リブ・コンサルティングは、戦略立案から実行まで一気通貫したコンサルティングで、業界屈指のコンサルティング満足度90%を誇っている。

20160209LIBCONSULTING_P01

株式会社リブ・コンサルティング
代表取締役社長
関 厳 (せき・いわお)

 「コンサルティングというと、業績が悪い会社が使うものだと思われがちですが、実際には自社を次のステージへと進化させるために活用している会社が多いのです」と語るのは、リブ・コンサルティングの関社長。

 「今の日本企業の技術や品質・サービスは、世界トップレベルです。しかし、それをうまくアピールしきれていない。これからの日本企業は、『アピールすること』にもっと力を入れていくべきです」

 関社長の言う通り、アピール力の弱さゆえに市場シェアを奪われている企業も少なくない。

 「弊社はマーケティングやブランディング領域の経営支援を得意としています。品質管理や生産管理といった領域から、『売り方』『見せ方』といった領域に企業活動をシフトさせていくお手伝いをすることで、クライアント企業を次のステージへと引き上げています」

 同社のコンサルティングの特徴は、戦略立案から実行まで一気通貫で行っていることにある。コンサルティングと人材育成研修とをセットで提供することで、クライアント企業内に「戦略を実行できる人材」を育成しているからだ。

 「業績だけでなく、CIS(顧客感動満足)、EIS※(社員感動満足)、人財育成、仕組みの『5つの成果※』を追求することで、クライアント企業の持続的な成長をサポートしています」と、関社長。日本のコンサルティングの満足度平均が62%と言われる中、業界屈指の満足度90%を誇っている理由はここにある。

 韓国とタイにも支社を持つリブ・コンサルティング。その企業の改革ノウハウは日本にとどまらず、アジア各国でも展開されている。

※「EIS」「5つの成果」はリブ・コンサルティングの登録商標

 

株式会社リブ・コンサルティング

  • 設立/2012年7月
  • 社員数/105人(2016年1月時点)
  • 事業内容/総合経営コンサルティング業務、企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
  • 会社ホームページ/http://www.libcon.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界6月号 [月刊記念特別号]
[特集]
トップ企業の経営哲学

  • ・永守重信(日本電産会長兼社長)
  • ・新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・北尾吉孝(SBIホールディングス社長)
  • ・林野 宏(クレディセゾン社長)
  • ・茂木友三郎(キッコーマン取締役名誉会長 取締役会議長)
  • ・樋口武男(大和ハウス工業会長)
  • ・北島義俊(大日本印刷社長)
  • ・澤田秀雄(エイチ・アイ・エス会長兼社長)
  • ・似鳥昭雄(ニトリホールディングス会長)
  • ・押味至一(鹿島社長)

[Interview]

 貝沼由久(ミネベアミツミ社長)

 経営統合で技術の受け皿を広げ新たなIoT時代に備える

[NEWS REPORT]

◆三井住友銀行、脱・たすき掛けの深層

◆一人負け、ソフトバンクに何が起きている

◆大塚家具、ロッテ……親子・兄弟相続の相克

◆ドキュメント シャープ鴻海入り1年のドラマ

◆長者番付で分かった日の丸ベンチャーの弱点

[政知巡礼]

 石破 茂(衆議院議員)

 「地方創生こそがポストオリンピックの鍵だ」

ページ上部へ戻る