IoTやクラウド、ビッグデータの利活用は企業戦略の要となっている。ITbookは顧客満足度の高いコンサルティングサービスで業容を拡大している。

20160209ITBOOK_P01

ITbook株式会社
代表取締役会長兼CEO
恩田 饒 (おんだ・ゆたか)

 官公庁向けのITコンサルティングを主力に成長しているITbookは、いよいよ本格的に運用が始まるマイナンバー制度対応の受注件数を順調に伸ばしている。同社会長兼CEOの恩田饒氏は「当社は昔から中央の官公庁や地方自治体向けに強い会社です。過去5年間で約150の地方自治体で各種コンサルティングの仕事をさせていただきました。民間と違って地方自治体の場合は価格の低さよりも、提案の中身を重視します。この分野では大手の情報システム会社といつも競合になりますが、受注件数ではお陰さまで当社が勝っている状況です」と語る。

 同社の業務はコンサルティング事業、システム開発事業、それと技術者派遣の3本柱。コンサルティング関係では官公庁向けに強いというアドバンテージを生かしながら、特徴ある企業とのコラボレーションにも積極的だ。例えば昨年9月には情報セキュリティー技術に強いラック(ジャスダック上場、本社・東京)と、自治体が取り組むマイナンバー運用のセキュリティー対策で業務提携を結んだ。また、人材総合サービスのフルキャストホールディングスともマイナンバー関連の業務で提携している。

 「今期も3本柱が中心ですが、最も伸びしろが期待できるのは技術者派遣です。いまでも仕事量はたくさんあるので、優秀な技術者をいかに数多く確保するのが重要です」(恩田氏)

 ITの分野は技術革新の変化が速くライバル会社も多い厳しい環境にあるので、どう顧客ニーズを先取りするかが業績拡大の鍵となる。今期の売り上げは約34億円の見込みだが、来期は50億円を目指している。

 

ITbook株式会社

  • 設立/1990年
  • 資本金/8億8370万円
  • 売上高/20億円(15年3月期)
  • 従業員数/175人(連結)
  • 事業内容/業務・システム最適化コンサルティングサービス
  • 会社ホームページ/http://www.itbook.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る