2010年、関東進出の橋頭堡として東京本社を設けた。若手社員を中心に一丸となって新規出店に取り組む

2010年、関東進出の橋頭堡として東京本社を設けた。若手社員を中心に一丸となって新規出店に取り組む

 1998年、関西に第1号店を出店して以来、現在に至るまで16期連続増収と絶好調なのが、多彩な業態の飲食店チェーンを展開するきちりだ。2006年からは関東にも本格的に進出、同社が展開する全78店舗のうち、既に首都圏の店舗が36店舗を占めるなど、その勢いは加速している。同社の平川昌紀社長は、「首都圏という魅力的な市場の中で、まだまだ出店できていない空白地帯があります。当面は東京を中心に集中的に出店していきたいですね」と意気込みを見せる。ワンランク上のお洒落な空間とこだわりの料理で、女性から圧倒的な支持を集める同社だが、一方で「プラットフォームシェアリング事業」という新たなビジネスに取り組んでいる。

 創業時から一貫してビジョンに掲げる「外食産業の新たなスタンダードの創造」。これを実現するために、管理部門を徹底的に効率化する「バックオフィス」、食材の調達や物流でスケールメリットを追求する「バックヤード」、そして信頼関係をベースとする取り引き先「バックアップ企業」、この3要素で外食産業の成長を全面的にサポートする。

昨年11月にオープンした「KICHIRI MOLLIS 新宿通り」。ベビーカー置き場や授乳室を設けるなど、子育て世代に配慮した店づくりで人気を集める

昨年11月にオープンした「KICHIRI MOLLIS 新宿通り」。ベビーカー置き場や授乳室を設けるなど、子育て世代に配慮した店づくりで人気を集める

 このシステムを土台として「長寿日本一」のブランド化に取り組む長野県との提携に至り、今年3月にはJR長野駅ビルに「長野県長寿食堂」を出店。今後も美容と健康、ファッションとエンターテインメント、さらに農畜産から水産といった3つの分野におけるコンテンツホルダーとのコラボレーションと、中小の外食店舗への同プラットフォームの提供により、業界の変革を目指す。

 「外食産業がどんどん縮小していく中で、ダイナミックな成長を実現するための必要不可欠なインフラとして、この仕組みを育てていきたい」(平川社長)

 三国志の英雄としてリーダーシップを発揮した曹操孟徳の幼名を由来とする社名通り、時代をリードする同社の存在感はますます高まりそうだ。

「従来のフランチャイズシステムとは異なる『プラットフォームシェアリング事業』で、外食産業に新しい生態系を構築します」

「従来のフランチャイズシステムとは異なる『プラットフォームシェアリング事業』で、外食産業に新しい生態系を構築します」

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る