メディアの多様化とパーソナル化が加速する今、よりターゲットのメリットに直結するPR戦略が求められる。

20160209MOPS_P01

株式会社MOPS
代表取締役
江里 洋平 (えざと・ようへい)

 景気回復に伴い、過当競争が激しさを増し、勝ち残るためには企業や商品の持つブランド性をより際立たせ、より強く「伝わる」コミュニケーションが必要になってきた。

 「ブランド力の強化には、企業や商品の持つ社会的価値をどううまく『切り口』にするかがポイント。今の時流にマッチするか。ターゲットの興味・関心を刺激するストーリーやメッセージがあるか。それらをクリアしてこそ、ターゲットとの間に共感・好感のリレーションが確立できる」と、MOPSの江里社長は説明する。

 「いい『切り口』づくりの上で最も大切なのが、企業・ブランドとしての『魅力』の発見。当社保有のメソッドによりUSP(独自の強み)を抽出し、それをさらにターゲットにとってメリットが明確に感じられるストーリーやメッセージに切り替える。つまり、強みを『魅力』にする翻訳力こそが当社のこだわりです」

 その『魅力』は、パブリシティだけでなく、ネットワークメディアから映像・イベント・リアルツールまで各種プロモーションに展開され、さらなるブランドの個性化を実現する。そのためにも、時流を常に把握するためのリサーチと分析ノウハウの蓄積は欠かさない。

 「市場で独自性のあるポジショニングをつかみたい、一方的になりがちな広告とは違う形でパフォーマンスを上げたい。そんな次のステージを本気で目ざす前向きな企業を全面的にサポートしたい」と、江里社長。

 多様化するメディアによって企業と社会との関わりが強くなった今、MOPSが提供するこだわりのPR戦略に注目したい。

 

株式会社MOPS

  • 設立/2013年1月
  • 事業内容/PR企画立案及び実施、USP抽出によるブランド設計、全体プロモーション設計及び実施、イベントの演出・運営、出版プロデュースなど
  • 会社ホームページ/http://www.mops-pr.net/index.html

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る