IT業界の枠を超え、既存のマーケット概念では捉えきれない「わけのわからない会社」を目指す。刻々と誕生する世界も驚くプロダクトに注目だ。

20160209OPTIM_P01

株式会社オプティム
代表取締役社長
菅谷 俊二 (すがや・しゅんじ)

 ネットを空気に変える」を旗印に設定やサポート、セキュリティ対策をテクノロジーの力で解決する商品群を提供。2014年10月には東証マザーズ上場、15年10月には東証一部へ市場変更と躍進を続けている。

 事業発展の起爆剤となったのがネット黎明期にNTTグループへ提供したセットアップツールやリモートサポートの技術。その後も自動でPCを節電するソフトウェア、スマホ・タブレット向けサービスの開発と、時代のニーズを先行し続けている。

 目下のテーマは既存産業とのコラボ。例えば農業では、佐賀県、佐賀大学と産学官連携を行い、ドローンから撮影された映像をクラウドで解析し、害虫を発見するシステムを実現。コスメ分野では、ユーザーが世界のメークアップアーティストからリモートでアドバイスを受けられるシェアリング・エコノミー型サービスの実現を目指す。医療では、国内初となるスマホを活用した遠隔医療サービスを提供予定。建機では、コマツと業務提携し、離れた場所にいるオペレーターが現場の状態を作業者の視点で見て指示を出す、スマートコンストラクションの推進を支援している。

 菅谷社長は「イノベーションがあること、技術的な優位性があること、の2つが参入の条件」と語る。「やるからには世界でまだ誰もやっていないことをやる」と、保有する140件を超える特許の数がその革新性を物語る。「われわれは市場を上回る速度で新しいものを創り出していかなければならない」

 IoT時代の幕開け。狙うのは、もちろん覇者の座だ。

 

株式会社オプティム

  • 設立/2000年6月8日
  • 資本金/4億1135万6千円
  • 売上高/21億4965万円
  • 従業員/124人
  • 所在地/東京都港区愛宕
  • 会社ホームページ/http://www.optim.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る