東京・渋谷区で新卒学生向けの採用支援事業を運営。設立4期目を間もなく迎え、コンサルティング事業をとおして、「若者をはじめ企業、社会そして日本の力を再び呼び覚ましたい」という理念のもとで運営を行っている。

 

柳田将司社長

柳田将司社長
生年月日●1982年11月23日
出 身 地●兵庫県
最終学歴●同志社大学
趣  味●旅行
座右の銘●努力は裏切らない

── 起業に至った経緯について教えてください。

柳田 元々、私は新卒で採用コンサルティングの会社に勤めていました。そこでは業界に先駆けて、大学生向けの就職支援塾を立ち上げました。学生から受講料を受け取り、就職支援を行う形態です。この事業は大きくメディアにも取り上げられました。しかし、企業と学生が相互理解を深めるスキームがなかったため、ミスマッチで早期離職が続いてしまいました。

 企業はより良い人材を採用したいために、誇大に長所ばかりをアピールしますし、学生は自己理解が低いうえ、採用してもらいたいがために嘘をついてしまいがちです。そのために企業側、学生側双方に誤解が起こりやすくなってしまいます。そのため、マッチングを成功させる事業をしたいと考え、起業に至りました。

── 事業の強みをお聞かせください。

柳田 弊社は入社3年以内での若手社員の離職回避をモットーに、企業と学生のサポートに取り組んでいます。強みなのは、自社で年間200回以上開催している、就活セミナーです。Twitterのフォロワー約70万人に集客を行い、通年で延べ1万人もの学生を動員しています。

 セミナーでは、企業とのマッチングイベントや、ビジネスゲームを行っており、企業が学生の本質を見抜くための場を提供しています。

── 今後の事業をどう展望していますか。

柳田 現在、事業の多角化を進めています。就活情報まとめサイトなど、自社メディア事業に注力しております。これらのメディアを使って、新しい採用活動の形を創っていく予定です。会員基盤を活用した新たなビジネスを行うため、事業の機動性を追求していければと思っております。事業部門ごとの分社化を実施し、持ち株会社を設立予定です。

 事業拡大に伴い、マンパワーの不足という課題を乗り越えるため、弊社でも人材の育成と新卒の採用を積極的に行っています。

 将来的に学生が、早めに内定を取れる環境を作り出し、業界のリーディングカンパニーになっていきたいです。

 

【会社データ】
リアライブ

設立●2012年4月
資本金●1千万円
所在地●東京都渋谷区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年2月号
[特集]
明治維新から考えるニッポンの原点

  • ・第3の開国を迎え日本の未来は地方にあり(加来耕三)
  • ・実務面で明治維新を後押し国家の礎をつくった薩長密航英国留学生
  • ・布衣の宰相・前田正名のもう一つの明治維新
  • ・「より良い未来の礎になると願い死んでいった西郷の青春群像」(林 真理子)

[Special Interview]

 榊原定征(日本経済団体連合会会長)

 経済界主導のイノベーションが日本経済の未来を輝かせる

[NEWS REPORT]

◆世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也の「野心」と「危機感」

◆東証一部に返り咲き シャープの復活は本物か

◆「越境EC」への投資から見る伊藤忠の本気度

◆上場廃止を免れた東芝を待ち受ける「モノ言う株主」

[政知巡礼]

長島昭久(衆議院議員)

「自民党にできない改革を引っ張っていく政党に」

ページ上部へ戻る