── SNSへの広告配信はされるのですか。

香川 最近、フェイスブックなどSNSへの広告配信の対応については聞かれることが多くなってきました。

 確かにメーンのコミュニケーションツールになりつつあるSNSでのネット広告は魅力的な広告配信場所です。ただし一方で、広告主が自社の広告が確認できることもネットワークの品質を維持するために重要であると考えています。

 広告ネットワークは、広告主とメディア運営者によって成り立っており、当社は、双方の収益最大化を支援する立場にあります。

 最近ではまとめサイト、キュレーションサイトなど新しいメディアが目立ってきました。ネットの変化によって今後も新しいサービス、メディアなどが登場してくると思いますが、常にクライアントである広告主、そしてメディア運営者、さらにユーザーにとって価値のあるサービスを提供していきます。

グループ全体の成長を目指す

── ヤフーグループの中でも拡販という役割は大きいですね。

香川 当社にとって、ヤフーは広告主でもあり、メディア運営者でもあります。広告主としてのヤフーに対しては、「Yahoo!ショッピング」をはじめとするウェブサイトへの集客をサポートし、メディア運営者としてのヤフーに対して、広告収益の最大化をサポートしています。

── ソフトバンクモバイルとの取り組みも始まりましたね。

香川 14年6月よりオンラインモール「得するモール」を立ち上げました。これはネットショッピングやアプリのインストールなど各サービスを利用すると毎月の携帯電話利用料金の支払いに使える金額がたまる仕組みで、当社が運営するキャッシュバックサイト「バリューポイントクラブ」のノウハウを活用しています。

 ヤフーには集客・広告収益につながる仕組みを、ソフトバンクモバイルにはユーザーへの付加価値サービスを提供する仕組みを提供することで、グループの一員として相乗効果を高めていきます。グループ会社との連携は、当社の強みのひとつです。

 アフィリエイトマーケティングサービス開始から15年。パソコンからモバイルへ、ネットからリアルへ事業環境が大きく変化するなか、今後も、多様なサービスの発信を通じ、中長期的な成長に挑戦してまいります。

(聞き手=本誌/井上 博 写真=佐藤元樹)

ページ:
1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る