リフォーム業界で、現場、アフターサービスを重視したお客さまのための事業を展開し、ワンストップでのサービス提供を実現しているのが、ネクステージグループだ。

ネクステージグループ 代表取締役社長 佐々木 洋寧 (ささき・ひろやす)

ネクステージグループ
代表取締役社長
佐々木 洋寧 (ささき・ひろやす)

 MED Communications(メッドコミュニケーションズ)、住環境工房、トータルリフォームサービスの3社からなるネクステージグループは、住宅リフォーム事業を中心に安定的な成長を遂げている企業だ。その考え方の中心には、お客さま志向がある。

 「そもそもリフォーム業は、お客さまに提供する商品に差がない。だからこそ、お客さまのために考えたらどうなるかという差別化がとても大事なのです」と語るのは、同社社長の佐々木洋寧氏だ。そもそも、従来のリフォーム業界は、営業が中心的な役割を果たしており、受注した後、多くは子請け、孫請けの工事業者がお客さまの元にうかがうという構造になっている。結果としてサービスの品質が保てないケースも多かったそうだ。

 それがネクステージグループでは、営業から、企画、工事、アフターサービスまでのほとんどがグループ内で完結する。佐々木氏は「工事が終わってからが、ビジネスのスタートだと考えています。住宅というのは、お客さまにとっては毎日の生活の場です。そこをフォローアップすることが顧客満足につながり、さらなる受注機会の獲得にもなります」とワンストップサービスであることを強調する。

 リフォーム業界で営業外部門、つまり現場部門やアフターサービス部門に力を入れる例はまだ多くはないと佐々木氏は語る。そして、その会社を支える人材活用にも力を入れている。佐々木氏によれば、2017年度の新卒採用は20名、18年度の入社では30〜40名の採用を目指しているという。商品そのものでは差別化ができないからこそ、アフターサービスと人材の力で成長を促進する考えだ。

 

ネクステージグループ

  • 設立/1993年4月
  • 売上高/70億円(グループ合計)
  • 事業概要/住環境サービス事業、工事事業、注文住宅・不動産事業、ヘルスケア事業
  • 会社ホームページ/http://med-com.jp/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界10月号
[特集]
リーダーの育て方

  • ・吉田忠裕(YKK会長CEO)
  • ・金丸恭文(フューチャー会長兼社長)
  • ・酒巻 久(キヤノン電子社長)
  • ・山極壽一(京都大学総長)
  • ・立川理道(ラグビー日本代表主将)
  • ・武内 彰(都立日比谷高校校長)

[Interview]

 尾崎 裕(大阪商工会議所会頭)

 大阪を“実証事業都市”として広く喧伝し、人材・投資を呼び込みたい

[NEWS REPORT]

◆1兆円M&Aをぶち上げた三菱UFJ信託の未来像

◆誘拐事件の解決にも使われる中国・百度のAI技術

◆中計見直しに追い込まれたNEC「再成長の鍵」は

◆日本橋に空が戻り、東京は三度水の都となる

[政知巡礼]

 太田昭宏(衆議院議員)

 「未来を見据えて今何をすべきか考えるのが政治家の仕事」

ページ上部へ戻る