IoT(Internet of Things)時代の到来に伴い大きな課題となっているセキュリティー対策。SELTECHは画期的な技術で外部からの攻撃を防ぐ万全のセキュリティーを実現する。

170124_022_SELTECH_P01

株式会社SELTECH
代表取締役社長
江川 将偉 (えがわ・しょうい)

 来るIoT社会では、家電製品から自動車まであらゆるモノがインターネットにつながることで便利な生活をもたらす半面、セキュリティー対策がますます重要になってくる。

 SELTECHが提供する「FOXvisor(フォックスバイザー)」は、機器に搭載される多種多様なCPUに組み込むという独自の発想で高い安全性を実現している。同社の江川将偉社長は「IoT機器にはほぼ100%、CPUが内蔵されています。このCPUを書き換え可能なソフトウエアで守ることができれば、と考えたのが開発のきっかけです」と語る。

 そして、そのCPUの設計で世界最大手といえば、昨年ソフトバンクが約3・3兆円で買収した英ARM社だ。同社ではすでにARM社との連携を進めており、次世代コアとなる「ARMv8-M」への搭載に向けた作業に取り組んでいる。

 こうした「他社には絶対に実現不可能」(江川氏)と断言するほどの高い技術を支えるのが、同社が擁する中高年エンジニアの精鋭たちだ。これまで日本のモノづくりを支えてきた組み込みソフトウエアのエキスパートがいるからこそ、実現可能になったという。

 さらにAI(人工知能)の研究にも積極的に取り組む。今後各分野で活用されるAIにもセキュリティー対策は欠かせない。

 「CPUに組み込んでセキュリティーを実現するハイパーバイザーとAIを同時に開発する世界でも唯一の企業として、今後はよりワールドワイドにビジネスを展開していきたいですね」

 進化するネットワーク社会で、同社の存在感はますます大きくなりそうだ。

 

株式会社SELTECH

  • 設立/2009年9月
  • 資本金/4億2077万円(2016年12月末日付)
  • 事業内容/仮想化(セキュア)技術「FOXvisor」の開発・販売、組み込みシステム向け音声・画像認識×人工知能技術「VAI」の開発・販売
  • 会社ホームページ/http://seltech.co.jp/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る