メディアの多様化とパーソナル化が加速する今、よりターゲットのメリットに直結するPR戦略が求められる。

20160209MOPS_P01

株式会社MOPS
代表取締役
江里 洋平 (えざと・ようへい)

 景気回復に伴い、過当競争が激しさを増し、勝ち残るためには企業や商品の持つブランド性をより際立たせ、より強く「伝わる」コミュニケーションが必要になってきた。

 「ブランド力の強化には、企業や商品の持つ社会的価値をどううまく『切り口』にするかがポイント。今の時流にマッチするか。ターゲットの興味・関心を刺激するストーリーやメッセージがあるか。それらをクリアしてこそ、ターゲットとの間に共感・好感のリレーションが確立できる」と、MOPSの江里社長は説明する。

 「いい『切り口』づくりの上で最も大切なのが、企業・ブランドとしての『魅力』の発見。当社保有のメソッドによりUSP(独自の強み)を抽出し、それをさらにターゲットにとってメリットが明確に感じられるストーリーやメッセージに切り替える。つまり、強みを『魅力』にする翻訳力こそが当社のこだわりです」

 その『魅力』は、パブリシティだけでなく、ネットワークメディアから映像・イベント・リアルツールまで各種プロモーションに展開され、さらなるブランドの個性化を実現する。そのためにも、時流を常に把握するためのリサーチと分析ノウハウの蓄積は欠かさない。

 「市場で独自性のあるポジショニングをつかみたい、一方的になりがちな広告とは違う形でパフォーマンスを上げたい。そんな次のステージを本気で目ざす前向きな企業を全面的にサポートしたい」と、江里社長。

 多様化するメディアによって企業と社会との関わりが強くなった今、MOPSが提供するこだわりのPR戦略に注目したい。

 

株式会社MOPS

  • 設立/2013年1月
  • 事業内容/PR企画立案及び実施、USP抽出によるブランド設計、全体プロモーション設計及び実施、イベントの演出・運営、出版プロデュースなど
  • 会社ホームページ/http://www.mops-pr.net/index.html

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界8月号
[特集]
会社が変わる時

  • ・伊藤秀二(カルビー社長兼COO)
  • ・星野佳路(星野リゾート代表)
  • ・森山 透(三菱食品社長)
  • ・笠原健生(クアーズテック社長)
  • ・駒村純一(森下仁丹社長)
  • ・小渕宏二(クルーズ社長)
  • ・大山健太郎(アイリスオーヤマ社長)
  • ・秋本英樹(リンガーハット社長)

[Interview]

 糸井重里(ほぼ日社長)

 クリエーターの僕が経営者になった日

[NEWS REPORT]

◆誕生10年! iPhoneは世界をこう変えた

◆インディ500とル・マンにF1 モータースポーツの経済効果

◆Jリーグ放送権喪失後の展開 スカパー! はどうなるか

◆売り手市場の就職戦線に笑うものなし

[政知巡礼]

 下村博文(衆議院議員)

 「教育立国こそが、国家として目指す道」

ページ上部へ戻る