文系総合大学として、仏教教育にとどまらず、豊かな人材育成に力を入れている。伝統ある仏教学部のほか人間学部、文学部、表現学部の文系4学部を設置し、時代の要請に応えるべく多彩なカリキュラムを組んでいる。現状と今後の運営方針を聞いた。 聞き手/本誌編集委員・清水克久

杉谷義純(すぎたに・ぎじゅん) 1966年慶応義塾大学卒業。72年大正大学大学院博士課程満期退学。天台宗宗機顧問会会長(現職)、文科省宗教法人審議会委員。学校法人大正大学常任理事を経て2009年から理事長。

杉谷義純(すぎたに・ぎじゅん)
1966年慶応義塾大学卒業。72年大正大学大学院博士課程満期退学。天台宗宗機顧問会会長(現職)、文科省宗教法人審議会委員。学校法人大正大学常任理事を経て2009年から理事長。

杉谷義純氏が語る大正大学 ステークホルダーからの満足度トップへ

-- まず、御校の特徴をお聞かせください。

杉谷 本学は1926(大正15)年に天台宗、真言宗豊山派、智山派、浄土宗の4つの宗派が合同で設立した大学です。本学創立以前は、各宗派がそれぞれ独自の教育機関を持っていたのですが、宗派の枠を越えた仏教の連合大学を設立しようと力を合わせたのです。全国各地に仏教系の大学はいくつもありますが、このような経緯を持った大学は珍しいと思います。

 かつては寺院の後継者育成を主な目的としていましたが、現在は文科系4学部の大学として社会で存在感がある人材を育成し、人間としての完成度が高い学生を送り出すことを主目的としています。

-- 仏教を基礎とした教育面での特徴とは何ですか。

杉谷 教育の根底には大乗仏教の精神が流れており、「智慧と慈悲の実践」を建学の理念としております。大乗仏教における智慧とは、我執を離れてものごとの在り方を正しく見ることを指し、慈悲とは生きとし生けるものに対して平等な気持ちを持つことです。この建学の理念を現代的に分かりやすく表現したものが「4つの人となる」です。

 4つとは「慈悲・自灯明・中道・共生」のことで、これを教育ビジョンとしてカリキュラムを構築しています。「慈悲」とは、生きとし生けるものに親愛のこころを持つことです。さらに真実を探究し、自らを頼りとして生きる「自灯明」、とらわれない心を育て、正しい生き方ができる「中道」、共に生き、共に目標達成の努力をする「共生」、これらが教育の基本理念です。

きめ細やかな指導で学生満足度も高い

きめ細やかな指導で学生満足度も高い

-- ステークホルダーからの期待、信頼、満足度で首都圏文系大学ナンバーワンを目指すという意味は。

杉谷 偏差値や学生数などでナンバーワンを目指すのではなく、学生をはじめとするすべてのステークホルダーからの期待に応えることが重要です。それによって大学への信頼が高まり、学生に、この大学を選んで良かったと満足してもらうこと。それに保護者や卒業生の就職先、地域社会なども含めたステークホルダーに対して大学は社会的責任を持っているので、これらを「TSR」(大正大学・ソーシャル・レスポンシビリティー)ととらえて、大学運営をしています。
 有名、難関大学の学生は、得てしてその大学に入学することを目的化してしまう傾向がありますが、本学では大学での学び、成長を重視して、知識だけではなく人間として完成度が高い学生を育てることをとても大事にしています。

大正大学創立90周年に向けてPDCAサイクルで改革を進める杉谷義純氏

-- TSRとはどのようなものですか。

杉谷 「優れた教育・研究活動」「充実した学生生活」「特色ある地域・社会貢献」「ミッションに基づく学風の醸成」「TSRによる大学運営」という5つの社会的責任を果たすことを目的に、教職員が一丸になって取り組んでいます。この目標を達成するためにPDCAサイクルにのっとって大学運営を行っています。

-- 初年度教育で気を配っていることはありますか。

杉谷 推薦入試、センター試験利用入試、一般入試とさまざまな入試を行っていますので、入学時の学力にバラツキがあります。そこで、学部共通の導入教育科目を充実させて、新入生が大学での学びに興味を持てるような環境づくりを心掛けています。

-- 就職支援で注力されていることは。

杉谷 就職率ももちろんですが、何より学生にとって最良の進路選択が達成できるように、1年次からキャリア支援のプログラムを設定しています。将来の職業選択や生き方のイメージを固めながら、初年度からキャリア教育を開始、3年次には各種の就職ガイダンス、模擬面接を行い、その一方でインターンシップやフィールドワークなどの実践的なキャリア支援科目も開設しています。

東京豊島区にある都市型キャンパス

東京豊島区にある都市型キャンパス

-- 少子化もあり、大学運営も難しい時代になりましたが、今後の目標は。

杉谷 2年後の創立90周年に向けて現在、2009年に策定した中期マスタープランにのっとって、大学改革を進め、また新分野の学部設置を準備中です。規模の大きな大学ではありませんが、多くのステークホルダーに支えられていることに感謝しながら、建学の理念を具現化できる教育機関として、発展していきたいと思っています。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る