メディアの多様化とパーソナル化が加速する今、よりターゲットのメリットに直結するPR戦略が求められる。

20160209MOPS_P01

株式会社MOPS
代表取締役
江里 洋平 (えざと・ようへい)

江里洋平が語る新たな魅力PR

 景気回復に伴い、過当競争が激しさを増し、勝ち残るためには企業や商品の持つブランド性をより際立たせ、より強く「伝わる」コミュニケーションが必要になってきた。

 「ブランド力の強化には、企業や商品の持つ社会的価値をどううまく『切り口』にするかがポイント。今の時流にマッチするか。ターゲットの興味・関心を刺激するストーリーやメッセージがあるか。それらをクリアしてこそ、ターゲットとの間に共感・好感のリレーションが確立できる」と、MOPSの江里社長は説明する。

 「いい『切り口』づくりの上で最も大切なのが、企業・ブランドとしての『魅力』の発見。当社保有のメソッドによりUSP(独自の強み)を抽出し、それをさらにターゲットにとってメリットが明確に感じられるストーリーやメッセージに切り替える。つまり、強みを『魅力』にする翻訳力こそが当社のこだわりです」

 その『魅力』は、パブリシティだけでなく、ネットワークメディアから映像・イベント・リアルツールまで各種プロモーションに展開され、さらなるブランドの個性化を実現する。そのためにも、時流を常に把握するためのリサーチと分析ノウハウの蓄積は欠かさない。

 「市場で独自性のあるポジショニングをつかみたい、一方的になりがちな広告とは違う形でパフォーマンスを上げたい。そんな次のステージを本気で目ざす前向きな企業を全面的にサポートしたい」と、江里社長。

 多様化するメディアによって企業と社会との関わりが強くなった今、MOPSが提供するこだわりのPR戦略に注目したい。

 

株式会社MOPS

  • 設立/2013年1月
  • 事業内容/PR企画立案及び実施、USP抽出によるブランド設計、全体プロモーション設計及び実施、イベントの演出・運営、出版プロデュースなど
  • 会社ホームページ/http://www.mops-pr.net/index.html

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
この夏飲みたい日本の酒

  • ・総論 量から質へ“こだわり”が求められる時代へ
  • ・埼玉・秩父から世界一へ イチローズモルトの奇跡
  • ・家庭でも酒場でもレモンサワーが飲まれる理由
  • ・幕末からよみがえった都心の酒蔵 東京港酒造
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・伊豆で愉しむ野趣なワインと夏の富士
  • ・トップが薦めるこの夏のビール

[Special Interview]

 宮内義彦(オリックス シニア・チェアマン)

 「トップの器以上に会社は大きくならない」

[NEWS REPORT]

◆ヨーロッパに続け! 動き始めた日本の再エネ事業

◆東芝のPC事業を買収し8年ぶりに参入するシャープの勝算

◆日産―ルノー経営統合問題に苦慮するカルロス・ゴーン

◆大阪がエンタメで仕掛けるインバウンドと夜の経済

働きがいのある会社を総力取材

 人材育成企業20

 企業の成長戦略をクローズアップ

ページ上部へ戻る