「世界で一番社会を変える会社」を目指すDYM。WEBプロモーションを皮切りに人材紹介、研修、医療などの事業に取り組む。12期連続増収の達成と加速度的に成長を遂げる要因は何か。

千年後にも続くエクセレントカンパニーを目指す

20160209DYM_P01

株式会社DYM
代表取締役社長
水谷 佑毅 (みずたに・ゆうき)
1980年東京都生まれ。杏林大学医学部在学中である2003年にDYMを設立し、WEBプロモーション事業を皮切りに新卒や顧問の紹介、医療、研修と順調に事業基盤を拡大させる。

 DYMは創業から12期連続で増収を達成している。2015年4月期の売上高は44億2千万円を計上し、今期は72億8千万円を見込むなど、その成長はとどまることを知らない。創業者である水谷佑毅社長は「千年後にも存続するようなエクセレントカンパニーをつくりたいですね。顧客や従業員のためにも事業の安定性と圧倒的な成長力の両立を図っています」と強調する。

 DYMにおける事業基盤の維持・強化を促すのは、水谷社長がコアコンピタンス(競合他社に真似できない核となる能力)として掲げる“法人営業力”と“新規ビジネスの開発力”だ。

 営業力は祖業であるWEBプロモーション事業で培った。地道なテレアポを通じて、経営者へアプローチ。徹底的なヒアリングを通じて、集客や業績向上といったその企業の課題に即したプロモーションを行っている。

 「押し付けではない最適な提案ができるノウハウはWEBプロモーション事業で養いました。ここで築いた法人顧客の基盤はDYMにとっての財産です。ニーズの高い新サービスを既存顧客に提供していけば、経営が揺らぐことはありません」

新卒紹介事業では業界トップの実績を誇る

 同社ではこの営業力を、市況の変化で不安定になりがちな個人向けではなく、安定収益を見込める法人向け事業でいかんなく発揮している。水谷社長自らの発案で新卒や顧問の人材紹介や、医療事業、企業研修などを次々開始している。

20160209DYM_P02

 特に同社の収益を支える屋台骨に育ったのが、新卒紹介事業だ。採用マッチングイベントを通して、高学歴生や理系学生などを企業にマッチング。既存の就職サイトでは十分な人材を確保できなかった中小企業の不満を解消し、導入実績1600社、内定を承諾した学生数4100人、イベント開催年間390回と業界トップクラスの実績を誇るようになった。今期においても好調な採用マーケットを受け、同事業の業績は前年比50%増で推移している。企業の新規開拓が進み、大手企業の地方採用という新たなニーズに対応したことが奏功した。

 医療事業では、タイ・バンコクにおいてクリニックを運営。在留邦人の来院が増えたため、今年6月にクリニックを拡張移転し、同国で新たな医院の開設を計画するなど、事業は順調に推移している。そのほか、中国の富裕層を対象に日本への医療ツーリズムへ参入。DYMも加盟する世界的な経営者団体や富裕層向けの会員制医療サービス会社と提携し、ビジネス拡大に弾みを付ける。

 そのほか、新入社員から幹部までを対象にした企業研修事業や、実績や人脈を持つ顧問候補を企業に紹介するエグゼパート事業の業績も前年比倍増で推移。政府が来年度からの解禁を目指す「企業版ふるさと納税」を受け、納税代行サービスを計画するなど、次のビジネスの種を着々と仕込んでいる状況だ。

 「どの事業もマンパワーを拡充することで手堅い成長が期待できます。会社を起こしたからには、将来的に年商1千億円、1兆円を目指したい。最終的には売上高で日本一の企業になれるよう、熱く取り組みたいですね」

 

株式会社DYM

  • 設立/2003年8月
  • 資本金/5千万円
  • 売上高/44億2千万円(2015年4月期)
  • 従業員数/278人(グループ全体)
  • 事業内容/WEBプロモーション、人材紹介、研修、医療の各事業など
  • 会社ホームページ/https://dym.asia/

20160209COMPANY33UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る