2014年

  • [連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

    商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

    江崎利一氏の半生と松下幸之助との出会い 昭和10年(1935年)のデビュー以来、大阪・道頓堀のシンボル的な存在であり続けたグリコの電光ネオン塔。両手を広げてゴールインするグリコランナーの姿はあまりにも有名だ。このネオン塔は、今年盆明けにいったん姿を消したが、10月には…

    実録! 関西の勇士たち
  • [専業企業の強さの秘密]

    モノと人材が両輪となる新たな受託生産サービスのカタチ--小野文明(日本マニュファクチャリングサービス社長)

    受託生産サービスで人材のサプライチェーンを構築 製造アウトソーシングに特化して、着実に業績を伸ばし続けている日本マニュファクチャリングサービス(nms)。受託生産サービス(EMS)に機動性の高い人材サービスを組み合わせているのが特徴だ。 日本国内に留まらず、中国、AS…

    小野文明氏(日本マニュファクチャリングサービス社長)
  • [Company Report]

    “戦略PR”のコンセプトで業界トップ企業に急成長したベクトル社長・西江肇司の発想力

     独立系PR会社のベクトルは創業から19年で上場した。現在ではソーシャルメディアマーケティングなどの手法も駆使しながら、高い宣伝効果でクライアントからの評価も上がっている。海外進出も積極的で、常に新たな領域に挑戦し続けている。広告が効かない時代にPR会社を…

    ベクトル社長 西江肇司氏
  • [専業企業の強さの秘密]

    挽野 元・ボーズ社長が語る「変わるボーズと変わらないボーズ」

    挽野 元・ボーズ社長プロフィール挽野元氏が語るボーズ不変の理念とは 最近、音響機器メーカー、ボーズが発売したヘッドホンがパステルカラーで驚いた、という話題がファンの中で盛り上がっているという。 相変わらずずしりと響き、ライブの息遣いが感じ取れる…

    挽野 元氏・ボーズ社長
  • [トップインタビュー]

    宇野康秀氏が描く有料動画配信サイト「U‒NEXT」の未来

    宇野康秀・U‒NEXT社長プロフィール宇野康秀氏が「一番つらかった」と振り返る時期 2000年代初頭のITバブル全盛期には、「ITベンチャーの兄貴分」として、世間から注目を浴びていた宇野康秀氏。若くして人材サービス会社インテリジェンスを立ち上げ…

    宇野康秀氏
  • [連載] 年収1億円の流儀(第11回)

    経営の極意 ~お金の使い方に2つの重要な考え方がある~

    経営の極意① 予算思考と投資思考 前回の続きで、稼ぐ人たちのお金の使い方について考えてみたい。 一般的なお金の使い方には、予算思考と投資思考があると私は考えている。 予算思考とは、お金を使う際に、まず財布の中身=現金がどれくらいあるかを気にする思考であり、投資思考とは…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [専業企業の強さの秘密]

    メード・イン・ジャパンを守り続ける“靴下の神様”--越智直正(タビオ会長)

     越智直正・タビオ会長プロフィールメード・イン・ジャパン〟の靴下にこだわる越智直正会長「靴下の神様」の異名をとるポテンシャル 景気低迷を背景に価格競争に翻弄され厳しい状況を余儀なくされてきたアパレル業界。この潮流は、国産にこだわりを見せてきた良…

    越智直正氏(タビオ会長)
  • [連載] グローバルニュースの深層

    中国人と日本人の消費と貯蓄行動

    貯蓄好きは中国人も同じだが... 日本人は貯蓄好きで有名であり、1人当たりの平均で1千万円以上の金融資産を保有しているといわれている。しかし、日本人はその貯蓄を効率よく運用することについてそれほど得意とはいえない。特に、多くの日本人は株式投資になぜか偏見を持っているよ…

    グローバルニュースの深層
  • 「日本のモータリゼーションとともに自動車用部品、建機部品で成長、新規事業にも挑戦します」--角堂博茂(プレス工業社長)

    自動車部品、建設機械部品製造で長い歴史と技術力を持っているプレス工業。安定した収益力には定評があり、4月からスタートした新中計では売り上げ増に加えて利益率の大幅改善を狙う。今後の方針を聞いた。聞き手=本誌編集委員/清水克久 写真=佐藤元樹自動車用部品と建機…

    角堂博茂氏(プレス工業社長)
  • [連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第11回)

    実効金利の計算で金利交渉をスマートに

    実効金利の計算の仕方  銀行の融資には、表面上の金利の他に「実効金利」という考え方があります。実効金利は次のように計算されます。 ◦実効金利=(融資利息-預金利息)÷(融資平均残高-預金平均残高)  右の式にある融…

    銀行交渉術の裏ワザ
  • [霞が関番記者レポート]

    官民連携で推進する支援機構の課題とは--総務省

    官民連携でインフラ輸出を後押し 総務省は日本企業による通信・放送関連設備の輸出を支援するため、官民共同出資の支援機構を来年度に創設する。 2015年度予算の概算要求で、財政投融資の特別会計に340億円を要求し、通信・放送事業者や機器メーカーの出資を受け入れて、日本の通…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    東京五輪主要施設にCLT含む国産木材を大量活用、林業の輸出拡大狙う--農林水産省

    国産木材としてCLTが注目される理由 2020年東京五輪の主要施設に大量の木材を組み込む――。 こんな計画が林野庁で盛り上がっている。政府が成長戦略と位置付ける国内林業の発展に向け、国産木材の需要拡大につなげる狙い。特に注目が高い五輪関連施設で国産木材をア…

    霞が関番記者レポート
  • [連載] WORLD INSIGHT

    日本企業に迫る米国の厳罰化リスク

    他国と比べてもケタ外れに厳しい米国の刑罰 日本企業が米国で巨額の制裁金(罰金、和解金などを含む、以下同じ)を科せられるケースが増えている。2000年ITバブル崩壊、01年米国同時多発テロ、08年リーマンショックなどの危機や不祥事を経て、米国では、厳罰化が進んでいる。 …

    WORLD INSIGHT
  • [連載] エネルギーフォーカス

    劇的なイノベーションが期待される省エネの取り組み

    日本における省エネの現状世界のエネルギー問題解決には省エネ対策こそ王道 これまで、このコラムでは、再生可能エネルギーや原発の話を中心に議論をしてきましたが、今後の世界のエネルギー問題への対応策を考えた場合、省エネルギー対策が王道と言えるでしょう。 何しろエ…

    Energy Focus
  • [連載] CEOのゴルフ(第11回)

    スイングで力が入るのはゴルフクラブを上げる位置が原因

    ゴルフクラブを縦にすれば力が抜けスムーズなスイングに  昔から「ヘッドの重さを感じろ」という教えがあります。重さを感じるには、手に力を入れないことが大切です。しかしこれを体得できないと、多くの人は気持ちの問題として力まないよう心掛けたり、アドレスで握る力を弱める…

    スイング
  • [連載] 現代医療の真相(第11回)

    治らないと言う医者と治ると言う医者

    筆者プロフィール(よねやま・きみひろ)作家、医師(医学博士)、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業。1998年2月に同大学第2内科助教授を退職し、著作活動を開始。東京都あきる野市にある米山医院で診察を続ける一方、これまでに260冊以上を上梓。講演会、テレビ・ラジオ出…

    現代医療の真相
  • [霞が関番記者レポート]

    外国人観光客向けの免税手続きを簡素化、免税店数を1万店へ--国土交通省

     国土交通省は、訪日外国人が国内で商品を購入する際の免税手続きを、簡素化する方針を決めた。百貨店などを除き、現在は個別店ごとの手続きが必要だが、商店街やショッピングセンター(SC)、観光地ごとにカウンターを設けるなどして一括する。国交省と関連省庁が関連法を改正する…

    霞が関番記者レポート
  • [連載] テクノロジー潮流

    エボラ出血熱と情報セキュリティー

    「エボラ出血熱と情報セキュリティー」とは、不思議なタイトルだと思われる方も多いかもしれない。謎かけでは、「どちらもウィルスが問題です」ということになるのかもしれないが、そう呑気な話ではない。この2つの事象の共通点から社会の脅威を考えてみたい。「ウィルスによるパンデ…

    テクノロジー潮流
  • [専業企業の強さの秘密]

    「丸亀製麺」に資源を集中し急成長を遂げる--粟田貴也(トリドール社長)

    「丸亀製麺」トリドール社長とセルフうどん業態との出会い 〝讃岐うどん専門〟をキャッチフレーズに今や、全国区の知名度を誇るまでに成長したのがトリドールの展開する「丸亀製麺」だ。 同社の最大の強みは一番の来店動機につながる〝手作り出来立て〟にこだわっている点に…

    丸亀製麺
  • [専業企業の強さの秘密]

    石渡美奈・ホッピービバレッジ社長に聞く「ホッピーの魅力と可能性」

    石渡美奈・ホッピービバレッジ社長プロフィール「しなやかさ」が魅力のホッピー ビール味の低アルコール清涼飲料として関東圏で支持されるホッピー。戦後まだビールが高嶺の花だった時、ビールの代用品として広まり、焼酎の割り材、ヘルシードリンクとして時代の変化と共に山谷を乗り越え…

    ホッピー

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年8月号
[特集] SDGsは江戸にある
  • ・「仁義道徳」 経済人に必要な「利益」と「倫理」
  • ・「利他」 「気候変動に具体的な対策を お金の流れが意識を変える」
  • ・「善の巡環」 高邁な理想を支える創意工夫と挑戦
  • ・「才覚、算用、始末、商人倫理」 SDGsの精神宿る江戸商人
  • ・「国利民福」 国が栄えれば人々も幸福になる
  • ・「先も立ち、我も立つ」 石田梅岩と商人道徳
  • ・「気丈」 学問は「治安」「エンタメ」「立身出世」──江戸庶民の教育事情
  • ・「心田開発」 二宮尊徳の報徳思想
[Special Interview]

 里見 治(セガサミーホールディングス会長グループCEO)

 日本初のIR事業への参入はエンターテインメント事業の集大成

[NEWS REPORT]

◆メガバンクからの陥落目前 みずほ銀行の昨日・今日・明日

◆巨大ドラッグストアチェーン誕生か 業界再編はココカラ始まる

◆カリスマ・鈴木修会長に陰り? ピンチを迎えたスズキの前途

◆G20農相会合で見えてきたスマート農業の未来像

[特集2]

 AI時代に稼げる資格

 今必要な資格、将来必要な資格はこれだ!

ページ上部へ戻る