化粧雑貨の卸売業として発足したSHO-BIは現在、卸売とファブレスメーカーの両機能を併せ持つ。マーケットインの発想から膨大な商品が生まれる中、コスメコンタクト®の勢いが増している。

170124_015_SHOBI_P01

SHO-BI株式会社
代表取締役社長
寺田 正秀 (てらだ・まさひで)

 社長に就任して4年目を迎えた寺田正秀氏は「社内体制を整える守りの3年間は終わった、今期から攻めに転じる」と力強く語る。同社は13年にコンタクトレンズ製造販売会社のメリーサイトを買収。従来のカラーコンタクトレンズと一線を画すためコスメコンタクト®と命名し、アイメークとのコーディネートを提案。ナチュラルなデザインで人気のピエナージュを生み出した。OEM・別注商品の好調もあり、3年連続増収増益の上昇機運に乗った。

 卸売業として発足した同社であるが、現在では商品企画から製造、売り場提案までを一気通貫で行うユニークな体制をとっている。しかし、問屋として幅広い商品を取り扱えば在庫を抱えるリスクもある。寺田社長は内部体制固めとしてまずこの点の改善を進めた。「卸売業としては小売店の販売状況を見ながら仕入れをコントロールしますが、一方で当社はファブレスメーカーでもあり、100社以上の協力工場に製造を委託、今や自社企画商品が売上全体の7割を占めるまでになりました。小売店の要望に沿うだけでなく、売れ筋を見極めながら毎月の決裁会議で仕入れをコントロールして在庫リスクを抑えています」

 コスメコンタクト®は売り上げに寄与するだけでなく、売り場への波及効果が大きい。「売り場効率が良いので小売店側から注目される、それをきっかけに当社の化粧雑貨全体が再評価され、認知度も上がりました」

 在庫リスクをコントロールしながらコスメコンタクト®や別注キャラクター商品で攻勢をかける寺田社長は「足腰を固めて長期的には売上高1千億円を目指します」と抱負を語る。

 

SHO-BI株式会社

  • 設立/1949年12月
  • 資本金/5億45百万円
  • 連結売上高/177億71百万円(2016年9月期)
  • 従業員数/304名(連結)
  • 事業内容/化粧・服飾雑貨のファブレスメーカー。コスメコンタクト®企画販売
  • 会社ホームページ/http://www.sho-bi.jp

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年5月号
[特集]
九州は世界へ向かう

  • ・総論 アジアの熱を九州に取り込めるか
  • ・麻生 泰(九州経済連合会会長)
  • ・石原 進(九州観光推進機構会長)
  • ・田嶋 猛(太平洋貿易会長)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・髙田 明(V・ファーレン長崎社長)

[Special Interview]

 杉江俊彦(三越伊勢丹ホールディングス社長)

 突然の社長交代から1年 三越伊勢丹はどう変わったか

[NEWS REPORT]

◆創業100周年で問われるパナソニックのDNA

◆楽天が携帯キャリアに参入も見通しの甘さに不安先行

◆銀行の危機感から始まった日本版スマホ決済の可能性

◆東芝会長に車谷氏を招聘 外部の知見に再建を期待

[特集2]

 沸騰!関西経済

 関西が世界に発信する未来社会のデザインとは

ページ上部へ戻る