ニューヨークに拠点を置く神韻芸術団。専属オーケストラを擁する5つのグループが、世界ツアー11年目の今年も、中国古典舞踊を中心とする公演を精力的に行う。

170124_001_KOTEN_PH

古典芸術振興会
古典芸術振興会は、2013年より神韻芸術団の日本公演を主催している。神韻公演は、正統な中国古典舞踊をもとに創作した演目を通じて、現代では失われかけた伝統文化の理念を表現している。
「最高に美しい!あまりにも感動的。次作アバターのアイデアをもらった気がする」 —ロバート・ストロンバーグ氏 『アバター』美術監督 アカデミー美術賞受賞
「エレガント、とても躍動的で高度な技能」 —ジョン・マコルガン氏 『リバーダンス』監督・演出

 古典芸術振興会が主催する神韻日本公演と神韻交響楽団日本公演。それは、日本文化の源泉ともいえる中国文化の神髄を、卓越した舞踊や壮麗な音楽で現代に蘇らせる。

 古来より日本人は、漢籍を読むことを必須の学問としてきた。孔子や孟子といった聖賢の思想を学んで身を修め、秩序ある社会を形成してきたのである。

 かつて日本の為政者が敬読した漢籍に『貞観政要』がある。中国史の最盛期、唐代の第二代皇帝・太宗の言行録であるこの書物は、平安時代に日本へ伝わった。以来これを帝王学の理想として、徳川家康も、明治天皇も学んだ。

 中国史上最高の名君とされる太宗は、人民の安寧を願い、臣下の諫言をよく傾聴した。とりわけ魏徴(ぎちょう)の諫言は辛辣だったが、太宗は「よくぞ申してくれた」と心から礼を言うのである。

 今日の日本では、一部の企業トップが『貞観政要』を実用書として読んでいるという。しかし本来この書物は、経営者のマニュアル本ではない。万民を善へ導くため、皇帝みずから範を示すという、壮大な教育書なのだ。

 そうした正統な中国文化が詰まった神韻公演を、企業トップのみならず、すべての日本人にご覧いただきたい。

 

●京都公演

2017/1/26(木) 19:00、1/27(金) 14:00

ロームシアター京都 メインホール

●東京公演

2017/1/30(月) 14:00/19:00、1/31(火) 14:00

文京シビックホール 大ホール

●名古屋公演

2017/2/1(水) 19:00、2/2(木) 14:00

愛知県芸術劇場 大ホール

SS席¥20,000、S席¥16,000、A席¥12,000、

B席¥10,000、C席¥8,000、D席¥6,000

※未就学児は入場できません。

○コールセンター(10:00〜19:00) 0120-91-8487

○オンライン購入(24時間)https://ja.shenyun.com/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る