2013年

  • [インタビュー]

    「消費増税・食品表示違反・ヤオコーとの提携」を語る--岩崎高治・ライフコーポレーション社長

    景気の腰折れが懸念される中、4月1日から消費増税が断行される。増税負担を真っ先に被ることになるのは日常性の高い食を中心とした生活必需品であるだけに食品スーパーの動向は注目される。 (聞き手:本誌/大和賢治) 懸念は客単価の下落 -- 来年4月から消費税が上がり…

  • 「時代の変化に合わせた福利厚生サービスをくまなく公平に享受できる環境を提供します」--久野賢策・イーウェル社長

    企業において働く人のモチベーション向上のための健康管理、キャリア支援などの福利厚生は、成長に欠かせない機能だ。しかし福利厚生は、時に企業にとってコスト面で大きな負担ともなる。東急不動産を母体に住友商事、豊通シスコムが出資しているイーウェルは、企業の福利厚生をアウトソー…

    イーウェル社長 久野賢策
  • [連載] 世界で勝つためのイノベーション経営論(第30回)

    日本の建築力:資源開発よりも都市開発を

    経済が良くない時は、逆に良い時だ  前回は、米国のフィラデルフィアで始まった都市再生の取り組みについて紹介した。都市の犯罪や頽廃、さらには人種格差の問題を新しいアプリ経済を通じて改善しようという試みである。この取り組みは、今注目を集めるBOP(ベース・オブ・ピラ…

    世界で勝つためのイノベーション経営論
  • [連載] 経営者のためのグローバル法務最前線(第5回)

    異なる国の当事者間で行われるクロスボーダーM&Aにおける留意点〈上〉

    主要ストラクチャーは資産買収、株式取得、合併  異なる国の当事者間で行われるクロスボーダーM&Aは、今日では一般的なものとなっています。最近でも、東京エレクトロンと米アプライドマテリアルズの経営統合や、三菱UFJフィナンシャル・グループによるタイ・アユタヤ銀行の…

    経営者のためのグローバル法務最前線
  • 女流棋士中井広恵の先手必勝(第79回)

    現在将棋界では、優勝賞金最高額の竜王戦七番勝負が行われています。  タイトル保持者は渡辺明竜王。20歳の時から9年連続でタイトルを保持し、あの羽生善治三冠に3連敗と追い込まれながら、その後4連勝をして防衛という偉業を成し遂げた人物です。挑戦者は森内俊之名人。20…

  • [連載]一度は行きたい優良コース(第11回)

    別府ゴルフ倶楽部 大分県杵築市

     ゴルファーが待ちに待っていたトップシーズンが早くも終わりを告げ、最も厄介な冬の足音が聞こえてきた。早朝の冷え込みに嫌気がさし、ゴルフ場から足が遠のくというゴルファーも少なくないだろう。  そこで今回は、年間を通じて比較的温暖な気候の下で、プレーが楽…

    一度は行きたい優良コース
  • 「経営理念」「経営哲学」は会社のルーツにある

    あなたの会社に「経営理念」として落とし込まれた言葉はあるか? 御社の「経営理念」、あるいは「社是」は? そう問われて、即座に答えられる人が、どれくらいいるのだろうか。 もし、答えられたとしても、それを「自分の行動指針にしています」と言える人となるとその数は…

    やってみなはれ
  • [連載] 新生オバマのアメリカは今

    デブラシオ大勝のニューヨーク市長選にみる米国の変化

    デブラシオ氏は全米初の黒人妻を持つ白人市長 米国では11月5日、ニュージャージー州、バージニア州の州知事やニューヨーク市長など地方の統一首長選挙が行われた。今年の各地の首長選挙は、来年の中間選挙を占う意味がある。また、幾つかの世相を反映する結果ともなった。 ニューヨー…

    新生オバマのアメリカは今 津山恵子
  • [連載] 実践主義者の経済学(第39回)

    水道民営化について考える

    大失敗に終わったボリビアの事例  2013年11月9日、大阪市が100%出資する新会社に、30年間分の水道サービスの運営権を売却して民営化する方針を固めたとの報道が流れた。浄水場などの資産は大阪市が保有したままで、かつ水道料金にも上限を設ける。いわゆる、コンセッ…

    実践主義者の経済学
  • [連載] 視点

    故・佐藤正忠氏との交流

     故・佐藤正忠氏の葬儀告別式に参列して、あらためて故人の交友の広さに感心しました。経済界はもちろんのこと政界からは、弔辞を読んだ石原慎太郎代議士、父上の名代として中曽根弘文参議院議員、森喜朗、鳩山由紀夫元首相、野田佳彦前首相、亀井静香代議士と錚々たる政治家が出席し…

    視点
  • [連載] 地域再生の現場を行く(第183回)

    台頭するバイオマス発電大型施設が北海道に続々(北海道江別市など)

    出力2.5万キロワットの発電所 FITで事業性高まる  バイオマスの大型発電施設が北海道で相次いで立ち上がろうとしている。王子ホールディングスの発電所が2015年夏から北海道江別市で、住友林業のそれが16年中に紋別市でそれぞれ稼働するが、いずれも木質系のバイオマ…

  • 「高齢化社会にも対応して『健康』をキーワードに新時代の体育振興を目指します」-- 松浪健四郎・日本体育大学理事長

    明治時代初頭から体育、スポーツの普及、発展、そして教員の養成を主軸に、長い歴史を持つ日本体育大学。青少年のみならず、昨今は高齢者層への体育の普及、幼年教育における体育教育の重要性に着目し、次世代に向けた新学部、学科の設立を積極的に行っている。今後の展望について松浪…

    大学の挑戦
  • [連載] 経営者必読! 元国税調査官が明かす 税務調査の秘密(第29回)

    徹底して記録を残さない税務行政のスタンス

     税務調査の折衝を繰り返す中で、大きな不満が残るのは、税務調査対象者からは詳細な資料や電子データの提供を積極的に求める一方で、税務調査官は記録に残る書面を基本的に外部には出さず、出しても極めてシンプルな説明資料しか提示しない、ということです。このため、税務調査にお…

    元国税調査官が明かす税務調査の秘密
  • 即日対応の出張修理で業務の停止を阻止。〝パソコン版カーコンビニ倶楽部〟を標榜する--家喜信行 日本PCサービス社長

    「パソコンのトラブル、電話1本で駆けつけます」――パソコン出張修理サービスが主力で、HEMS、MEMSにも対応。車のトラブルならJAF、パソコンなら日本PCサービスと、社会に根付いた会社を目指している。 「お客さまのトラブル、何でも解決します」が起業のきっかけ …

    飛び出せベンチャー
  • [連載] 世界で勝つためのイノベーション経営論(第29回)

    都市問題の解決で生まれるイノベーション

    都市問題解決にビジネスの視点を イノベーションとは壮大な技術革新だけでなく、身近な問題を小さなアイデアで解決することも立派なイノベーションである。 そうした小さな取り組みが、新たな技術や社会基盤に支えられているならば、インパクトも大きい。今回は、米国フィラ…

    世界で勝つためのイノベーション経営論
  • [連載] 二宮清純の「スポーツ羅針盤」

    「4度目の正直」で築いたFIFA人脈を礎に 日本サッカーを発展させた小倉純二名誉会長

     日本サッカー協会の小倉純二名誉会長が旭日中綬章を受章した。  さる10月25日、東京都内のホテルで「叙勲を祝う会」が催され、発起人の川淵三郎日本サッカー協会最高顧問が「彼はサッカー経験がなく、古河電工ではボール拾いをやっていた。そのボール拾いがサッ…

    二宮清純の「スポーツ羅針盤」
  • [連載] 経営者のためのグローバル法務最前線(第4回)

    J-REIT制度の改革―インサイダー取引と資金調達・財務戦略に関する改正〈下〉

    多様な資金調達・財務 戦略へのニーズの高まり  J-REITは、一般投資家でも小額の投資資金で不動産投資ができるようにとの考えから始まりました。J-REITの投資商品としての性格に照らし、例えばJ-REITが転換社債(新株予約権付社債)やワラント(新株予約権)を…

    経営者のためのグローバル法務最前線
  • 霞が関ウオッチング

    自動車の課税方式の見直しで軽自動車税の増税論議が広がる--総務省

     総務省の有識者検討会が10月31日にまとめた、地方税法に基づく自動車税と軽自動車税の見直しを盛り込んだ報告書が物議を醸している。車の燃費や環境性能に応じて、税率を変える仕組みに変更すべきとしているが、最大の狙いは軽自動車税の増税だ。2015年に廃止される地方税で…

    霞が関ウォッチング
  • 霞が関ウオッチング

    鉄道・バスの「運賃1円刻み」が来年4月の消費増税で導入へ--国土交通省

     国土交通省は来年4月の消費税増税に伴う鉄道・バスの運賃改定で、ICカード乗車券で購入する場合に限り、1円単位での引き上げを認めると発表した。現金購入では、駅の券売機が1円や5円の硬貨に対応しておらず、改修には多額の費用がかかるため現行の10円単位を据え置くが、同…

    霞が関ウォッチング
  • [連載] 小川誠子の囲碁便り(第65回)

    平和への懸け橋 スペインでの一手

     若き覇者、井山裕太六冠の棋聖戦初防衛戦が来年1月から始まります。プロの棋士も注目しているこのシリーズ。第1局はスペインで行われます。  スペイン政府とスペイン囲碁協会から開催要望が寄せられ、それが実現したのです。2014年は支倉常長が慶長遣欧使節団を率いてスペ…

    小川誠子の囲碁便り

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る