リブ・コンサルティングは、戦略立案から実行まで一気通貫したコンサルティングで、業界屈指のコンサルティング満足度90%を誇っている。

20160209LIBCONSULTING_P01

株式会社リブ・コンサルティング
代表取締役社長
関 厳 (せき・いわお)

 「コンサルティングというと、業績が悪い会社が使うものだと思われがちですが、実際には自社を次のステージへと進化させるために活用している会社が多いのです」と語るのは、リブ・コンサルティングの関社長。

 「今の日本企業の技術や品質・サービスは、世界トップレベルです。しかし、それをうまくアピールしきれていない。これからの日本企業は、『アピールすること』にもっと力を入れていくべきです」

 関社長の言う通り、アピール力の弱さゆえに市場シェアを奪われている企業も少なくない。

 「弊社はマーケティングやブランディング領域の経営支援を得意としています。品質管理や生産管理といった領域から、『売り方』『見せ方』といった領域に企業活動をシフトさせていくお手伝いをすることで、クライアント企業を次のステージへと引き上げています」

 同社のコンサルティングの特徴は、戦略立案から実行まで一気通貫で行っていることにある。コンサルティングと人材育成研修とをセットで提供することで、クライアント企業内に「戦略を実行できる人材」を育成しているからだ。

 「業績だけでなく、CIS(顧客感動満足)、EIS※(社員感動満足)、人財育成、仕組みの『5つの成果※』を追求することで、クライアント企業の持続的な成長をサポートしています」と、関社長。日本のコンサルティングの満足度平均が62%と言われる中、業界屈指の満足度90%を誇っている理由はここにある。

 韓国とタイにも支社を持つリブ・コンサルティング。その企業の改革ノウハウは日本にとどまらず、アジア各国でも展開されている。

※「EIS」「5つの成果」はリブ・コンサルティングの登録商標

 

株式会社リブ・コンサルティング

  • 設立/2012年7月
  • 社員数/105人(2016年1月時点)
  • 事業内容/総合経営コンサルティング業務、企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
  • 会社ホームページ/http://www.libcon.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年6月号
[特集]
なぜ、あの人についていくのか 求心力の秘密

  • ・松本 晃(カルビー会長兼CEO)
  • ・木股昌俊(クボタ社長)
  • ・迫本淳一(松竹社長)
  • ・水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・辻 発彦(埼玉西武ライオンズ監督)

[Special Interview]

 永守重信(日本電産会長兼社長CEO)

 売り上げ10兆円を目指す 働き方改革と人材育成の在り方

[NEWS REPORT]

◆不祥事続出でも企業が仮想通貨に群がる理由

◆通信事業親子上場に踏み切るソフトバンクの思惑

◆コーポレートガバナンスの呪縛〜お家騒動はなぜ繰り返されるのか〜

◆欧米名門大学への登竜門 ボーディングスクールが注目される理由

[特集2]

 働き方改革の闇

ページ上部へ戻る