とおやま・えいいち ──1950年1月25日生まれ。72年三菱商事入社。2004年日本ドライケミカル入社、経理・財務本部長に就任。08年社長に就任。(写真=佐々木 伸)

積極的なアライアンス戦略を展開する 消火・防災のプロフェッショナル

お台場の本社からは東京都心が一望できる

お台場の本社からは東京都心が一望できる。防災設備は災害から都市を守る重要なインフラだ

 防災設備の老舗企業である日本ドライケミカルが昨年12月、東証2部から1部へステップアップした。過去に旭硝子の子会社として上場していたが、外資のTOBで上場廃止となり、ファンド会社に買収された後、2011年再上場。目まぐるしい変遷をたどってきたものの、その間もぶれることなく一貫して防災ビジネスに取り組んできた。

 「ビル、工場、発電所から船舶まで、人間の経済活動のありとあらゆるところに防災の網の目が張り巡らされています」と語る遠山榮一社長は、各種法規制などで参入障壁が高く保守的な防災業界にあって、就任以来矢継ぎ早に他社とのアライアンス戦略を打ち出してきた。

 消火器メーカーの初田製作所との基本業務提携により、商品ラインアップの強化や物流コストの合理化を実現。また、空調設備を手掛ける新日本空調との資本業務提携では、ビル建設時に防災、空調が一体となったより効率的な施工を目指すという。

沖電気防災の社長も兼務

昨年5月から子会社である沖電気防災の社長も兼務する。社員のレベルアップを目指し両社の人事交流なども進めていく

 さらに、会社の大きな方針として環境への対応を挙げる。松山酸素との共同出資によるグループ会社「イナートガスセンター」を設立し、ガス系消火設備の撤去、メンテナンスの際に大気に放出されていた二酸化炭素の回収・再利用をスタート。96%以上のガスを再生するという、世界でも他に例のない仕組みを構築した。

 一昨年、火災の感知・報知を得意とする沖電気防災を子会社化した。これにより防災に関するあらゆるサービスをワンストップで提供する体制が整った。

「より安全・安心な社会インフラを構築するために、火災感知と消火設備の両方をパッケージとして提案し、新しい防災システムを作っていきたいですね」

 今後も、地球環境に配慮した製品開発を加速するとともに、海外市場の開拓や海外の有力サプライヤーとの提携により優れた防災設備の導入などを進めながら、真の「総合防災企業」を目指していく。

 

ページ:

1

2

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年3月号
[特集]
豪華を極める

  • ・5年で5割増えた富裕層が日本の高額消費を支えている
  • ・伊藤勝康(リゾートトラスト社長)
  • ・バスかクルーズか鉄道か豪華旅行はここまで来た!
  • ・決め手は「唯一無二」4億6千万円のマンションが人気のわけ
  • ・最高価格は1億円超え 夢と体験を売る高額福袋
  • ・九州・霧島のリゾートは1人1泊100万円
  • ・価格は3千万円超でもフェラーリは売れ続ける

[Special Interview]

 寺島実郎(日本総合研究所会長)

 民主主義と経済の在り方が問われる時代に

[NEWS REPORT]

◆中西宏明・日立会長が経団連会長を断らない理由

◆LINEが中国モバイクと提携 シェア自転車事業参入の勝算

◆なんば駅前広場の改造でイニシアチブを発揮する南海電鉄の思惑

[総力特集]

 2018年注目企業44

ページ上部へ戻る