アセアン主要国の中でもトップクラスの経済成長率を誇るフィリピン。Hallo Hallo Homeは、ITと不動産を軸にさまざまなビジネスを展開する「ハロハロアライアンス」により、フィリピン経済の活性化に貢献している。

成長著しいフィリピンで積極的にビジネスを展開

170124_027_HAROHARO_P01

株式会社Hallo Hallo Home
ファウンダー
鈴木 廣政 (すずき・ひろまさ)

 人口1億人以上という巨大なマーケットを抱え、移住先としても人気の高いフィリピンでは近年、不動産投資が活発化している。Hallo Hallo Home(ハロハロホーム)は、フィリピンナンバーワンのデータベースと日本企業ならではの安心感で、日本人向け物件販売のサポートから特別永住権の取得ツアーまで、不動産に関わる多様なサービスを提供している。

 「国内の不動産市場に将来的な成長が期待できない一方で、フィリピンではマニラ中心部の発展に伴って、都心部のマンション需要はますます高まっています」と語るのは、同社ファウンダーの鈴木廣政氏。

 現在、独自の「ハロハロアライアンス」という企業連合軍を構築している。2010年フィリピンに設立したHallo Hallo Inc(ハロハロインク)がインターネットショッピングモールやレストラン紹介サイト、企業紹介サイトなどの運営を通じて得た約220万人にも及ぶフィリピン人会員のビッグデータをベースに、さまざまな業種業態の日本企業とアライアンスを組んで優れた技術やサービスを提供しようという取り組みだ。

170124_027_HAROHARO2_P02 ウェブサイト運営からレストランやクールジャパンショップなどのリアル店舗の展開、さらにはエンターテインメント事業まで多彩な事業を展開するハロハロアライアンスだが、中でも重要視しているのが冒頭の不動産事業だという。

 「日本では、いくら素晴らしい技術があってもさまざまなしがらみや圧力により普及することが困難なケースがありますが、フィリピンではそうした不動産の最新技術を存分に駆使した次世代スマートシティーの開発が可能だと考えています」

 この220万人を超えるという会員データを背景に、すでに国内の錚々たる企業群がこの「ハロハロアライアンス」に参画しており、フィリピンでのビジネスを着々と進めている。

 「日本人が得意とするITの仕組みづくりが、これからの世界を動かすと信じています。最終的には、エネルギーから住宅設備まで日本の素晴らしい技術を結集し、富裕層がこぞって住みたくなるようなメードインジャパンの街を創るのが目標です」と語る鈴木氏。ITと不動産の融合によって可能となる、これまでにない街づくりの実現に向け奮闘している。

 

株式会社Hallo Hallo Home

  • 設立/2014年6月
  • 資本金/2000万ペソ
  • 従業員数/22名
  • 事業内容/新築・中古コンドミニアムの売買・賃貸・仲介・管理・民泊運用
  • 会社ホームページ/http://hallohallohome.com/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る