デザイナーズ家具の「リグナ」、国産家具の「ガラン」、日本の家具職人によるオリジナル家具の「SIROMUK」などをオンラインで展開する。東京・茅場町に本社兼大型ライフスタイルショップを持つ。近年は、家具販売以外に、高級レストランのインテリア監修やビルのリノベーション、ホテルの総合プロデュースなどの分野にも進出している。

インテリアに特化したオンラインショップ「リグナ」

 世界のデザイナーズ家具やインテリアに特化したオンラインショップ「リグナ」、日本製デザイナーズ家具の同「ガラン」を運営する。リアル店舗として、茅場町から徒歩5分の本社兼東京ショールームは総面積1千平方メートルで、カフェやグリーンショップ、アロマコーナーも併設し、実際の商品を見学できる。

 「オンラインショップのリグナは5700商品を超え、日本最大級となりました。世界中の上質な家具インテリアをセレクト販売するデザイナーズ家具百貨店であり、世界の家具の辞典を目指しています」という小澤良介氏。1978年愛知県生まれで、明治大学在学中にさまざまな業務請負事業を手掛けた。大学を卒業直後の2003年5月、リグナの前身となる内装の仲介事業を行うリックアンドブレインズを創業。04年12月、デザイナーズ家具専門サイト「リグナ」を開設した。

リグナ社長 小澤良介、「リグナ」開設のきっかけ

 「インターネットショッピングが人気になり始めた頃でしたが、デザイナーズ家具はあまり格好の良いサイトがなくて、それなら自分で作ってしまおうと思ったのが最初です。とはいえ、業界はインターネットで家具を売ることに理解がなかったので、最初は苦労しました。しかし、ようやく1社突破口を開くことができ、その後はお客様からのアクセス数も増え、今や国内外に約200社のお取引先を構築しています。自社家具ブランドも創り、メーカーという立場にもなることができました」

 1989年のバブル絶頂期に、父親が実家を暖炉や吹き抜け、出窓のあるアメリカンハウスに建て替えた。家具も選び抜かれ、中学生の多感な時期にあった小澤氏の脳裏に強烈に焼き付けられた。『「好き!」を仕事にする人生』(日本実業出版社)をこの3月に上梓したばかりだが、現在の小澤氏が形作られたのも、その時だった。

リグナ社長 小澤良介、今後の展開

 現在は、東京や福岡でビルや家屋を一棟リノベーションした他、ホテルの総合プロデュース、設計の依頼も舞い込むという。フジテレビの月9ドラマ「月の恋人」では総合監修も手掛けた。

家具業界はバブル崩壊後、縮小傾向にあり、低価格のニトリやIKEAに押されて廃業が相次ぐ中で、リグナは創業以来、右肩上がりを続けている。在庫はほとんど持たず、各メーカーから直送にしているのも強み。

 サイトのブランド力を武器に日本の家具業界を元気にしたいと意気込む小澤氏だ。

 

「リグナ」ホームページ

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る