2013年

  • [M&A最新事情]

    サーベラスのTOB提案を受けた西武鉄道存続に向け、世論喚起の旗を振る--髙橋信一郎(秩父商工会議所会頭・西武鉄道を応援する会 会長)

    「西武鉄道を応援する会」を結成しサーベラスに対抗 沿線住民の生活は西武鉄道が池袋に直通していることが大前提です。今回のサーベラスからの西武ホールディングスへの提案は、これが根底から崩されることになり、地域の生活基盤の存亡にかかわることなので、路線存続のための手を打たな…

  • [M&A最新事情]

    サーベラスの「失策」が西武ステークホルダーの反感を助長--後藤高志(西武ホールディングス社長)/ルイス・ジェイ・フォスター(サーベラス シニアマネージングディレクター)

     今後はクロスボーダーのM&Aの拡大が予想される。そんな中で注目を集めているのが、西武ホールディングス(西武HD)の再上場をめぐる経営陣と筆頭株主である米サーベラスグループとの対立だ。一見すると、よくある経営陣と筆頭株主との対立と言えなくはない。しかし、西武グループの…

  • [連載] 夏野剛の新ニッポン進化論(第25回)

    政治家の資質

    国会に参考人招致されて思ったこと  先日、衆議院で開かれた「政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会」に参考人として招致され、インターネットを使った選挙活動などについて意見陳述する機会がありました。その時の様子は「ニコ生」で動画配信されたので、ご覧にな…

    夏野剛の新ニッポン進化論
  • [連載] 視点

    地方の教育長の首長任命は時宜を得た提言

     安倍内閣の教育再生実行会議が、地方の教育長を教育委員の互選で選ぶ方法から首長の任命にすることを提言した。1つの見識である。  地方自治法は執行をスムーズに行うために、執行権者である首長の独任制を認めている。一方、独任制の持つ独裁性を緩和するために多元主義をとっ…

    視点
  • [連載] 経済万華鏡

    異次元の過ち

     黒田新日銀総裁は、「異次元」の量的・質的金融緩和を発表した。異次元に誤った政策だった。  すべての措置を盛り込んだ緩和政策だったが、要は、異常な量の国債を買いまくるという政策である。40年満期のものまで含めて、政府が発行する国債の7割を買うということだ。  …

    経済万華鏡
  • [連載] 経済万華鏡

    日銀・黒田総裁の孤独で険しい道

    日銀に新人として入行した黒田総裁 今年は4月1日が月曜日であることが素晴らしい、というベテランビジネスマンが多い。新入社員にとって、これほどメリハリの効いたスタートはないという。週末で学生から社会人へ気持ちも身体も切り替えるのだという。なるほど。 私も、社会人になるの…

    経済万華鏡
  • [連載] 経済万華鏡

    戦略なしという戦略

     春である。うちの慶応ビジネススクール(KBS)も卒業生を送り出し、新しい大学院生が100人余り入ってくる。  ビジネススクールの学生というと、ぎすぎすした、アメリカナイズされ、カネのことだけ考え、常にカタカナとアルファベットの略語ばかり使って、要領が良く、戦略…

    経済万華鏡
  • [連載] 経済万華鏡

    専門家は専門家にしか 目利きできない

     日銀の人事の話は、私だけでなく読者の方も、もう飽き飽きだろうが、最後に一言。  日銀の総裁や副総裁の人選を、官邸にせよ国会にせよ、政治家たちが選ぶというのは実はおかしいのではないか。  学者としての能力、中央銀行という特殊な組織のトップの能力、セントラルバン…

    経済万華鏡
  • [連載] 経済万華鏡

    専門家の終焉

     日本の失われた20年とは何だろうか。  一般的には、バブル崩壊後の1990年代を失われた10年と呼ぶが、結局今まで、経済の復活はないということで、失われた20年、あるいは25年が続いているという人もいる。  その評価は分かれるところだろうが、この20年で確実…

    経済万華鏡
  • [連載] 経済万華鏡

    日銀は今、何を思う

     哀れな日銀。ここまで政治に蹂躙されるとは。日銀よ。今、何を思うのか。  白川総裁は、なぜ辞任しないのか。外資系金融関係者の勉強会でこう聞かれたことがある。  彼は辞任しないし、これからも辞任しない。任期満了まで、彼の信じる現状でのベストを尽くそうとするだろう…

    経済万華鏡
  • [連載] 経済万華鏡

    自民党政権が民主党政権よりましな理由

     投資で言うなら、短期に確実なのは自民党、長期逆張りなら民主党ということだろう。  自民党政権が成立した。個々の経済政策、特に金融政策については、反対の部分が多いが、政権全体で見ると、圧倒的な安定感がある。あれだけ麻生氏が支離滅裂な時代錯誤の政策を自信たっぷりに…

    経済万華鏡
  • [連載] 経済万華鏡

    整合的な経済政策は?

     安倍政権が誕生した。3分の2を取ったから、参議院が過半数なくても、かなりの政策を思いどおり実現できるだろう。そこで、安倍政権のための望ましい経済政策を考えてみたい。  現状を踏まえて安倍政権が受け入れられるという制約条件(それ自体は主観的な判断結果だが)の下で…

    経済万華鏡

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る