フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。

 

 レミー・コアントローは、1724年に創業したコニャックメゾン、レミーマルタン社と、リキュールのトップブランドを手掛けるコアントロー社が1990年に統合して誕生した。日本法人であるレミー・コアントロージャパンは2011年設立。複数のディストリビューター(販売代理店)との提携を経て、自社グループによる国内展開に踏み切った。その狙いはどこにあるのか。

 「他社に販売をお任せしていた頃はブランドと消費者との距離が遠くなっていました。自分たちの手でブランドを育てたいと考えたのがきっかけです」

 日本法人の発足メンバーで、昨春に代表取締役へ就任した宮﨑俊治氏はこう説明する。同社はそこで徹底したブランドビルディングに注力してきた。コニャックでは、ルイ15世に高く評価された「レミーマルタン」や、100年にも及ぶ熟成を経た1200種の原酒をブレンドした「ルイ13世」など。各商品にユニークなストーリーと作り手の確かな情熱が込められているという。これらのストーリーを社内はもちろん、飲食店、小売店、酒販店などと共有、地道にブランド展開を進めてきた。

 結果、国内のコニャック市場が縮小傾向にあるにも関わらず、同社のコニャック事業は好調を維持している。主力のコニャックやリキュールに加えて、スピリッツやウイスキーといったポートフォリオの拡充を進めており、業績は右肩上がりを続けている。宮﨑氏は「当社ブランドには、まだ十分な可能性があることを証明しました」と笑顔を見せる。

 同社はブランドのポテンシャルを一層生かすため、潜在層の掘り起こしに余念がない。今年3月には、「レミーマルタン」を紹介するアプリ「One Night in Tokyo」を発表。アプリを通じて、若年層らに「レミーマルタン」の魅力を知ってもらう。加えて、インバウンド需要の開拓も課題の1つだ。日本では扱っていないブランド展開も視野に、幅広い需要に対応する。

 

「レミー・コアントロージャパン」ホームページ

 

【イノベーターズ】の記事一覧はこちら

経済界電子版トップへ戻る

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る