長時間労働の是正や賃金格差の縮小など政府による「働き方改革」が加速する中で、労使間の課題を一気に解決するのがあしたのチームが提供する人事評価システムだ。

170124_024_ASHITA_P01

株式会社あしたのチーム
代表取締役社長
高橋 恭介 (たかはし・きょうすけ)

 これまでの日本企業に蔓延してきた横並び主義の人事評価制度を改革し、従業員の生産性向上を目指す新たな人事評価クラウド型運用支援サービスを提供するあしたのチーム。高橋恭介社長は「正当な評価制度の導入は、企業業績が上がるだけではなく、従業員の有効求人倍率が1.40を超える現在、離職防止や採用力アップにも貢献します」とそのメリットを解説する。

 初期費用0円からという低コストかつ短期間で制度設計が可能という他に類を見ない同社のシステムだが、最大の特長は運用支援にある。多くの人事評価システムは、過大な初期費用に対して運用面でのサポートが乏しく、実質的に機能しないというケースが多い。同社では「認定コンシェルジュ」と呼ばれるスタッフが定期的に企業を訪問し、制度の定着まで確実にサポート。すでに750社以上という導入実績につながっている。

 さらに、オーナー経営者と従業員の距離が近い中小企業こそ、公平な評価制度の導入が必要であるという。

 「終身雇用の中で、何となく年功制で賃金を決める時代は終わりました。これからの経営者には、合理的な制度に基づいた人事評価が求められます」

 今年から、新たにこれまでのノウハウをビッグデータ化し、AIを活用して評価業務の見える化を実現する「新コンピリーダー」もスタート。すでに台湾に進出し、黒字化を果たしている海外展開についても、今後はアジアから欧米へと加速する。

 「企業の業績拡大、給与アップに貢献する社会性の高いビジネスと自負しています」(高橋氏)という同社のサービスが世界を席巻しそうだ。

 

株式会社あしたのチーム

  • 設立/2008年9月
  • 資本金/3億6810万円
  • 売上高/15億円(2017年3月期予想:連結)
  • 従業員数/90名(2016年12月時点)
  • 事業内容/人事評価クラウド型運用支援サービスの提供
  • 会社ホームページ/http://ashita-team.com/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る