不動産鑑定士と税理士が協働することで、相続税額に与える影響が大きい「土地」の価額を適正に評価。2500件を超える相続業務実績を武器に顧客を開拓する。

20160209FUJI_P01

フジ総合グループ
株式会社フジ総合鑑定 代表取締役
藤宮 浩 (ふじみや・ひろし)(写真右)
フジ相続税理士法人 代表社員
髙原 誠 (たかはら・まこと)(写真左)

 フジ総合グループは「相続税評価に精通した不動産鑑定士」と「相続専門税理士」の両専門家が協働することで、適正かつ迅速な「土地評価」を実現。納税者視点に立った相続税の申告・還付手続きで地主層からの信頼が厚い。

 藤宮代表は「評価や特例適用の判断が難しい案件でも、お互いに情報交換しながら解決できるのが強みです。これを武器に設立以来、2500件超のご依頼に対応してきました」と話している。

 最近では「より多くの方の適切な納税に貢献したい」(藤宮代表)という思いから、新たな納税者層も視野に入れ相続税申告業務に一層注力、新プラン「まるっと相続税申告」の提案を進めている。財産評価を含めた相続税申告に加え、次の相続へ向けたアドバイスをパッケージで提供。同社では「二次相続を見据え、顧客の悩みを丸ごと解決します」(藤宮代表)、「多くの相続案件の経験を生かして、“争続”を避けるお手伝いを強化したいです」(髙原代表社員)と意気込む。

 そのほか、昨年12月からは相続人自身や他の税理士事務所が行った土地評価を相続税申告前にチェックする「土地評価セカンドオピニオン」や、申告における土地評価業務のみを手掛けるサービスも開始した。既に申告の依頼先が決まっている顧客や、相続税を専門としない税理士のニーズに対しても応えるねらいだ。

 「昨年度以降、相続税の基礎控除額が4割圧縮されたのを受け、課税対象者が増加しました。ニーズに対応して、従来以上に高品質なサービスを提供し、顧客の安心・満足・喜びに貢献していきたいですね」(藤宮代表)

 

フジ総合グループ

  • 設立/1992年12月
  • 売上高/連結12億6千万円(2015年8月期)
  • 従業員数/連結83人 事業内容/相続問題に特化した不動産評価・税務コンサルティング・税務申告
  • 会社ホームページ/http://fuji-sogo.com/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る