リフォーム業界で、現場、アフターサービスを重視したお客さまのための事業を展開し、ワンストップでのサービス提供を実現しているのが、ネクステージグループだ。

ネクステージグループ 代表取締役社長 佐々木 洋寧 (ささき・ひろやす)

ネクステージグループ
代表取締役社長
佐々木 洋寧 (ささき・ひろやす)

 MED Communications(メッドコミュニケーションズ)、住環境工房、トータルリフォームサービスの3社からなるネクステージグループは、住宅リフォーム事業を中心に安定的な成長を遂げている企業だ。その考え方の中心には、お客さま志向がある。

 「そもそもリフォーム業は、お客さまに提供する商品に差がない。だからこそ、お客さまのために考えたらどうなるかという差別化がとても大事なのです」と語るのは、同社社長の佐々木洋寧氏だ。そもそも、従来のリフォーム業界は、営業が中心的な役割を果たしており、受注した後、多くは子請け、孫請けの工事業者がお客さまの元にうかがうという構造になっている。結果としてサービスの品質が保てないケースも多かったそうだ。

 それがネクステージグループでは、営業から、企画、工事、アフターサービスまでのほとんどがグループ内で完結する。佐々木氏は「工事が終わってからが、ビジネスのスタートだと考えています。住宅というのは、お客さまにとっては毎日の生活の場です。そこをフォローアップすることが顧客満足につながり、さらなる受注機会の獲得にもなります」とワンストップサービスであることを強調する。

 リフォーム業界で営業外部門、つまり現場部門やアフターサービス部門に力を入れる例はまだ多くはないと佐々木氏は語る。そして、その会社を支える人材活用にも力を入れている。佐々木氏によれば、2017年度の新卒採用は20名、18年度の入社では30〜40名の採用を目指しているという。商品そのものでは差別化ができないからこそ、アフターサービスと人材の力で成長を促進する考えだ。

 

ネクステージグループ

  • 設立/1993年4月
  • 売上高/70億円(グループ合計)
  • 事業概要/住環境サービス事業、工事事業、注文住宅・不動産事業、ヘルスケア事業
  • 会社ホームページ/http://med-com.jp/

170124_COPMANY43UNDER

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年2月号
[特集]
明治維新から考えるニッポンの原点

  • ・第3の開国を迎え日本の未来は地方にあり(加来耕三)
  • ・実務面で明治維新を後押し国家の礎をつくった薩長密航英国留学生
  • ・布衣の宰相・前田正名のもう一つの明治維新
  • ・「より良い未来の礎になると願い死んでいった西郷の青春群像」(林 真理子)

[Special Interview]

 榊原定征(日本経済団体連合会会長)

 経済界主導のイノベーションが日本経済の未来を輝かせる

[NEWS REPORT]

◆世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也の「野心」と「危機感」

◆東証一部に返り咲き シャープの復活は本物か

◆「越境EC」への投資から見る伊藤忠の本気度

◆上場廃止を免れた東芝を待ち受ける「モノ言う株主」

[政知巡礼]

長島昭久(衆議院議員)

「自民党にできない改革を引っ張っていく政党に」

ページ上部へ戻る