リブ・コンサルティングは、戦略立案から実行まで一気通貫したコンサルティングで、業界屈指のコンサルティング満足度90%を誇っている。

20160209LIBCONSULTING_P01

株式会社リブ・コンサルティング
代表取締役社長
関 厳 (せき・いわお)

 「コンサルティングというと、業績が悪い会社が使うものだと思われがちですが、実際には自社を次のステージへと進化させるために活用している会社が多いのです」と語るのは、リブ・コンサルティングの関社長。

 「今の日本企業の技術や品質・サービスは、世界トップレベルです。しかし、それをうまくアピールしきれていない。これからの日本企業は、『アピールすること』にもっと力を入れていくべきです」

 関社長の言う通り、アピール力の弱さゆえに市場シェアを奪われている企業も少なくない。

 「弊社はマーケティングやブランディング領域の経営支援を得意としています。品質管理や生産管理といった領域から、『売り方』『見せ方』といった領域に企業活動をシフトさせていくお手伝いをすることで、クライアント企業を次のステージへと引き上げています」

 同社のコンサルティングの特徴は、戦略立案から実行まで一気通貫で行っていることにある。コンサルティングと人材育成研修とをセットで提供することで、クライアント企業内に「戦略を実行できる人材」を育成しているからだ。

 「業績だけでなく、CIS(顧客感動満足)、EIS※(社員感動満足)、人財育成、仕組みの『5つの成果※』を追求することで、クライアント企業の持続的な成長をサポートしています」と、関社長。日本のコンサルティングの満足度平均が62%と言われる中、業界屈指の満足度90%を誇っている理由はここにある。

 韓国とタイにも支社を持つリブ・コンサルティング。その企業の改革ノウハウは日本にとどまらず、アジア各国でも展開されている。

※「EIS」「5つの成果」はリブ・コンサルティングの登録商標

 

株式会社リブ・コンサルティング

  • 設立/2012年7月
  • 社員数/105人(2016年1月時点)
  • 事業内容/総合経営コンサルティング業務、企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
  • 会社ホームページ/http://www.libcon.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る