季節の生花、観葉植物の販売、レンタル、花束、アレンジメント、パーティー装花、「花と緑」のトータルサービスを行っているグリーンロード。クオリティー、スピード、コストパフォーマンスにこだわりぬく思いを高原良午社長に訊いた。

 

高原良午社長

高原良午社長
生年月日●1969年1月23日
出身地●大阪市
最終学歴●関西学院大学
趣味●釣り、山登り
尊敬する人物●二宮尊徳
座右の銘●忘己利他

── 事業内容は。

高原 いわゆる「お花屋さん」です。オールドマーケットの業態の中、さまざまな独自サービスやノウハウを駆使することで成長を続けています。

── 起業前はサラリーマンだったそうですが。

高原 私はバブル就職組で、新卒でリクルートコスモスに入社しました。入社と同時にバブルが崩壊し(笑)、たった3カ月で親会社のリクルートに転籍しました。リクルートでは求人広告の営業マンを5年間やりました。

── 御社の強みは。

高原 クオリティー、スピード、コストパフォーマンスの3つにこだわり抜いていることです。例えば、お客さまから先方へ贈った花の画像を納品後、メールで報告しています。「オーダーした花がこんなアレンジで届けられた」という納品証明にもなり、お客さまの信頼を得ています。また納品後の花を、スタッフが定期的にメンテナンスするサービスがあります。花の「賞味期限」を最後まで楽しんでいただきたいという思いから始めました。最後は弊社で花を回収することで、ごみを増やさない努力もしています。お客さまには大変好評をいただいています。

── 新しくチャレンジしていることは。

高原 一昨年、先輩の会社と3社合弁で「アニバーサリー(記念日)」という会社を立ち上げました。社員の家族や恩人に「感謝の気持ち」として花束やアレンジメントを贈る代行サービスです。成長するベンチャー企業では、社員やその家族、友人をステークホルダーの一員と考え、大切にしている経営者が多いことが、設立のきっかけになりました。将来的には花以外の商材も扱う、アニバーサリーギフトのトータルアウトソーサーを目指します。

── 今後の抱負は。

高原 再来年の創業20周年を節目に新しいステージに向かいたいと考えています。その意味ではこの2年間が正念場と思っています。

 

【会社データ】
グリーンロード

設立●1997年8月
資本金●4775万円
売上高●3億5千万円
従業員●30人
所在地●東京都台東区池之端

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年2月号
[特集]
明治維新から考えるニッポンの原点

  • ・第3の開国を迎え日本の未来は地方にあり(加来耕三)
  • ・実務面で明治維新を後押し国家の礎をつくった薩長密航英国留学生
  • ・布衣の宰相・前田正名のもう一つの明治維新
  • ・「より良い未来の礎になると願い死んでいった西郷の青春群像」(林 真理子)

[Special Interview]

 榊原定征(日本経済団体連合会会長)

 経済界主導のイノベーションが日本経済の未来を輝かせる

[NEWS REPORT]

◆世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也の「野心」と「危機感」

◆東証一部に返り咲き シャープの復活は本物か

◆「越境EC」への投資から見る伊藤忠の本気度

◆上場廃止を免れた東芝を待ち受ける「モノ言う株主」

[政知巡礼]

長島昭久(衆議院議員)

「自民党にできない改革を引っ張っていく政党に」

ページ上部へ戻る