IT業界の枠を超え、既存のマーケット概念では捉えきれない「わけのわからない会社」を目指す。刻々と誕生する世界も驚くプロダクトに注目だ。

20160209OPTIM_P01

株式会社オプティム
代表取締役社長
菅谷 俊二 (すがや・しゅんじ)

 ネットを空気に変える」を旗印に設定やサポート、セキュリティ対策をテクノロジーの力で解決する商品群を提供。2014年10月には東証マザーズ上場、15年10月には東証一部へ市場変更と躍進を続けている。

 事業発展の起爆剤となったのがネット黎明期にNTTグループへ提供したセットアップツールやリモートサポートの技術。その後も自動でPCを節電するソフトウェア、スマホ・タブレット向けサービスの開発と、時代のニーズを先行し続けている。

 目下のテーマは既存産業とのコラボ。例えば農業では、佐賀県、佐賀大学と産学官連携を行い、ドローンから撮影された映像をクラウドで解析し、害虫を発見するシステムを実現。コスメ分野では、ユーザーが世界のメークアップアーティストからリモートでアドバイスを受けられるシェアリング・エコノミー型サービスの実現を目指す。医療では、国内初となるスマホを活用した遠隔医療サービスを提供予定。建機では、コマツと業務提携し、離れた場所にいるオペレーターが現場の状態を作業者の視点で見て指示を出す、スマートコンストラクションの推進を支援している。

 菅谷社長は「イノベーションがあること、技術的な優位性があること、の2つが参入の条件」と語る。「やるからには世界でまだ誰もやっていないことをやる」と、保有する140件を超える特許の数がその革新性を物語る。「われわれは市場を上回る速度で新しいものを創り出していかなければならない」

 IoT時代の幕開け。狙うのは、もちろん覇者の座だ。

 

株式会社オプティム

  • 設立/2000年6月8日
  • 資本金/4億1135万6千円
  • 売上高/21億4965万円
  • 従業員/124人
  • 所在地/東京都港区愛宕
  • 会社ホームページ/http://www.optim.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る