IT業界の枠を超え、既存のマーケット概念では捉えきれない「わけのわからない会社」を目指す。刻々と誕生する世界も驚くプロダクトに注目だ。

20160209OPTIM_P01

株式会社オプティム
代表取締役社長
菅谷 俊二 (すがや・しゅんじ)

 ネットを空気に変える」を旗印に設定やサポート、セキュリティ対策をテクノロジーの力で解決する商品群を提供。2014年10月には東証マザーズ上場、15年10月には東証一部へ市場変更と躍進を続けている。

 事業発展の起爆剤となったのがネット黎明期にNTTグループへ提供したセットアップツールやリモートサポートの技術。その後も自動でPCを節電するソフトウェア、スマホ・タブレット向けサービスの開発と、時代のニーズを先行し続けている。

 目下のテーマは既存産業とのコラボ。例えば農業では、佐賀県、佐賀大学と産学官連携を行い、ドローンから撮影された映像をクラウドで解析し、害虫を発見するシステムを実現。コスメ分野では、ユーザーが世界のメークアップアーティストからリモートでアドバイスを受けられるシェアリング・エコノミー型サービスの実現を目指す。医療では、国内初となるスマホを活用した遠隔医療サービスを提供予定。建機では、コマツと業務提携し、離れた場所にいるオペレーターが現場の状態を作業者の視点で見て指示を出す、スマートコンストラクションの推進を支援している。

 菅谷社長は「イノベーションがあること、技術的な優位性があること、の2つが参入の条件」と語る。「やるからには世界でまだ誰もやっていないことをやる」と、保有する140件を超える特許の数がその革新性を物語る。「われわれは市場を上回る速度で新しいものを創り出していかなければならない」

 IoT時代の幕開け。狙うのは、もちろん覇者の座だ。

 

株式会社オプティム

  • 設立/2000年6月8日
  • 資本金/4億1135万6千円
  • 売上高/21億4965万円
  • 従業員/124人
  • 所在地/東京都港区愛宕
  • 会社ホームページ/http://www.optim.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る