互換やリサイクルのインク・トナーを提供するECサイト「インク革命.com」を運営している。加えて、ナプキン通販サイト「nunona」を開設するなど事業領域を拡大。2019年ごろまでに年商100億円達成を図る構えだ。「アジアNo.1の総合ECカンパニー」を目指す嶽本泰伸社長の施策とは。

 「アジア最大のEコマース企業といえば、アリババグループ。アリババを追い抜かなければ一番にはなれません。道のりは遠いですが、不可能ではないと考えています」

 嶽本社長はこう強調する。そんな嶽本氏が尊敬する人物として挙げたのは、中世イタリアで活躍した天才、レオナルド・ダ・ヴィンチだ。絵画や建築、科学など幅広い分野で功績を挙げたダ・ヴィンチについて触れ、「心のブロックを解消すれば何だってできると思います」と目を輝かせる。

 嶽本社長は起業前に自分の可能性を広げる目的から、Web制作や飛び込み営業、中国での飲食店運営といった多様な職種を経験。やがてEC化率の低い国内市場にビジネスチャンスを見いだし、2009年に会社を立ち上げた。

 EC事業を始める上でインクに着目したのは、プリンターの純正インク製品があまりにも高額だったからだ。「インクを2回買い替えると、プリンター代と同程度の費用が掛かってしまう。ユーザーの不満を解消すれば、息の長いビジネスができると考えました」と説明する。

 同社では顧客満足度を高めるために、製造や物流、顧客対応までを一気通貫で実施。自社で開発した生産管理システムによってロスを徹底的に排除、リーズナブルな価格で製品を提供しながら、利益率を高めることに成功した。取引先には大企業や官公庁が名を連ね、業績は右肩上がりで推移している。14年3月期の売上高は4億5千万円に達した。

 しかし、「約5年後に年商100億円達成」という目標にはほど遠い状況だ。嶽本社長も「来年、再来年あたりで急激に業績を伸ばす必要がある」と認めている。具体的な施策としては、社員数人にチームを組ませて多様なカテゴリーでのECサイトの運営を任せるという。14年5月には、社員の発案から天然素材を使った布ナプキンの専門サイト「nunona」をオープン。不妊や冷え症に悩む女性のニーズをつかむことで売り上げを伸ばしており、来春には黒字を達成する見込みだ。

 「限界を決めずにしかるべき手を打てば夢は叶う」と話す嶽本社長。国内ECビジネス拡大のほか、外需を取り込む越境ECなども視野に入れ、事業を推進していく構え。成長エンジンとしての株式上場も検討している。

「シー・コネクト」ホームページ

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る