海外資本の銀行が活発な活動を展開するカンボジアで、Asia Pacific Finance Plcは日系企業ならではの良さを生かしながら現地に密着した事業展開で業績を伸ばしている。

170124_026_ASIAPACIFIC_P01

Asia Pacific Finance Plc
チェアマン
中澤 和則 (なかざわ・かずのり)

 アジアでも屈指の7%という高い経済成長率を維持し、日系企業の進出も相次ぐカンボジアで、個人・法人向けのマイクロファイナンス事業を展開するのがAsia Pacific Finance Plcだ。チェアマンの中澤和則氏は「2015年12月にカンボジア中央銀行よりライセンスを付与されて事業をスタートしました。日本でいう商工ローンに近いポジションですが、一般の個人向けに比較的少額な融資を手掛けています」と語る。

 新興国だけに貸し倒れリスクなども気になるところだが、基本は土地を担保にしながら厳しい審査も実施していることもあって、これまでのところ事故率はゼロであるという。

 開業1年ですでに3店舗と事業は着実に拡大しているが、今後はカンボジア全土の主要都市へ多店舗展開を加速する。地元資本も含めて多くの企業が競合するが、日系企業ならではのきめ細かなサービスで他社との差別化を図っていく。

 「農業も盛んなカンボジアでは、土地を担保に農機具を購入したいというニーズが多いので、人気が高い日本製農機具の中古品輸入なども手掛けていきます」

 孤児院への金銭的・物質的支援やプノンペン市内での定期的な清掃活動など、地元に溶け込みながらさらに次のステージを目指している。

 「今後も高い経済成長率が見込めるカンボジアでは、融資や資金調達のニーズがますます高まっていくはず。10年後を目標に、商業銀行へとステップアップしたいですね」

 さまざまな資金ニーズに応えるため、融資商品の拡充も順次行っていくという同社。アセアンの活力を源泉に、さらなる成長が期待される。

 

Asia Pacific Finance Plc

  • 設立/2015年9月
  • 資本金/120万USドル
  • 事業内容/マイクロファイナンス事業
  • 会社ホームページ/http://www.apf-mfi.com

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る