「想いを空間(カタチ)に」をコンセプトに建築に関わる各工程をワンストップで提供している成和。同社の強みは企画提案力で、さまざまな顧客の課題の解決に取り組み、5年以内の上場を目標に成長を続けている注目企業だ。

 

── 事業領域について。

20160322EYESEIWA_P01

飯田泰敬社長
生年月日●1975年1月28日
出身地●北海道函館市
尊敬する人物●稲盛和夫
座右の銘●周囲の事象は全て我が心の反映

飯田 主に商業施設やオフィスの空間デザイン、企画、設計、施工、不動産売買などを行っています。当社では「サブリノ(サブリースイノベーション)」と呼んでいますが、建物やお部屋をリニューアル後、さらに貸し出す「一括賃料保証」という事業を展開しています。建物の買取、改修、販売を行う企業は数多くありますが、サブリースまで手掛ける企業は少ないのが現状です。そこで、私たちはサブリースで工事費用を回収することで、そうした費用を先行して負担しなければならないビルオーナーの不安を解消するとともに、当社のデザインと施工をもって建物の価値を高めることを目指しています。

── 貴社の強みは。

飯田 他社では通常、外部業者に依頼するような仕事もトータルで提供できることです。

 また当社では、お客さまの困りごとに関して、先方が想定しないような画期的な解決方法を提案するという意味で「世の中にないサービス」を提供しています。当社の職人は自社職人であることに加え、設計、施工管理に至るまで、空間づくりに携わるすべての人材を揃えている当社だからこそ実現可能な、絶対に他社に真似のできない独自の提案力には自信を持っています。

── 今後の展望について。

飯田 今後も、確かな企画提案力で建物の価値を高めていきます。その一つがコンバージョン(用途変更)です。建築材料の研究が進み建物の寿命が延びている今、建物を壊して新しく建て直すのではなく、デザインや施工で建物の価値を高めるコンバージョン事業に取り組み、この分野のリーディングカンパニーを目指していきます。

 また、以前は株式上場することが大きな“夢”でしたが、5年以内の上場が今の具体的な“目標”に変わっています。そして、いずれは1千人の従業員を雇用できるような会社にしていきたいですね。

 一番大切なことは「思うこと」です。できるかできないかではなく、やりたいと思えるか思えないか。やりたいと思う気持ちがあれば、必ず達成できると信じています。今後も社員一同、一丸となって目標の達成に向け、取り組んでいきます。

 

【会社データ】
成和
設立●1998年
資本金●5千万円
従業員●23人
所在地●東京都千代田区

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る