互換やリサイクルのインク・トナーを提供するECサイト「インク革命.com」を運営している。加えて、ナプキン通販サイト「nunona」を開設するなど事業領域を拡大。2019年ごろまでに年商100億円達成を図る構えだ。「アジアNo.1の総合ECカンパニー」を目指す嶽本泰伸社長の施策とは。

 「アジア最大のEコマース企業といえば、アリババグループ。アリババを追い抜かなければ一番にはなれません。道のりは遠いですが、不可能ではないと考えています」

 嶽本社長はこう強調する。そんな嶽本氏が尊敬する人物として挙げたのは、中世イタリアで活躍した天才、レオナルド・ダ・ヴィンチだ。絵画や建築、科学など幅広い分野で功績を挙げたダ・ヴィンチについて触れ、「心のブロックを解消すれば何だってできると思います」と目を輝かせる。

 嶽本社長は起業前に自分の可能性を広げる目的から、Web制作や飛び込み営業、中国での飲食店運営といった多様な職種を経験。やがてEC化率の低い国内市場にビジネスチャンスを見いだし、2009年に会社を立ち上げた。

 EC事業を始める上でインクに着目したのは、プリンターの純正インク製品があまりにも高額だったからだ。「インクを2回買い替えると、プリンター代と同程度の費用が掛かってしまう。ユーザーの不満を解消すれば、息の長いビジネスができると考えました」と説明する。

 同社では顧客満足度を高めるために、製造や物流、顧客対応までを一気通貫で実施。自社で開発した生産管理システムによってロスを徹底的に排除、リーズナブルな価格で製品を提供しながら、利益率を高めることに成功した。取引先には大企業や官公庁が名を連ね、業績は右肩上がりで推移している。14年3月期の売上高は4億5千万円に達した。

 しかし、「約5年後に年商100億円達成」という目標にはほど遠い状況だ。嶽本社長も「来年、再来年あたりで急激に業績を伸ばす必要がある」と認めている。具体的な施策としては、社員数人にチームを組ませて多様なカテゴリーでのECサイトの運営を任せるという。14年5月には、社員の発案から天然素材を使った布ナプキンの専門サイト「nunona」をオープン。不妊や冷え症に悩む女性のニーズをつかむことで売り上げを伸ばしており、来春には黒字を達成する見込みだ。

 「限界を決めずにしかるべき手を打てば夢は叶う」と話す嶽本社長。国内ECビジネス拡大のほか、外需を取り込む越境ECなども視野に入れ、事業を推進していく構え。成長エンジンとしての株式上場も検討している。

「シー・コネクト」ホームページ

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る