企業の戦略的パートナーとしてコミュニケーション活動を支援する。プレスリリースサイト、セミナー・勉強会を通じて企業が提供する価値の最大化実現を目指すPRイノベーターだ。

170124_040_REALIZE_PH

株式会社リアライズ
代表取締役社長
本村 衆(もとむら・あつむ)

 企業の情報発信には、大別して広告とPRの2つがある。広告は確実にメディアに露出するが、高い費用がかかり、企業発の情報なので、信頼性が低いケースもある。一方、PRは第三者であるメディア発の情報なので、信頼性が高い。広告ほどの費用はかからないが、PR会社との年間契約は1千万円(月額80万〜150万円)が相場。

 そこでリアライズは、低予算でメディア露出が可能な広報支援システムを開発した。企業と報道関係者をつなぐ情報マッチングサイト「プレスリリースプラットフォーム(PRP)」で、利用料金は年間96万円。

 「PRPはインターネット上の記者クラブで、870媒体3300人の報道関係者にアプローチが可能です。企業や団体の方は、ここでリリースを公開し、新着リリースメールを報道関係者に配信します。報道関係者はリリースの閲覧・検索ができるほか、欲しい情報をリクエストできます。当社にはメディアキャラバン隊がいて、新規登録、在籍確認、利用促進をしてPRPの活性化を常にしています」と本村衆社長は言う。

 同社では、メディアの状況や要望を知るためのPRPメディアセミナーや、リリース作成力アップのための各種勉強会、経営者のためのPR講座も実施している。またPRPオプションサービスとして、広報担当者サポートサービスも提供している。このサービスでは、毎週1回・1時間の企業への定期訪問ヒアリング、年間11本のプレスリリース作成代行、プレスリリースをPRPで公開、プレスリクエストボックス代行、毎月1回月次報告書提出、報道関係者問い合わせ代行を月額30万円で行う。

 

株式会社リアライズ

  • 設立/2000年11月
  • 資本金/1億5200万円(資本準備金含む)
  • 事業内容/PRP事業(ウェブ版記者クラブ「プレスリリース プラット フォーム」の運営
  • 会社ホームページ/http://www.pressreleases.jp

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る