえば、アリババグループ。アリババを追い抜かなければ一番にはなれません。道のりは遠いですが、不可能ではないと考えています」

 嶽本社長はこう強調する。そんな嶽本氏が尊敬する人物として挙げたのは、中世イタリアで活躍した天才、レオナルド・ダ・ヴィンチだ。絵画や建築、科学など幅広い分野で功績を挙げたダ・ヴィンチについて触れ、「心のブロックを解消すれば何だってできると思います」と目を輝かせる。

 嶽本社長は起業前に自分の可能性を広げる目的から、Web制作や飛び込み営業、中国での飲食店運営といった多様な職種を経験。やがてEC化率の低い国内市場にビジネスチャンスを見いだし、2009年に会社を立ち上げた。

 EC事業を始める上でインクに着目したのは、プリンターの純正インク製品があまりにも高額だったからだ。「インクを2回買い替えると、プリンター代と同程度の費用が掛かってしまう。ユーザーの不満を解消すれば、息の長いビジネスができると考えました」と説明する。

 同社では顧客満足度を高めるために、製造や物流、顧客対応までを一気通貫で実施。自社で開発した生産管理システムによってロスを徹底的に排除、リーズナブルな価格で製品を提供しながら、利益率を高めることに成功した。取引先には大企業や官公庁が名を連ね、業績は右肩上がりで推移している。14年3月期の売上高は4億5千万円に達した。

 しかし、「約5年後に年商100億円達成」という目標にはほど遠い状況だ。嶽本社長も「来年、再来年あたりで急激に業績を伸ばす必要がある」と認めている。具体的な施策としては、社員数人にチームを組ませて多様なカテゴリーでのECサイトの運営を任せるという。14年5月には、社員の発案から天然素材を使った布ナプキンの専門サイト「nunona」をオープン。不妊や冷え症に悩む女性のニーズをつかむことで売り上げを伸ばしており、来春には黒字を達成する見込みだ。

 「限界を決めずにしかるべき手を打てば夢は叶う」と話す嶽本社長。国内ECビジネス拡大のほか、外需を取り込む越境ECなども視野に入れ、事業を推進していく構え。成長エンジンとしての株式上場も検討している。

「シー・コネクト」ホームページ

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る