後継者不足や過大な債務に悩む中小企業にとって事業承継が大きな課題となる中、喜望大地は経験豊富なスタッフにより着々と実績を積み重ねている。

170124_038_KIBOUDAICHI_PH

株式会社喜望大地
代表取締役会長
喜多 洲山 (きた・しゅうざん)

 事業再生のエキスパートとして幅広いコンサルティングを手掛ける喜望大地は、事業承継に悩む企業の救世主として今、大きな注目を集めている。

 「スムーズな事業承継にはさまざまな手法が考えられますが、最近はM&Aを活用したケースが増えています。といっても、当社の場合は単に今ある会社を売却するのではなく、きめ細かなコンサルティングによって会社をきっちりと再生し企業価値を高めた上で、売却先を探すようにしています」と語るのは、会長の喜多洲山氏。自身も家業の三代目として負債30億円という苦境を乗り越えてきた上、この12年で約千社の事業再生を行ってきただけに、その言葉には説得力がある。

 徹底したコストダウンや組織体制の見直し、効率的な資金調達など「当たり前のことができていない(喜多氏)」赤字企業をブラッシュアップして黒字化を果たす。昨今のM&A市場は完全に売り手市場となっており、良い会社が売りに出ると買い手が殺到して高値での売却が可能になるだけに、事業再生を得意とする同社ならではの事業承継策といえよう。

 一方で、買収する側のニーズに応えるM&Aを手掛けているのも特長だ。

 「良い技術やノウハウを持つ企業であれば、過剰債務を整理して優良な事業部門のみを買収する、といった特殊なスキームも可能なので、ぜひ当社に相談してほしいですね」

 定期的に開催するセミナーでは、自らの体験も交えながら事業再生と事業承継にかける想いを語るという喜多氏。今後も独自のコンサル力に磨きをかけ、中小企業をサポートしていく。

 

株式会社喜望大地

  • 設立/2005年1月
  • 資本金/8888万円
  • 事業内容/事業再生、M&A、事業承継などに関する各種コンサルティング、ベンチャー育成
  • 会社ホームページ/http://gmmi.jp/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る