フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。

 

 レミー・コアントローは、1724年に創業したコニャックメゾン、レミーマルタン社と、リキュールのトップブランドを手掛けるコアントロー社が1990年に統合して誕生した。日本法人であるレミー・コアントロージャパンは2011年設立。複数のディストリビューター(販売代理店)との提携を経て、自社グループによる国内展開に踏み切った。その狙いはどこにあるのか。

 「他社に販売をお任せしていた頃はブランドと消費者との距離が遠くなっていました。自分たちの手でブランドを育てたいと考えたのがきっかけです」

 日本法人の発足メンバーで、昨春に代表取締役へ就任した宮﨑俊治氏はこう説明する。同社はそこで徹底したブランドビルディングに注力してきた。コニャックでは、ルイ15世に高く評価された「レミーマルタン」や、100年にも及ぶ熟成を経た1200種の原酒をブレンドした「ルイ13世」など。各商品にユニークなストーリーと作り手の確かな情熱が込められているという。これらのストーリーを社内はもちろん、飲食店、小売店、酒販店などと共有、地道にブランド展開を進めてきた。

 結果、国内のコニャック市場が縮小傾向にあるにも関わらず、同社のコニャック事業は好調を維持している。主力のコニャックやリキュールに加えて、スピリッツやウイスキーといったポートフォリオの拡充を進めており、業績は右肩上がりを続けている。宮﨑氏は「当社ブランドには、まだ十分な可能性があることを証明しました」と笑顔を見せる。

 同社はブランドのポテンシャルを一層生かすため、潜在層の掘り起こしに余念がない。今年3月には、「レミーマルタン」を紹介するアプリ「One Night in Tokyo」を発表。アプリを通じて、若年層らに「レミーマルタン」の魅力を知ってもらう。加えて、インバウンド需要の開拓も課題の1つだ。日本では扱っていないブランド展開も視野に、幅広い需要に対応する。

 

「レミー・コアントロージャパン」ホームページ

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る