東京・渋谷区で新卒学生向けの採用支援事業を運営。設立4期目を間もなく迎え、コンサルティング事業をとおして、「若者をはじめ企業、社会そして日本の力を再び呼び覚ましたい」という理念のもとで運営を行っている。

 

柳田将司社長

柳田将司社長
生年月日●1982年11月23日
出 身 地●兵庫県
最終学歴●同志社大学
趣  味●旅行
座右の銘●努力は裏切らない

── 起業に至った経緯について教えてください。

柳田 元々、私は新卒で採用コンサルティングの会社に勤めていました。そこでは業界に先駆けて、大学生向けの就職支援塾を立ち上げました。学生から受講料を受け取り、就職支援を行う形態です。この事業は大きくメディアにも取り上げられました。しかし、企業と学生が相互理解を深めるスキームがなかったため、ミスマッチで早期離職が続いてしまいました。

 企業はより良い人材を採用したいために、誇大に長所ばかりをアピールしますし、学生は自己理解が低いうえ、採用してもらいたいがために嘘をついてしまいがちです。そのために企業側、学生側双方に誤解が起こりやすくなってしまいます。そのため、マッチングを成功させる事業をしたいと考え、起業に至りました。

── 事業の強みをお聞かせください。

柳田 弊社は入社3年以内での若手社員の離職回避をモットーに、企業と学生のサポートに取り組んでいます。強みなのは、自社で年間200回以上開催している、就活セミナーです。Twitterのフォロワー約70万人に集客を行い、通年で延べ1万人もの学生を動員しています。

 セミナーでは、企業とのマッチングイベントや、ビジネスゲームを行っており、企業が学生の本質を見抜くための場を提供しています。

── 今後の事業をどう展望していますか。

柳田 現在、事業の多角化を進めています。就活情報まとめサイトなど、自社メディア事業に注力しております。これらのメディアを使って、新しい採用活動の形を創っていく予定です。会員基盤を活用した新たなビジネスを行うため、事業の機動性を追求していければと思っております。事業部門ごとの分社化を実施し、持ち株会社を設立予定です。

 事業拡大に伴い、マンパワーの不足という課題を乗り越えるため、弊社でも人材の育成と新卒の採用を積極的に行っています。

 将来的に学生が、早めに内定を取れる環境を作り出し、業界のリーディングカンパニーになっていきたいです。

 

【会社データ】
リアライブ

設立●2012年4月
資本金●1千万円
所在地●東京都渋谷区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る