LGBTs向けウエディング、同ライフカウンセリング、同マーケティングコンサルティング、同研修事業とメディアサイト運営が主業務。セクシャリティーに関わらず、すべての人が自由に幸せを追求できる社会を目指している。

LGBTとは?

L(レズビアン=女性同性愛者)、G(ゲイ=男性同性愛者)、B(バイセクシュアル=両性愛者)、T(トランスジェンダー=性別違和)。レティビーではLGBTに属さないすべてのセクシャルマイノリティーを包括し、複数形の「s」を付け、LGBTsと表記している。

 

日本でLGBTsの比率は人口の5.2%

 

―― セクシャルマイノリティー関連事業を展開しています。国や自治体も前向きに取り組み始めた分野ですね。

外山 LGBTs界のスタートアップとして、日本のセクシャルマイノリティーの居場所を作ろうとしています。ブライダルサービスや企業のLGBTsへの理解促進として、企業研修などを実施し、多方面でのLGBTの啓蒙活動を行っています。また、今後はウェブでもコミュニティーや情報にアクセスできない当事者の居場所を作っていきたいと考えています。

 超党派の国会議員連盟が3月に発足し、渋谷区や横浜市なども条例案を区議会に提出するなど、動きが出始めました。

林 康紀代表取締役

林 康紀代表取締役
生年月日●1991年6月18日
出 身 地●東京都
最終学歴●慶応義塾大学総合政策学部
座右の銘●意志ある所に道あり

外山雄太代表取締役

外山雄太代表取締役
生年月日●1990年5月10日
出 身 地●北海道
最終学歴●慶応義塾大学環境情報学部
座右の銘●神は細部に宿る

外山 私たちは国の政策を待つのではなく、民間レベルでできることから手を付け、波を起こそうと考えています。

―― LGBTsの現状を。

外山 日本では人口の5・2%、20人に1人と言われており、LGBTsの先進国である欧米の平均も5〜10%です。

―― 市場規模は5・7兆円(電通調べ)とか。

外山 LGBTsの人が年間に消費する金額の合計なので、厳密には一般的な市場の性格とは異なると思いますが、経済的に大きなインパクトを持つものと考えています。

 

同性婚をはじめLGBTsへの理解拡大を目指すレティビー

 

―― 日本では同性婚が認められていませんが。

外山 現在は欧米諸国など20カ国で同性婚が認められており、法的な権利も保証されています。

 同性カップルは婚姻関係を結ぶことができないので、公正証書を作るとか、養子縁組といった方法で、社会的な保障を受けられるよう支援しています。昨年から同性同士のカップルのウエディングサポートも行っています。

―― ビジネスとしては、なかなか難しい分野では?

 売り上げを急激に上げようとは思っていません。地道に活動を続けることで、理解の広がりを期待しています。

外山 人権意識のないところでは成り立ちませんし、当事者だけでなく、アライアンス(支援者、賛同者)の人たちを巻き込むことが大事。当社にもP&G、ダイソン、日本トイザらスで役員や社長を歴任した和田浩子さんが経営顧問として参画して下さっています。

 

 

【会社データ】
レティビー
設立●2014年4月
資本金●50万円
従業員●2人
所在地●東京都新宿区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る