IT業界の枠を超え、既存のマーケット概念では捉えきれない「わけのわからない会社」を目指す。刻々と誕生する世界も驚くプロダクトに注目だ。

20160209OPTIM_P01

株式会社オプティム
代表取締役社長
菅谷 俊二 (すがや・しゅんじ)

 ネットを空気に変える」を旗印に設定やサポート、セキュリティ対策をテクノロジーの力で解決する商品群を提供。2014年10月には東証マザーズ上場、15年10月には東証一部へ市場変更と躍進を続けている。

 事業発展の起爆剤となったのがネット黎明期にNTTグループへ提供したセットアップツールやリモートサポートの技術。その後も自動でPCを節電するソフトウェア、スマホ・タブレット向けサービスの開発と、時代のニーズを先行し続けている。

 目下のテーマは既存産業とのコラボ。例えば農業では、佐賀県、佐賀大学と産学官連携を行い、ドローンから撮影された映像をクラウドで解析し、害虫を発見するシステムを実現。コスメ分野では、ユーザーが世界のメークアップアーティストからリモートでアドバイスを受けられるシェアリング・エコノミー型サービスの実現を目指す。医療では、国内初となるスマホを活用した遠隔医療サービスを提供予定。建機では、コマツと業務提携し、離れた場所にいるオペレーターが現場の状態を作業者の視点で見て指示を出す、スマートコンストラクションの推進を支援している。

 菅谷社長は「イノベーションがあること、技術的な優位性があること、の2つが参入の条件」と語る。「やるからには世界でまだ誰もやっていないことをやる」と、保有する140件を超える特許の数がその革新性を物語る。「われわれは市場を上回る速度で新しいものを創り出していかなければならない」

 IoT時代の幕開け。狙うのは、もちろん覇者の座だ。

 

株式会社オプティム

  • 設立/2000年6月8日
  • 資本金/4億1135万6千円
  • 売上高/21億4965万円
  • 従業員/124人
  • 所在地/東京都港区愛宕
  • 会社ホームページ/http://www.optim.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
この夏飲みたい日本の酒

  • ・総論 量から質へ“こだわり”が求められる時代へ
  • ・埼玉・秩父から世界一へ イチローズモルトの奇跡
  • ・家庭でも酒場でもレモンサワーが飲まれる理由
  • ・幕末からよみがえった都心の酒蔵 東京港酒造
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・伊豆で愉しむ野趣なワインと夏の富士
  • ・トップが薦めるこの夏のビール

[Special Interview]

 宮内義彦(オリックス シニア・チェアマン)

 「トップの器以上に会社は大きくならない」

[NEWS REPORT]

◆ヨーロッパに続け! 動き始めた日本の再エネ事業

◆東芝のPC事業を買収し8年ぶりに参入するシャープの勝算

◆日産―ルノー経営統合問題に苦慮するカルロス・ゴーン

◆大阪がエンタメで仕掛けるインバウンドと夜の経済

働きがいのある会社を総力取材

 人材育成企業20

 企業の成長戦略をクローズアップ

ページ上部へ戻る