創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。

100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー

── まず御社の特徴をお聞かせください。

桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本的にBtoBのビジネスを展開しており、現在は4つの事業を中心に展開しています。食品用の香料を扱うフレーバー事業、香水やシャンプー、入浴剤や芳香剤などの香料を扱うフレグランス事業、フレグランスの素材となるアロマケミカル、そして、医薬中間体などを扱うファインケミカル事業です。

 当社は創業以来、技術立脚を企業理念に掲げてきました。合成香料の分野では、その技術力が評価され国内、海外を問わず、当社の強みとなっていると思います。

桝村 聡

桝村 聡(ますむら・さとし)
1983年千葉大学工学部卒業。同年高砂香料工業入社。2013年取締役常務執行役員。14年5月に社長に就任。

── 社外取締役には、ノーベル化学賞を受賞された野依良治先生もいらっしゃいますね。

桝村 当社は83年に世界で初めて不斉合成法によるℓ-メントールの工業化に成功しているのですが、その開発において野依先生と共同研究を行いました。その経緯があって、現在も社外取締役に就いていただき、大所高所から貴重なご意見を伺っております。

── 海外への展開も早かったと聞いています。

桝村 60年にはニューヨークとパリに駐在所を開設しています。その後は、米国・メキシコ・ブラジル・フランス・ドイツ・スペイン・シンガポール・中国など、研究所・工場を持つ拠点をはじめ、全5大陸を網羅する30を超える事業所を展開しています。当社の社員の60%は海外の人材です。

── 社長ご自身は、入社以来、技術畑だとうかがっています。

桝村 もともと私はフレーバーリストなのです。当社の場合、匂いの元となる原料の開発、製造と、その原料を使って顧客である企業が求めるフレーバーの開発、製造の両方を行っているのですが、私はずっと後者を担当していました。長年研究所にいたものですから、私自身が将来的に社長になるとは全く想像していませんでした。

── 社長として、今後目標とされることは。

桝村 もともと技術立脚を理念に掲げる会社ですので、原点に立ち返って、製品作り、工程の改良など、イノベーションを早めに実現していきたいと思っています。

── 中期経営計画を策定中とうかがっておりますが、どのような内容になりますか。

桝村 まず、14年でこれまでの中期経営計画が終了しました。これまでの中期経営計画では、売り上げをみると海外での実績が比較的好調でした。それを含めて、売上目標は概ね目標に近づいたのですが、利益面では難しいところです。

 原因としては、13年4月の平塚工場の火災事故があります。事故の直接被害もありますが、よりいっそう安全管理に力を入れるようになり、そのコストが掛かっています。今は、それらの反省を込めた新たな中期経営計画を策定中です。

ページ:

1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る