金融とITを掛け合わせた独自サービスで個人投資家の啓蒙や資産アドバイザーの支援を行い、金融リテール市場の裾野拡大を図る。世界中の人々が平等に学び、競争できる環境を創るというビジョンのもと、2038年に時価総額100兆円達成という目標を設定。新たなウェブサービスを相次ぎ開始することで、実現させる考えだ。

 金融に関するメディアを運営し、個人投資家や資産アドバイザー向けに金融の知識啓発や営業サポート、両者のマッチングなどを行っている。具体的には、個人投資家向けに金融や経済にかかわる情報を提供する「ZUU online」や、資産アドバイザーの営業支援を目的とした「ZUU Advisors Support」など、各種のウェブサービスを展開。「顧客と金融機関の間にある情報の非対称性を無くし、気軽にお金の悩みを解消できる市場にすること」(冨田和成社長)が目的だ。

 「ZUU online」では高い専門性を持った600人以上のライターを通じて、月間600~700本にも及ぶコラムを提供している。既に記事の配信先の合計PVは月間1千万件を突破、アドバイザーからの会費や広告収入によって順調に業績を拡大している。

 同社が目指すのは、時価総額100兆円という“圧倒的世界一の企業”だ。冨田社長は「南極の氷が溶け落ちるほど熱い世界を創りたいと思います。世界中の人々が自身の判断で気軽に資産運用を行い、夢や目標を実現しやすくなる世の中をつくりたいですね」と力を込めている。

 そんな冨田社長の好きな言葉は「Impossible Is Nothing(不可能はない)」。かつて放映されたアディダスのテレビCMのキャッチコピーだ。高校時代はサッカーに励み、ゴールキーパーとして弱小チームを神奈川県大会ベスト16に導いた。大学時代にはウェブマーケティング事業を始め、軌道に乗せた上で後輩起業家に譲渡。大卒後、営業力と財務知識を身に付けるために入社した野村証券では、「新規開拓」など各分野でトップセールスを記録する。日一日と自分の可能性が広がるのを実感したという。

 「金融を通じて今まで以上に大きなことを成し遂げたい」という思いが強まり、2013年に野村証券を退職し、同年4月にZUUを設立。既に年商は億単位に届くところまできた。

 今年は多数のウェブサービスをリリースする。2月には投資家の保有銘柄に適した情報を提供する「ZUU signal」を開始、初心者が投資をしやすい環境を整える。冨田社長は自らの状況を「アイデアや情熱が湧き出て止まらない」と表現する。「既存事業の周辺を固めることで、当社はもっと大きくなれる。飛躍的成長で日本を勇気付けられる企業を目指します」

 

「ZUU」ホームページ

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る