高齢者専門宅配弁当チェーン「宅配クック123」を全国で展開。高齢者の見守りを重視したきめ細かなサービスで利用者を着実に増やしてきた。今後は買物代行等への展開を通じ高齢者の生活を総合的に支援する。

隣人のような存在として利用者に寄り添う

170124_014_SINIOR_P01

株式会社シニアライフクリエイト
代表取締役
高橋 洋(たかはし・ひろし)

 「店舗の屋号である『宅配クック123』の『123』は “向こう三軒両隣り”という言葉から取っています。この言葉は今や死語になりつつありますが、お客さまにとって親しい隣人のような存在になり、安否確認を含め常に寄り添います。単なるお弁当の配達でなく、お年寄りがご自宅で自立して生活ができるためのお手伝いをしています」

 高橋洋社長はこう説明する。宅配弁当市場は高齢化の加速で拡大が見込まれる一方、新規事業者の参入が相次ぐ。厳しい事業環境下で、「宅配クック123」は利用者を紹介してくれる地域のケアマネージャーや医療機関との信頼関係を重視しながら、着実に業容を拡大してきた。

 現在は高齢者専門宅配弁当チェーン「宅配クック123」を直営10店、フランチャイズ(FC)310店の計320店舗を全国で展開。スタッフが配達のたびにちぎり絵のパーツを手渡し、利用者が徐々に絵を完成させたり、昭和時代の家庭を描いた絵画を持参して会話の糸口にしたり、認知症予防につながるきめ細かな取り組みを実践。利用者からお菓子をプレゼントされるなど、孫のようにかわいがられているスタッフも少なくない。

 弁当のオカズは魚の骨を1本残らず抜き、誤嚥しないよう鶏肉の皮を除いて調理するなど高齢者に配慮。メニューは普通食の場合、おかずのみで540円、ごはんつきで594円(すべて税込)と年金のみで生計を立てている人でも毎日利用しやすい価格に設定している。しかし、高橋社長は「一番大切なのは、ご利用者と心を通わせること。地域との関係づくりに注力し、順調にご利用者の紹介の輪が広がっています」と語っている。利用者との関係づくりに腐心した結果、ケアマネージャーや医療機関からの紹介案件が増え、毎年10%程度のペースで利用者が拡大している。現在では月間約210万食を販売している状況だ。

 「在宅配食の強化に加え、高齢者施設の業務効率化を支援し、施設の職員の方がお年寄りと向き合う時間を増やすお手伝いがしたいです」と話す高橋社長。同社は2006年から老人ホームやデイサービス等の施設に食材を供給するサービス「特助くん」を開始した。コスト削減や人手不足を補うための作業効率化といったニーズを捉えて、事業は順調に成長。すでに全国約1千施設に食材を卸しており、業績は前年対比約30%のペースで伸長している。「宅配クック123」と「特助くん」を合わせた直近の売上高は79億1500万円を計上し、ここ数年の業績は右肩上がりで推移している。

 「当社では『特助くん』で得た収益の一部を「『宅配クック123』のFC店に還元、その資金を活用して宅配スタッフが安否確認の精度アップや利用者との会話に時間を充ててもらっています。『宅配クック123』への信頼が向上し、2つの事業が両輪となって好循環を生んでいます」

買物代行への参入を計画しサロン運営の夢を抱く

 業績好調が続くが、高橋社長は挑戦の手を緩めない。買い物や掃除といった家事援助が介護保険適用外となる動きを踏まえ、買物代行サービスを開始した。現在では、FC11店舗で弁当と一緒に食品を配達、状況をみて全国でもサービスを行う。今後は医薬品の宅配を目論み、ドラッグストアとの提携も進める。

 そのほか、高橋社長は高齢者を対象にしたコミュニティーサロン「昭和浪漫倶楽部」の発足を将来の夢として抱く。喫茶店などを併設した直営サロンを全国に開設し、お年寄りの積極的な外出を促す考えだ。「お客さまには引きこもりがちな方も少なくありません。全国のFC店と連携しながら、皆さまに美味しい食事や趣味を楽しんでいただく場をつくります」と語っている。

 同社は5年後には年商500億円を達成する構えだ。新規事業への着手はもちろん、寝たきりや誤嚥性肺炎を防ぐ目的でタンパク質を多く含むオカズを増やすといった弁当の栄養価を一層高める試みなど、既存事業への積極投資を通じて実現を図る。

 「当チェーンでは、お客さまにとっての“No.2かつonly1”の存在を目指すことを合言葉にしています。あくまでもNo.1はご家族の手料理です。ただ、身の回りに家族がいらっしゃらないご利用者にとってわれわれの弁当はonly1でありたいと思います。『ご家族をNo.1として尊重しつつも競合他社には死んでも負けない、最強のNo.2を目指していく』という強い気持ちを持っています」

 

株式会社シニアライフクリエイト

  • 設立/1999年12月
  • 資本金/2億8000万円
  • 売上高/79億1500万円(2016年2月期)
  • 従業員数/73名
  • 事業内容/高齢者専門宅配弁当サービス、高齢者施設を対象にした食材卸など
  • 会社ホームページ/http://slc-123.co.jp/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る