データを活用したマーケティング支援で、ポスティング業界トップの業績を誇っている。今後は配布スタッフを通じて地域情報を収集、サービスの精度を一層高める。

170124_030_ATO_P01

株式会社アト
代表取締役
安田 周 (やすだ・しゅう)

 アトは創業わずか5年で業界トップの売上高を達成、13期連続で増収増益を果たすなど、着実な成長を果たしている。その要因は、地理情報を活用した高精度なマーケティング支援にある。折り込みチラシやウェブでの集客に不満を感じていた飲食店やアパレルショップなどの顧客を取り込み、取引社数はすでに1万1千社を超えた。

 そんな同社が目指すのはサービスのさらなる進化だ。安田周社長は「ポスティングからウェブに誘引する取り組みを通じて、お客さまから『反響率が格段に上がった』というご感想をいただいています。今後は配布スタッフの集めた地域情報を使って、サービスの質を高めたいですね」と意気込んでいる。

 具体的には約8千人の登録スタッフが配布作業を行いながら、住宅の形状、車やペットの有無といった個々の世帯情報を収集。地元スタッフが目で見て集めた情報を顧客の販促に役立てる。

 「地域をくまなく巡回する数多くのスタッフを持つ、当社だからこそできるサービスです。毎月更新する鮮度の高い情報を基に、お客さまの業績アップに直結するサービスをリーズナブルに提供します」

 加えて同社では、全国の空き家情報を地方自治体や不動産会社に提供することで社会問題解決への貢献を図る。

 「『満足は成長の最大の敵』という言葉のように、現状に甘んじることなく変化を起こしていきたいです」と語る安田社長。スタッフとして採用し切れなかった人材を適性に応じて顧客に紹介するなど、新サービスの提供も視野に入れる。

 これらの施策を通じて、5年以内に年商100億円を目指す構えだ。

 

株式会社アト

  • 設立/2003年6月
  • 資本金/3199万円
  • 売上高/22億円(2015年5月期)
  • 従業員数/100名
  • 事業内容/セールスプロモーション事業全般
  • 会社ホームページ/http://www.ato-co.jp/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る