2014年

  • [2015年の潮流を読む]

    「空き××の活用」と「健康・予防元年」になる--江幡哲也(オールアバウト社長兼CEO)

     2014年で2度目を迎えたオールアバウトの「国民の決断」アワードが、12月2日に発表された。  同サイトに執筆されたあらゆるジャンルの専門家(ガイド)による人気記事と、それらの傾向などから、その年に注目された、あるいは話題となった「人生の決断」を、ランキング形…

    出所:All About Award 2014「国民の決断」を基に本誌作成
  • [NEWS REPORT]

    日本電産が新たなM&A 車載事業拡大を加速

     日本電産がドイツの車載用部品メーカー大手の買収を発表した。同社は車載事業を将来に向けた成長の柱としているが、パズルを完成させるように事業構築に必要なピースを揃えている。車載の電装メーカーを目指して着々と足場を固め、さらなる事業拡大を図っている。 飛躍的な需要増…

    ニュースレポート
  • [金の卵発掘プロジェクト2014]

    ステラージアLEDのマツウラ・リチャードCEOがグランプリ受賞

     「金の卵発掘プロジェクト2014」は、学生部門3本、社会貢献部門2本、本部門3本の計8本の中から厳正な審査を経て、ステラージアLEDのマツウラ・リチャードCEOがグランプリに選ばれた。  日本人と米国人のハーフで29歳のリチャード氏は、シンガポール…

    金の卵発掘プロジェクト
  • [スペシャルインタビュー]

    「〝企業と人との出会い〟、〝機会の創造〟を追求していく」--峰岸真澄(リクルートホールディングス社長兼CEO)

     2014年10月16日、東証1部上場を果たしたリクルートホールディングス。売上高約1兆2千億円、従業員数約2万8千人を誇る巨大グループを率いるのは、12年に5代目社長として就任した峰岸真澄氏だ。  歴代トップと違って、人材(HR)領域事業の出身ではなく、創業者…

    峰岸真澄
  • [対談] 「公」を生きる

    小池百合子・東京都知事候補が本音で語る半生(後編)--小池百合子氏(衆議院議員 元自民党総務会長)×德川家広氏(政治経済評論家)

     豊富な海外経験を持つニュースキャスターから政治家に転身して20年余。細川、小沢、小泉、安倍と時の権力者の傍らで常に政界の中心にいた小池百合子氏に徳川宗家19代の政治評論家、德川家広氏が鋭くせまる。  閣僚を2回務めただけに、小池百合子氏は本格的な政治家であると感じ…

    小池百合子
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    消費税率引き上げ見送りの評価と影響

     「21日解散、首相表明 消費増税先送り〝信を問う〟アベノミクスも争点」  安倍晋三首相は18日夜、首相官邸で記者会見し、来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げを1年半先送りし、21日に衆院解散に踏み切る意向を表明した。衆院選は12月2日公示、…

    永濱利廣
  • [NEWS REPORT]

    LEDが生んだイルミネーション業界に山積する課題

     全国各地でイルミネーションが瞬いている。LED(発光ダイオード)電球の普及で電飾は年々華やかさを増し、大規模な集客につながるため冬以外の季節に展示されることも珍しくなくなった。関連市場は急拡大しているが、その半面課題も少なくない。 イルミネーションによる二期作…

    ニュースレポート
  • 大賞は三木谷浩史新経連代表理事に

    第40回 経済界大賞発表

    第40回経済界大賞の各賞受賞者が決定しましたのでお知らせします。(2014年12月 経済界大賞審査委員会) …

    三木谷浩史
  • [連載] 変貌するアジア(第5回)

    不動産バブルが崩壊し、株バブルが始まった中国の謎

    不動産の値崩れが止まらない  中国の不動産バブルが弾けたようだ。2014年5月以来、70都市のほとんどで7カ月連続の価格下落である。  日本でもたびたび報道されているが、高級マンションをはじめとするゴーストタウンが中国のあちこちに出現している。また、マンション…

    変貌するアジア
  • [連載] 現代医療の真相(第17回)

    徘徊老人を受け入れる街づくり

    認知症をめぐる日本の現実  今年の菊池寛賞を、毎日新聞特別報道グループ取材班の「老いてさまよう」とNHKスペシャル「認知症行方不明者一万人 〜知られざる徘徊の実態〜」が受賞した。受賞理由は、徘徊で多くの行方不明者が出ている実態を社会に啓発したことだ。両報道によれ…

    現代医療の真相
  • [連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

    コミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

    取締役会は、企業経営の舵を取る意思決定機関ですが、最近では、社外の著名実業家を取締役に迎えるケースも増えており、すべての取締役が一堂に会し、話し合う場を持つことがますます難しくなっているようです。そこで今回は、遠隔地にいる取締役が取締役会に出席する際の留意点を、法…

    企業法務教室
  • [連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

    ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

     大阪市のメーンストリート・御堂筋沿いにある三菱東京UFJ銀行大阪ビル(大阪市中央区、旧三和銀行本店)で老朽化に伴う建て替え工事が始まった。古いビルの解体に先立ち、壁面から取り出された約60年前の定礎箱。その銘盤には、旧三和銀行の中興の祖・渡辺忠雄の名が刻まれてい…

    実録! 関西の勇士たち
  • [連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

    部下の感情とどうつきあうか

    整理できない感情は行動に直結する  小さい子ども、特に男の子の場合は、感情、とりわけネガティブな方向の感情を言葉にすることが苦手で、今、自分に込み上げている感情がなんなのか、自分でうまく説明できません。例えばわんわん泣いていても、自分は悔しいから、もしくは悲しい…

    子育てに学ぶ人材育成
  • [連載] CEOのゴルフ(第17回)

    直線的に振り下ろす感覚がスライスの原因

    切り返しから多くの人がクラブをアウトサイドから下ろしてしまう。通常、下半身リードでなく手を使って下ろすことが原因と説明されることが多いが、そのエラーを生んでいる「ダウンスイングの誤ったイメージ」を変えなければ修正は難しい。  手の動く軌道とヘッドの軌道は違う …

    eyecatch_CEOgolf_new
  • 球場からお寺まで、空きスペースをネットで自由に貸し借りできるシステム--スペースマーケット

    「世界中のあらゆるスペースを自由に使えたら」そんな想いから始めた事業が、さまざまなメディアで話題となり、設立から9 カ月で、総額1億円の資金調達を実施。本格的なビジネス展開を始める。 ── 事業内容は。 重松 世界中のあらゆる遊休ス…

    企業eye
  • [連載] 視点

    ニッポンのモノづくりビジネス生き残りへの覚悟

     グローバル化の進展によって、日本のモノづくり現場は、一方で新興国の安価な労働力、他方で欧州などの高付加価値なモノづくりとの競争に直面している。また、程度の差こそあれ、多くの分野で水平分業化が起き、産業のバリューチェーン上の位置付けを誤ると、一生懸命モノづくりに励…

    冨山和彦
  • [連載] 年収1億円の流儀(第17回)

    営業マンなら売り上げの方程式を持て。

    プラスの結果をもたらすプラスの会い方がある  年収1億円の流儀は、「目的思考」を徹底し、そこから導き出した「目標」を「日常活動」に具体的に落とし込むことだと、前回、書いた。今回は、その「目標」と「日常活動」について述べてみたい。  さて、営業マンの日常活動は、…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [キーワードで振り返る2014年の日本経済]

    地方活性化が喫緊の課題に

     安倍政権の重要課題である地方創生。課題は多いが地域の持つ可能性に期待する経営者も多い。インテリジェンスの高橋広敏社長もその一人、ヤフーやアサヒビールとともに、北海道の美瑛町で地域課題解決研修にも取り組んでいる。 少子高齢化、市場の縮小に苦しむ日本  安倍改造…

    那覇港に停泊するクルーズ船「アクエリアス号」
  • [キーワードで振り返る2014年の日本経済]

    製造業の事業再編が相次ぐ

    2014年はさまざまな業界で再編が進んだ。中でも電機業界では企業が業績回復を図る中で、成長戦略のコア事業から外れた事業の切り離しを進めた。切り離された事業は小さな独立した会社として再スタートを切ることになったが、事業環境が厳しい中で、それぞれに成長の糸口を探ってい…

    eyecatch_20141223_Tokushu_6_01_VAIO
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

    クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

    クリスマス商戦の厳しい現実  米国では、11月27日の感謝祭から、クリスマスシーズンに突入した。この日を境に一斉に飾り付けが始まり、デパートやレストランでの音楽もクリスマスソングに変わる。そして、28日の金曜日は「ブラック・フライデー」と呼ばれる大セールの集中日…

    津山恵子のニューヨークレポート

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界12月号
[特集]
東京新起動

  • ・二度目の変貌を遂げる大都市・東京
  • ・虎ノ門エリアはグローバルビジネスセンターとして進化中
  • ・東京ミッドタウン日比谷誕生で映画・演劇の街が再興
  • ・文化の発信地「渋谷」の百年に一度の大改造
  • ・泉岳寺・品川とも連携 品川新駅(仮称)のエキマチ一体開発
  • ・城北、埼玉方面への玄関口は行政が積極的
  • ・辻 慎吾(森ビル社長)
  • ・若林 久 西武鉄道社長

[Special Interview]

 稲垣精二(第一生命ホールディングス社長)

 「DNAの“第一主義”で圧倒的な未来をつくる」

[NEWS REPORT]

◆若者のクルマ離れに抵抗する豊田章男・トヨタ自動車社長の意地とプライド

◆ヤマトHDが人手不足よりも恐れる「送料無料」という意識

◆有機EL転換は避けられず 新生JDIは生き残れるか

◆シェール革命が動かす世界のパワーバランス

[特集2]今さら聞けないビットコイン

・可能性と危険性が共存するビットコインの魅力

・ビットコインだけではない! 1千種類を超える仮想通貨の世界

・ビットコインの2つの謎 ブロックチェーンとマイニング

ページ上部へ戻る