IT業界の枠を超え、既存のマーケット概念では捉えきれない「わけのわからない会社」を目指す。刻々と誕生する世界も驚くプロダクトに注目だ。

20160209OPTIM_P01

株式会社オプティム
代表取締役社長
菅谷 俊二 (すがや・しゅんじ)

 ネットを空気に変える」を旗印に設定やサポート、セキュリティ対策をテクノロジーの力で解決する商品群を提供。2014年10月には東証マザーズ上場、15年10月には東証一部へ市場変更と躍進を続けている。

 事業発展の起爆剤となったのがネット黎明期にNTTグループへ提供したセットアップツールやリモートサポートの技術。その後も自動でPCを節電するソフトウェア、スマホ・タブレット向けサービスの開発と、時代のニーズを先行し続けている。

 目下のテーマは既存産業とのコラボ。例えば農業では、佐賀県、佐賀大学と産学官連携を行い、ドローンから撮影された映像をクラウドで解析し、害虫を発見するシステムを実現。コスメ分野では、ユーザーが世界のメークアップアーティストからリモートでアドバイスを受けられるシェアリング・エコノミー型サービスの実現を目指す。医療では、国内初となるスマホを活用した遠隔医療サービスを提供予定。建機では、コマツと業務提携し、離れた場所にいるオペレーターが現場の状態を作業者の視点で見て指示を出す、スマートコンストラクションの推進を支援している。

 菅谷社長は「イノベーションがあること、技術的な優位性があること、の2つが参入の条件」と語る。「やるからには世界でまだ誰もやっていないことをやる」と、保有する140件を超える特許の数がその革新性を物語る。「われわれは市場を上回る速度で新しいものを創り出していかなければならない」

 IoT時代の幕開け。狙うのは、もちろん覇者の座だ。

 

株式会社オプティム

  • 設立/2000年6月8日
  • 資本金/4億1135万6千円
  • 売上高/21億4965万円
  • 従業員/124人
  • 所在地/東京都港区愛宕
  • 会社ホームページ/http://www.optim.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る