外装や内装、水回りから電気工事までワンストップでリフォームを行うネクステージグループ。顧客第一の営業姿勢は、多くの顧客から喜ばれている。

20160209NEXTAGE_P01

ネクステージグループ
代表取締役社長
佐々木 洋寧 (ささき・ひろやす)

 安倍内閣の新成長戦略の中でリフォーム市場の倍増が挙げられ、住宅の品質と性能の向上、資産価値の維持のためにリフォームの役割は大きくなっている。

 「空き家対策でも注目されるリフォームですが、お客さまからみれば“分かりにくい”業界。当社の強みは、“納得できる”リフォームをお客さまにワンストップで提供できることです」と語るのはネクステージグループの佐々木洋寧社長。

 リフォーム業界は、キッチンやバスの水回り、塗装や外壁の外装工事、オール電化や太陽光発電の電気工事などそれぞれに販売会社があり、機器メーカーがある。このことがリフォームを“分かりにくく”している。

 「古くなったから新しくするだけではなく、普段住んでいては気が付かない隠れたニーズを探り、必要なリフォームを提案できるのもワンストップの強み。使いやすいキッチン、快適なお風呂、太陽光発電や蓄電池での省エネなど“かゆくなる前に手が届く”リフォームをお客さまの聞き取りから提案しています」

 その強みを支えているのが、社員の「多能工化」。塗装ができる営業、電気工事ができる水道工など多能工だからこそ隠れたニーズを提案でき、そのことで「便利になった。楽になった」という顧客からの声も多い。

 「今年、社員の喫煙率0%を宣言しました。技能職は喫煙率が高いのですが、たばこの臭いを現場に持ち込まないこともお客さまへのサービスです」と常に顧客第一を貫く佐々木社長。

 同社の“納得できる”リフォームが、顧客の住みやすさと満足を実現している。

 

ネクステージグループ

  • 設立/1993年4月16日
  • 売上高/68億2千万円(グループ合計)
  • 事業概要/住環境サービス事業、工事事業、注文住宅・不動産事業、ヘルスケア事業
  • 会社ホームページ/http://med-com.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る