人材紹介や求人広告代理店の各事業を通じて、企業経営を支援する。最近では企業へのアジア人材の紹介を強化、合わせて登録者向けの住宅支援を手掛ける計画。今後もサービス領域を拡充し、5年以内の10倍増収を目指す。

 

文 水将社長 生年月日●1978年8月11日 趣味●ラグビー 尊敬する人物●両親、会社員時代に勤めていた企業の社長

文 水将社長
生年月日●1978年8月11日
趣味●ラグビー
尊敬する人物●両親、会社員時代に勤めていた企業の社長

── 起業の経緯について。

 私は幼いころから、個人で商売を行っていた父親の背中を見て育ちました。小学校の頃から既に「将来は社長になる」と話すような子供でした。また、新卒で入社した会社で私の理想とする社長と出会い、「俺もこんな男になりたい」と、起業を実現させる決意が生まれました。

 当時は法人営業を行っていましたが、人材の確保に苦労していた顧客が多くいて、ここに商機を感じました。今では300社強の取引先に対して2500件以上の取引実績があります。

── 現在、力を入れている事業領域は。

 外国人材の採用支援ビジネスです。特に韓国人材に注力しています。韓国人は誠実で仕事に対する責任感が強く、良い意味で負けん気があります。

 韓国人というと反日のイメージがありますが、実際にはごく一部です。日本が好きで、日本で働きたいと考えている人は少なくありません。そういった人たちを企業に橋渡しをしているのが、われわれの仕事です。

 最近では特に、IT企業やゲーム会社にシステムエンジニアやゲームクリエイターなどを紹介する案件が増えています。そのほか、ベトナムやタイといった東南アジアの人材ビジネスも行っています。

── 海外人材の紹介ビジネスは競合が少なくありませんが。

 「人材を紹介して終わり」というのでは、顧客企業へ本当に役立つサービスは提供できないでしょう。われわれは来日してきた採用者向けのライフサポートまでを手掛けたいと考えています。特に外国人が苦労しがちな住まい探しを手助けしたいですね。ちょうど今、各分野の専門家から情報収集を行っているところです。

 そのほか、採用者を対象にした日本語や日本の商習慣に関わる研修も実施する予定です。具体的なイメージはまだ固まっていませんが、弊社のスタッフが講師を務めたり、プログラムを作成して企業に提供したりといった案を検討しています。

── 今後の経営展望は。

 当社の現在の売上高は約3億円です。これを5年以内に、10倍程度にまで拡大したいと考えています。既存事業の強化や海外ビジネスなど、新事業の積極展開で実現させます。

 

【会社データ】
ルーチェ
設立●2007年2月
資本金●500万円
従業員●10人
所在地●東京都新宿区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る