東南アジア市場への取り組みを強化

── 新たな中期経営計画では、数値目標はありますか。

桝村 策定中ですので、具体的には申し上げにくいところがあります。しかし、利益体質の改善、研究開発の強化、事業の課題解決、人材育成、顧客の信頼回復の5つを軸に考えています。加えて、売上高の海外比率が5割に達するような状態ですので、グローバルな視点での制度改革も進めていかなければならないと思っています。

研究開発力が企業価値の源泉である── 人材育成の面では苦労も多いのではないでしょうか。

桝村 広汎な仕事をすべて社内で実施することは難しいので、ある程度は外部の力をお借りすることも必要だと思います。しかし、すべてアウトソーシングしていると、骨太の会社にはなれない。会社の基盤が成長しないと思っています。そういったことを考えると、1つの課題に対して自分の力で解決していくことができる、そういう能力を持った人材を育てていかなければならないと思っています。

── 市場として、今後の展望をお聞かせください。

桝村 日本市場は、これ以上人口が増えることが望めない以上、やはり海外に今まで以上に目を向けていかなければならないと思っています。特に東南アジア市場には注目しています。当社は早期にシンガポールに拠点を設けていますが、その利を生かしていきます。また今春、シンガポールに新工場を建設し、研究所、工場も集約しました。

 市場としては、ただ香りが良いと言うだけではなかなか認めてもらえなくなっています。安全・安心な製品を安定してお届けすることはもとより、より付加価値が高い製品が求められています。モノが良ければ売れるということではなくなっています。そこを意識して、技術立脚の精神で今後も研究開発に力を入れていきたいと思います。

(聞き手=本誌/清水克久 写真=佐藤元樹)

ページ:
1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る