徹底したデータ活用でターゲット層に即した適切なポスティングを実現。最近ではポスティングとウェブを連動させた販促を支援、ITを活用した事業展開で飛躍する。

20160209ATO_P01

株式会社アト
代表取締役
安田 周 (やすだ・しゅう)

 創業から12期連続増収を達成し、ポスティング業界でトップクラスの業績を誇るアト。その原動力は徹底したデータ分析に基づいたエリアマーケティングにある。アトでは、国勢調査情報を使った独自のGIS(地理情報システム)ツールを活用。例えば、「70代以上×戸建×池袋駅周辺」のように複数のセグメントを組み合わせ、潜在顧客地域を抽出する。これに加えて顧客データを活用し、ポスティングの精度を高めている。

 「適切な絞り込みを行うことで、ターゲットへ確実にリーチすることが可能です。経費節減で浮いた分を別のエリアでの配布に回すことで、さらなる効果が期待できます」(安田社長)

 同社は顧客の成果を一層引き出すため、ウェブとの連動サービスを開始している。チラシから企業の特設ページに誘導し、来店や問い合わせを促す仕組みだ。安田社長は「消費者は興味を持った商品があると、購入する前にネットで情報収集する傾向があります。ポスティングとの親和性は想像以上に高いですね」と説明している。化粧品やフィットネスクラブなど、顧客への説明が必要な商品・サービスを扱う企業からの引き合いが増えているという。既に収益の2割弱を占めるまでに至った。

 さらに同社は新規事業の開発に着手している。配布スタッフを活用して個人住宅の属性データを調査し、BtoC向け企業に提供するビジネスを計画。同社の配布網を使った物流業への参入を検討するなど、アナログとデジタル双方の利点を生かし、ポスティング事業の枠を超えて飛躍を目指す。

 

株式会社アト

  • 設立/2003年6月
  • 資本金/3199万円
  • 売上高/20億6千万円(2015年5月期)
  • 従業員数/60人
  • 事業内容/セールスプロモーション事業全般
  • 会社ホームページ/https://www.ato-co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る