企業の戦略的パートナーとしてコミュニケーション活動を支援する。プレスリリースサイト、セミナー・勉強会を通じて企業が提供する価値の最大化実現を目指すPRイノベーターだ。

170124_040_REALIZE_PH

株式会社リアライズ
代表取締役社長
本村 衆(もとむら・あつむ)

 企業の情報発信には、大別して広告とPRの2つがある。広告は確実にメディアに露出するが、高い費用がかかり、企業発の情報なので、信頼性が低いケースもある。一方、PRは第三者であるメディア発の情報なので、信頼性が高い。広告ほどの費用はかからないが、PR会社との年間契約は1千万円(月額80万〜150万円)が相場。

 そこでリアライズは、低予算でメディア露出が可能な広報支援システムを開発した。企業と報道関係者をつなぐ情報マッチングサイト「プレスリリースプラットフォーム(PRP)」で、利用料金は年間96万円。

 「PRPはインターネット上の記者クラブで、870媒体3300人の報道関係者にアプローチが可能です。企業や団体の方は、ここでリリースを公開し、新着リリースメールを報道関係者に配信します。報道関係者はリリースの閲覧・検索ができるほか、欲しい情報をリクエストできます。当社にはメディアキャラバン隊がいて、新規登録、在籍確認、利用促進をしてPRPの活性化を常にしています」と本村衆社長は言う。

 同社では、メディアの状況や要望を知るためのPRPメディアセミナーや、リリース作成力アップのための各種勉強会、経営者のためのPR講座も実施している。またPRPオプションサービスとして、広報担当者サポートサービスも提供している。このサービスでは、毎週1回・1時間の企業への定期訪問ヒアリング、年間11本のプレスリリース作成代行、プレスリリースをPRPで公開、プレスリクエストボックス代行、毎月1回月次報告書提出、報道関係者問い合わせ代行を月額30万円で行う。

 

株式会社リアライズ

  • 設立/2000年11月
  • 資本金/1億5200万円(資本準備金含む)
  • 事業内容/PRP事業(ウェブ版記者クラブ「プレスリリース プラット フォーム」の運営
  • 会社ホームページ/http://www.pressreleases.jp

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る