海外資本の銀行が活発な活動を展開するカンボジアで、Asia Pacific Finance Plcは日系企業ならではの良さを生かしながら現地に密着した事業展開で業績を伸ばしている。

170124_026_ASIAPACIFIC_P01

Asia Pacific Finance Plc
チェアマン
中澤 和則 (なかざわ・かずのり)

 アジアでも屈指の7%という高い経済成長率を維持し、日系企業の進出も相次ぐカンボジアで、個人・法人向けのマイクロファイナンス事業を展開するのがAsia Pacific Finance Plcだ。チェアマンの中澤和則氏は「2015年12月にカンボジア中央銀行よりライセンスを付与されて事業をスタートしました。日本でいう商工ローンに近いポジションですが、一般の個人向けに比較的少額な融資を手掛けています」と語る。

 新興国だけに貸し倒れリスクなども気になるところだが、基本は土地を担保にしながら厳しい審査も実施していることもあって、これまでのところ事故率はゼロであるという。

 開業1年ですでに3店舗と事業は着実に拡大しているが、今後はカンボジア全土の主要都市へ多店舗展開を加速する。地元資本も含めて多くの企業が競合するが、日系企業ならではのきめ細かなサービスで他社との差別化を図っていく。

 「農業も盛んなカンボジアでは、土地を担保に農機具を購入したいというニーズが多いので、人気が高い日本製農機具の中古品輸入なども手掛けていきます」

 孤児院への金銭的・物質的支援やプノンペン市内での定期的な清掃活動など、地元に溶け込みながらさらに次のステージを目指している。

 「今後も高い経済成長率が見込めるカンボジアでは、融資や資金調達のニーズがますます高まっていくはず。10年後を目標に、商業銀行へとステップアップしたいですね」

 さまざまな資金ニーズに応えるため、融資商品の拡充も順次行っていくという同社。アセアンの活力を源泉に、さらなる成長が期待される。

 

Asia Pacific Finance Plc

  • 設立/2015年9月
  • 資本金/120万USドル
  • 事業内容/マイクロファイナンス事業
  • 会社ホームページ/http://www.apf-mfi.com

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界12月号
[特集]
東京新起動

  • ・二度目の変貌を遂げる大都市・東京
  • ・虎ノ門エリアはグローバルビジネスセンターとして進化中
  • ・東京ミッドタウン日比谷誕生で映画・演劇の街が再興
  • ・文化の発信地「渋谷」の百年に一度の大改造
  • ・泉岳寺・品川とも連携 品川新駅(仮称)のエキマチ一体開発
  • ・城北、埼玉方面への玄関口は行政が積極的
  • ・辻 慎吾(森ビル社長)
  • ・若林 久 西武鉄道社長

[Special Interview]

 稲垣精二(第一生命ホールディングス社長)

 「DNAの“第一主義”で圧倒的な未来をつくる」

[NEWS REPORT]

◆若者のクルマ離れに抵抗する豊田章男・トヨタ自動車社長の意地とプライド

◆ヤマトHDが人手不足よりも恐れる「送料無料」という意識

◆有機EL転換は避けられず 新生JDIは生き残れるか

◆シェール革命が動かす世界のパワーバランス

[特集2]今さら聞けないビットコイン

・可能性と危険性が共存するビットコインの魅力

・ビットコインだけではない! 1千種類を超える仮想通貨の世界

・ビットコインの2つの謎 ブロックチェーンとマイニング

ページ上部へ戻る