ニューヨークに拠点を置く神韻芸術団。専属オーケストラを擁する5つのグループが、世界ツアー11年目の今年も、中国古典舞踊を中心とする公演を精力的に行う。

170124_001_KOTEN_PH

古典芸術振興会
古典芸術振興会は、2013年より神韻芸術団の日本公演を主催している。神韻公演は、正統な中国古典舞踊をもとに創作した演目を通じて、現代では失われかけた伝統文化の理念を表現している。
「最高に美しい!あまりにも感動的。次作アバターのアイデアをもらった気がする」 —ロバート・ストロンバーグ氏 『アバター』美術監督 アカデミー美術賞受賞
「エレガント、とても躍動的で高度な技能」 —ジョン・マコルガン氏 『リバーダンス』監督・演出

 古典芸術振興会が主催する神韻日本公演と神韻交響楽団日本公演。それは、日本文化の源泉ともいえる中国文化の神髄を、卓越した舞踊や壮麗な音楽で現代に蘇らせる。

 古来より日本人は、漢籍を読むことを必須の学問としてきた。孔子や孟子といった聖賢の思想を学んで身を修め、秩序ある社会を形成してきたのである。

 かつて日本の為政者が敬読した漢籍に『貞観政要』がある。中国史の最盛期、唐代の第二代皇帝・太宗の言行録であるこの書物は、平安時代に日本へ伝わった。以来これを帝王学の理想として、徳川家康も、明治天皇も学んだ。

 中国史上最高の名君とされる太宗は、人民の安寧を願い、臣下の諫言をよく傾聴した。とりわけ魏徴(ぎちょう)の諫言は辛辣だったが、太宗は「よくぞ申してくれた」と心から礼を言うのである。

 今日の日本では、一部の企業トップが『貞観政要』を実用書として読んでいるという。しかし本来この書物は、経営者のマニュアル本ではない。万民を善へ導くため、皇帝みずから範を示すという、壮大な教育書なのだ。

 そうした正統な中国文化が詰まった神韻公演を、企業トップのみならず、すべての日本人にご覧いただきたい。

 

●京都公演

2017/1/26(木) 19:00、1/27(金) 14:00

ロームシアター京都 メインホール

●東京公演

2017/1/30(月) 14:00/19:00、1/31(火) 14:00

文京シビックホール 大ホール

●名古屋公演

2017/2/1(水) 19:00、2/2(木) 14:00

愛知県芸術劇場 大ホール

SS席¥20,000、S席¥16,000、A席¥12,000、

B席¥10,000、C席¥8,000、D席¥6,000

※未就学児は入場できません。

○コールセンター(10:00〜19:00) 0120-91-8487

○オンライン購入(24時間)https://ja.shenyun.com/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る