東京・千代田区で公認会計士、税理士に特化したキャリア支援事業を手掛けている。今年で設立14年目を迎え、人と企業の成長支援という理念のもとで運営を行っている。

 

―― 起業に至った経緯を教えてください。

岡村 もともと私は1990年から外資系の生命保険会社で12年半営業職として勤務し、オーナー経営者を対象に財務対策を提案していました。その間、経営者と同時に、会計事務所の先生方とも接点を多く持つことができました。

 加えて、90年代後半に新興株式市場ができ、縁のある企業からIPOを目指す経営者が増えてきました。それがきっかけで、組織化を急ぐ企業に無償で人材を紹介するようになりました。人材マッチングを通じて、企業の成長や株式上場をサポートすることに社会的意義を感じ、独立を決意しました。

―― 御社の事業内容をお聞かせください。

岡村康男社長

岡村康男社長
生年月日●1960年
出身地●東京都
最終学歴●青山学院大学法学部
趣味●音楽鑑賞、スキー、読書

岡村 成功報酬型で主に税理士法人や監査法人そして一般企業にプロフェッショナル人材をご紹介しています。現在、弊社では、キャリアアップを目指す会計人など約5千人が登録しています。そのうち約80%が20代後半から40歳くらいまでの会計系有資格者です。

 クライアントの要望に沿った確度の高い人材マッチングに注力しています。会計人に特化した人材コンサルティングは他社にはない強みです。

―― 今後の展望について。

岡村 昨今、成長を目指す企業では首都圏に限らず求人ニーズが高まっており、会計人材も経験者は売り手市場です。成長企業を支援している弊社への期待が感じられます。新たな人材発掘のため、学生インターンの斡旋や国税庁を定年、もしくは中途退職したOBのご紹介など、さまざまな層の人材提案ができるように努めています。昨年より始めたBtoBの相談サービスは国税OBのネットワークを生かしています。

 将来的にはウェブサービスを充実させ、会計人がキャリアを作るためのインフラになりたいと考えています。

 

【会社データ】
レックスアドバイザーズ
設立●2002年10月
資本金●5千万円
所在地●東京都千代田区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る