リブ・コンサルティングは、戦略立案から実行まで一気通貫したコンサルティングで、業界屈指のコンサルティング満足度90%を誇っている。

20160209LIBCONSULTING_P01

株式会社リブ・コンサルティング
代表取締役社長
関 厳 (せき・いわお)

 「コンサルティングというと、業績が悪い会社が使うものだと思われがちですが、実際には自社を次のステージへと進化させるために活用している会社が多いのです」と語るのは、リブ・コンサルティングの関社長。

 「今の日本企業の技術や品質・サービスは、世界トップレベルです。しかし、それをうまくアピールしきれていない。これからの日本企業は、『アピールすること』にもっと力を入れていくべきです」

 関社長の言う通り、アピール力の弱さゆえに市場シェアを奪われている企業も少なくない。

 「弊社はマーケティングやブランディング領域の経営支援を得意としています。品質管理や生産管理といった領域から、『売り方』『見せ方』といった領域に企業活動をシフトさせていくお手伝いをすることで、クライアント企業を次のステージへと引き上げています」

 同社のコンサルティングの特徴は、戦略立案から実行まで一気通貫で行っていることにある。コンサルティングと人材育成研修とをセットで提供することで、クライアント企業内に「戦略を実行できる人材」を育成しているからだ。

 「業績だけでなく、CIS(顧客感動満足)、EIS※(社員感動満足)、人財育成、仕組みの『5つの成果※』を追求することで、クライアント企業の持続的な成長をサポートしています」と、関社長。日本のコンサルティングの満足度平均が62%と言われる中、業界屈指の満足度90%を誇っている理由はここにある。

 韓国とタイにも支社を持つリブ・コンサルティング。その企業の改革ノウハウは日本にとどまらず、アジア各国でも展開されている。

※「EIS」「5つの成果」はリブ・コンサルティングの登録商標

 

株式会社リブ・コンサルティング

  • 設立/2012年7月
  • 社員数/105人(2016年1月時点)
  • 事業内容/総合経営コンサルティング業務、企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
  • 会社ホームページ/http://www.libcon.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る