IoTやクラウド、ビッグデータの利活用は企業戦略の要となっている。ITbookは顧客満足度の高いコンサルティングサービスで業容を拡大している。

20160209ITBOOK_P01

ITbook株式会社
代表取締役会長兼CEO
恩田 饒 (おんだ・ゆたか)

 官公庁向けのITコンサルティングを主力に成長しているITbookは、いよいよ本格的に運用が始まるマイナンバー制度対応の受注件数を順調に伸ばしている。同社会長兼CEOの恩田饒氏は「当社は昔から中央の官公庁や地方自治体向けに強い会社です。過去5年間で約150の地方自治体で各種コンサルティングの仕事をさせていただきました。民間と違って地方自治体の場合は価格の低さよりも、提案の中身を重視します。この分野では大手の情報システム会社といつも競合になりますが、受注件数ではお陰さまで当社が勝っている状況です」と語る。

 同社の業務はコンサルティング事業、システム開発事業、それと技術者派遣の3本柱。コンサルティング関係では官公庁向けに強いというアドバンテージを生かしながら、特徴ある企業とのコラボレーションにも積極的だ。例えば昨年9月には情報セキュリティー技術に強いラック(ジャスダック上場、本社・東京)と、自治体が取り組むマイナンバー運用のセキュリティー対策で業務提携を結んだ。また、人材総合サービスのフルキャストホールディングスともマイナンバー関連の業務で提携している。

 「今期も3本柱が中心ですが、最も伸びしろが期待できるのは技術者派遣です。いまでも仕事量はたくさんあるので、優秀な技術者をいかに数多く確保するのが重要です」(恩田氏)

 ITの分野は技術革新の変化が速くライバル会社も多い厳しい環境にあるので、どう顧客ニーズを先取りするかが業績拡大の鍵となる。今期の売り上げは約34億円の見込みだが、来期は50億円を目指している。

 

ITbook株式会社

  • 設立/1990年
  • 資本金/8億8370万円
  • 売上高/20億円(15年3月期)
  • 従業員数/175人(連結)
  • 事業内容/業務・システム最適化コンサルティングサービス
  • 会社ホームページ/http://www.itbook.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る