東京・中央区でシステム開発のITコンサルティングを手掛けている。今年で設立15年目を迎え、「お客さまに真の変革をもたらすこと」を理念に事業運営を行い、さらなる飛躍を目指す。

 

漆原 茂社長

漆原 茂社長
生年月日●1965年2月24日
出身地●神奈川県
最終学歴●東京大学工学部
趣味●サイエンス全般を勉強すること

―― 起業に至った経緯を教えてください。

漆原 もともと私はコンピューターに興味があり、それが高じて大学ではシステムを学べる工学部計数工学科に進みました。卒業する頃、「ITによる未来社会をつくってみたい」という思いが強くなり、大学院へは行かずに沖電気工業に入社しました。そして1989年から2年間、米国に社費留学し、シリコンバレーを肌で感じてきました。

 日本に戻ると、90年代半ばのインターネットが急速に普及している時期と重なり、数多くの企業のIT化プロジェクトに参画しました。

 しかし、システムを構築する現場の取り組みと、クライアントの要望にズレを感じるようになり、これを修正したいと思い、起業を決めました。

―― 事業内容をお聞かせください。

漆原 新しくシステムを立ち上げたい企業(発注企業)に代わり、弊社が大手システムベンダー(受注企業)との交渉を行います。クライアントの希望を伝えながらプロジェクトを推進します。

 日系企業の多くは欧米の企業に比べて、IT部門で活躍できる人材が少ないのが現状です。1つのプロジェクトを成功させるためには、発注企業側にITに精通する人材が少数でもいることが必要不可欠です。

 そのことが結果的に、発注企業が手掛けている案件の、納期短縮やコストダウンにつながります。受注企業からすると、コストダウンやバグの対応の観点から自社製品の仕様をそのまま使いたいという思惑が働きがちです。

 そこで、弊社が間に入り仕様を決めることで、受注企業にとってもクライアントの希望に沿った新しい技術に取り組みやすくなります。

―― 現在、取り組んでいることは。

漆原 常に心掛けていることは、優秀な人材の確保と、事業の品質向上への取り組みです。やはり、最先端の技術をお客さまに提案、提供するためには、確実な技術を持った人材が欠かせません。弊社には、技術経験が豊富なプログラマーも多く、60代の社員もいます。そういった経験値の高い人材が活躍できる場所を提供しています。

 また、2009年より新卒を採用しており、一から教育してプロフェッショナルに育てています。

 

【会社データ】
ウルシステムズ
設立●2000年7月
資本金●1億円
売上高●42億円
所在地●東京都中央区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年2月号
[特集]
明治維新から考えるニッポンの原点

  • ・第3の開国を迎え日本の未来は地方にあり(加来耕三)
  • ・実務面で明治維新を後押し国家の礎をつくった薩長密航英国留学生
  • ・布衣の宰相・前田正名のもう一つの明治維新
  • ・「より良い未来の礎になると願い死んでいった西郷の青春群像」(林 真理子)

[Special Interview]

 榊原定征(日本経済団体連合会会長)

 経済界主導のイノベーションが日本経済の未来を輝かせる

[NEWS REPORT]

◆世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也の「野心」と「危機感」

◆東証一部に返り咲き シャープの復活は本物か

◆「越境EC」への投資から見る伊藤忠の本気度

◆上場廃止を免れた東芝を待ち受ける「モノ言う株主」

[政知巡礼]

長島昭久(衆議院議員)

「自民党にできない改革を引っ張っていく政党に」

ページ上部へ戻る