CRM(顧客関係管理)のノウハウと顧客心理に基づいたコンサルティングを提供、小売や通販の購入率やリピートの向上を支援する。質の高いサービスの背景にあるのは、小池玄社長のホテル・広告代理店での勤務経験だ。

小池玄氏の戦略 CRMのノウハウを活用

小池 玄社長

小池 玄社長
生年月日●1972年5月20日
出 身 地●新潟県長岡市
最終学歴●筑波大学
趣  味●旅行
座右の銘●常にビジネスをサービス業と心得る

── 起業までの道筋について教えてください。

小池 大学時代にアルバイトでサービス業の面白さを知って、卒業後に「ホテル西洋銀座」(2013年閉館)に入社しました。「ホテル西洋銀座」は日本で初めてコンシェルジュサービスを取り入れるなど、きめ細かな接遇をしていました。ホテルのレストランで来客の雰囲気から注文するメニューをピタリと当てる上司など、マーケティングの素になる観察力に優れたスタッフが数多くいましたね。お客さまを観察し、そのうえで本当に必要なサービスを提供するというサービス業の王道を学びました。

 続いてダイレクトマーケティングに特化した広告代理店では、マーケティング戦略の立案やメディア対応、クリエイティブディレクション、調査、データ分析といったあらゆる業務を経験しました。その中で、顧客の多様化するニーズに対してデータを活用したエビデンスと、きめ細かいコンサルティングの双方を提供したいと考えて起業を決意しました。

── 具体的にはどのようなコンサルティングを行っているのですか。

小池 課題を抱えている企業へのヒアリングや顧客データの分析を行い、経営改善のためのアドバイスを行っています。現在、普及しているマーケティングの自動化ツールは万能ではありません。当社では、私が前職で培った接客経験を生かして顧客心理に働きかけるマーケティング活動を支援しています。

 具体的な事例を挙げると、会員の半数が半年程度で退会していたフィットネスクラブには、接客のレベルアップを目的に従業員のモチベーションを高める施策を提案しました。具体的な内容についてはお伝えできないのですが、店舗にはスタッフが自発的に動くような仕掛けを施し、継続率の向上に成功しています。

── 今後の目標は。

小池 マーケティングの潮目が変わってきていると感じています。効率的な自動化マーケティングだけではなく、サービス業のように行き届いた活動も重要だと考える企業が増えてきましたね。そういったマーケティングの質を高めるサポートで、企業の成長支援をさせていただきたいと考えています。

 

【会社データ】
BONDIC
設立●2005年8月
資本金●1千万円
所在地●東京都渋谷区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る