創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。

100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー

── まず御社の特徴をお聞かせください。

桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本的にBtoBのビジネスを展開しており、現在は4つの事業を中心に展開しています。食品用の香料を扱うフレーバー事業、香水やシャンプー、入浴剤や芳香剤などの香料を扱うフレグランス事業、フレグランスの素材となるアロマケミカル、そして、医薬中間体などを扱うファインケミカル事業です。

 当社は創業以来、技術立脚を企業理念に掲げてきました。合成香料の分野では、その技術力が評価され国内、海外を問わず、当社の強みとなっていると思います。

桝村 聡

桝村 聡(ますむら・さとし)
1983年千葉大学工学部卒業。同年高砂香料工業入社。2013年取締役常務執行役員。14年5月に社長に就任。

── 社外取締役には、ノーベル化学賞を受賞された野依良治先生もいらっしゃいますね。

桝村 当社は83年に世界で初めて不斉合成法によるℓ-メントールの工業化に成功しているのですが、その開発において野依先生と共同研究を行いました。その経緯があって、現在も社外取締役に就いていただき、大所高所から貴重なご意見を伺っております。

── 海外への展開も早かったと聞いています。

桝村 60年にはニューヨークとパリに駐在所を開設しています。その後は、米国・メキシコ・ブラジル・フランス・ドイツ・スペイン・シンガポール・中国など、研究所・工場を持つ拠点をはじめ、全5大陸を網羅する30を超える事業所を展開しています。当社の社員の60%は海外の人材です。

── 社長ご自身は、入社以来、技術畑だとうかがっています。

桝村 もともと私はフレーバーリストなのです。当社の場合、匂いの元となる原料の開発、製造と、その原料を使って顧客である企業が求めるフレーバーの開発、製造の両方を行っているのですが、私はずっと後者を担当していました。長年研究所にいたものですから、私自身が将来的に社長になるとは全く想像していませんでした。

── 社長として、今後目標とされることは。

桝村 もともと技術立脚を理念に掲げる会社ですので、原点に立ち返って、製品作り、工程の改良など、イノベーションを早めに実現していきたいと思っています。

── 中期経営計画を策定中とうかがっておりますが、どのような内容になりますか。

桝村 まず、14年でこれまでの中期経営計画が終了しました。これまでの中期経営計画では、売り上げをみると海外での実績が比較的好調でした。それを含めて、売上目標は概ね目標に近づいたのですが、利益面では難しいところです。

 原因としては、13年4月の平塚工場の火災事故があります。事故の直接被害もありますが、よりいっそう安全管理に力を入れるようになり、そのコストが掛かっています。今は、それらの反省を込めた新たな中期経営計画を策定中です。

ページ:

1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年2月号
[特集]
明治維新から考えるニッポンの原点

  • ・第3の開国を迎え日本の未来は地方にあり(加来耕三)
  • ・実務面で明治維新を後押し国家の礎をつくった薩長密航英国留学生
  • ・布衣の宰相・前田正名のもう一つの明治維新
  • ・「より良い未来の礎になると願い死んでいった西郷の青春群像」(林 真理子)

[Special Interview]

 榊原定征(日本経済団体連合会会長)

 経済界主導のイノベーションが日本経済の未来を輝かせる

[NEWS REPORT]

◆世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也の「野心」と「危機感」

◆東証一部に返り咲き シャープの復活は本物か

◆「越境EC」への投資から見る伊藤忠の本気度

◆上場廃止を免れた東芝を待ち受ける「モノ言う株主」

[政知巡礼]

長島昭久(衆議院議員)

「自民党にできない改革を引っ張っていく政党に」

ページ上部へ戻る