リブ・コンサルティングは、戦略立案から実行まで一気通貫したコンサルティングで、業界屈指のコンサルティング満足度90%を誇っている。

20160209LIBCONSULTING_P01

株式会社リブ・コンサルティング
代表取締役社長
関 厳 (せき・いわお)

 「コンサルティングというと、業績が悪い会社が使うものだと思われがちですが、実際には自社を次のステージへと進化させるために活用している会社が多いのです」と語るのは、リブ・コンサルティングの関社長。

 「今の日本企業の技術や品質・サービスは、世界トップレベルです。しかし、それをうまくアピールしきれていない。これからの日本企業は、『アピールすること』にもっと力を入れていくべきです」

 関社長の言う通り、アピール力の弱さゆえに市場シェアを奪われている企業も少なくない。

 「弊社はマーケティングやブランディング領域の経営支援を得意としています。品質管理や生産管理といった領域から、『売り方』『見せ方』といった領域に企業活動をシフトさせていくお手伝いをすることで、クライアント企業を次のステージへと引き上げています」

 同社のコンサルティングの特徴は、戦略立案から実行まで一気通貫で行っていることにある。コンサルティングと人材育成研修とをセットで提供することで、クライアント企業内に「戦略を実行できる人材」を育成しているからだ。

 「業績だけでなく、CIS(顧客感動満足)、EIS※(社員感動満足)、人財育成、仕組みの『5つの成果※』を追求することで、クライアント企業の持続的な成長をサポートしています」と、関社長。日本のコンサルティングの満足度平均が62%と言われる中、業界屈指の満足度90%を誇っている理由はここにある。

 韓国とタイにも支社を持つリブ・コンサルティング。その企業の改革ノウハウは日本にとどまらず、アジア各国でも展開されている。

※「EIS」「5つの成果」はリブ・コンサルティングの登録商標

 

株式会社リブ・コンサルティング

  • 設立/2012年7月
  • 社員数/105人(2016年1月時点)
  • 事業内容/総合経営コンサルティング業務、企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
  • 会社ホームページ/http://www.libcon.co.jp/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る