2014年

  • [霞が関番記者レポート]

    戦々恐々のJA全中、政府の農協改革断行の姿勢に打つ手なし--農林水産省

     全国農業協同組合中央会(JA全中)が11月6日まとめた自己改革案は、現状通り農協法上にJA全中を位置付ける方針を示したことで、農協の抜本改革を成長戦略の1つと位置付ける安倍晋三政権との対立が鮮明となった。農協法で守られた既得権益の死守に必死のJA全中だが、農家数…

    霞が関番記者レポート
  • [NEWS REPORT]

    炭素繊維で狙う東レの飛躍

     11月17日、東レはボーイングの「777X」向けに炭素繊維複合材料を供給すると発表した。「787」向けの納入契約延長も決まり、受注総額は1兆円を超える見込み。両社は今後、航空機部材の共同開発を進める予定で、炭素繊維シェア1位の東レがさらなる飛躍を遂げようとしてい…

    ニュースレポート
  • [キーワードで振り返る2014年の日本経済]

    海外に”日本のファン”をつくるために

     東京オリンピック・パラリンピック、ラグビーワールドカップといった訪日外国人増加を促すメガイベントが控えている。そのチャンスについて、日本政府観光局理事長の松山良一氏は日本のファンをつくることが大事だと語る。 メガイベントなど観光産業に追い風  昨年、日本を訪…

    松山良一(日本政府観光局理事長)
  • [連載] グローバルニュースの深層

    中国を制するものは世界を制す

    新規投資を増やす時代は終わった  中国は廉価な労働力と割安の人民元を組み合わせたチープの時代を終え、よりエクスペンシブな時代に突入している。むろん、1人当たりGDPが7千ドル程度である現状を考えれば、中国人の購買力はまだ小さいと思われるかもしれないが、中国政府が…

    グローバルニュースの深層
  • [スペシャルインタビュー]

    専門性のある「かかりつけ薬局」を目指す--松本南海雄(マツモトキヨシホールディングス会長)

     消費増税や一般用医薬品のインターネット販売解禁など、ドラッグストア業界にとっての2014年は変動が大きな1年だった。業界最大手のマツモトキヨシホールディングスも消費増税などの影響を受けて、業績を修正せざるを得ない状況下にある。長きにわたり同社のトップとして舵取り…

    松本南海雄
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

     「7〜9月GDP 2期連続のマイナス」  安倍総理大臣が消費税率を10%に引き上げるかどうかを判断するうえで重要な経済指標となる、ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の伸び率は、物価の変動を除いた実質で前の3ケ月間と比べてマイナス0・4%、年率に換算…

    三橋貴明
  • [経済界倶楽部]東京・横浜11月例会

    「リゾートトラストの成長戦略」--伊藤勝康氏(リゾートトラスト社長)

     経済界倶楽部の東京、横浜11月例会が11月19日、ホテルニューオータニ(東京都千代田区)で開かれ、リゾートトラスト社長の伊藤勝康氏が「リゾートトラストの成長戦略」と題して講演を行った。  伊藤社長は同社の歴史を振り返り、「事業を成長させるために一番肝要なのは持…

    伊藤勝康氏
  • [Photo Report]

    日本酒の国際化を促すイベントが開催

     11月4日、松竹スクエア(東京都中央区)において、日本酒の素晴らしさを訴求するための試飲会「Enjoy! Sake Night Tokyo!」が、日本酒造組合中央会の主催で行われた。  米国、アイルランド、ギリシャなどの大使館関係者、大手外資系企業…

    47都道府県の味を堪能
  • [NEWS REPORT]

    経済同友会“次期”代表幹事に内定した 三菱ケミカルHD小林喜光社長への期待と不安

     経済同友会の次期代表幹事に、三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長が決まった。発信力低下に悩んできた同友会にとっては、待望久しい巨大企業トップによる“本格政権”だ。「小林同友会」は同友会の復権を果たせるだろうか。  藤森氏、新浪氏も候補に挙がる  小林氏…

    ニュースレポート
  • [霞が関番記者レポート]

    消費税率引き上げの1年半先送りが決定、財務省の根回しは失敗に--財務省

     安倍晋三首相が11月18日夜、10%への消費税率の引き上げを、2017年4月まで1年半延期すると表明した。15年10月の予定通りの再増税を目指し、国会議員などにも根回しを進めていた財務省の〝完敗〟となった。  「タイミングのいかんにかかわらず、消費税の増税は避…

    霞が関番記者レポート
  • [連載] 燦々トーク

    誰とでもプレーできる醍醐味(前編)--原 江里菜氏(プロゴルファー)

     2007年に女子大生プロゴルファーとしてデビューした原江里菜さん。10月末に開催された樋口久子森永レディスでは3位に輝くなど、次代を担う女子プロゴルフ界の1人として注目されています。ゴルフの魅力やプロゴルファーとしての心構えについて、お聞きしました。 10歳で…

    原 江里菜
  • [NEWS REPORT]

    ビール類の酒税をめぐり”国 vs. 業界”の攻防戦が再燃

    団結できないビールメーカーの事情  「第3のビール」と「発泡酒」が増税の危機にさらされている。来年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げが1年半延期になったことで、政府・与党のビール類の酒税見直しに対する本気度が高まったためだ。低所得者を中心に反発の声…

    ニュースレポート
  • [Photo Report]

    ANAが髙梨沙羅選手とスポンサー契約締結

     全日本空輸(ANA)は11月17日、女子スキージャンプでソチ五輪4位、2年連続のワールドカップ(W杯)総合優勝を果たした髙梨沙羅選手とスポンサー契約を結んだと発表した。髙梨選手の国内外遠征時の輸送協力や選手生活を支援する。  髙梨選手は羽田空港で記…

    冬シーズン開幕に向けて渡欧する髙梨選手に激励の花束が贈られた
  • 「来店するお客さまの潜在的な二ーズを探り、必要な保険を提案」--みつばち保険グループ社長 小林尚哉

    直営店、フランチャイズ合わせて全国172店舗を展開する来店型保険ショップ大手のみつばち保険グループ。今年7月、ソニー生命のトップ・プランナーから来店型ショップ「FLP」を創業した小林尚哉氏が社長に就任した。聞き手=本誌/井上 博 写真=佐藤元樹  来店型ショップ…

    20141223_ShinShacho_1_02_R#0001
  • 最先端広告テクノロジーを牽引。アドテク分野で2度の起業、それぞれM&A・上場へと導く--フリークアウト 代表取締役CEO 本田 謙

     近年、世界中で大きな盛り上がりを見せているアドテクノロジー(ネット広告における配信技術や広告流通の技術)分野で、ひときわ注目を集めているフリークアウト。同社はRTB(リアルタイム入札)でインターネット広告枠を買い付けるDSP(デマンド…

    20141223_Face_01-1
  • [キーワードで振り返る2014年の日本経済]

    空前の大型上場が相次いだ1年

     2014年はアベノミクス第3の矢への期待感に始まり、成長戦略として女性活用や地方活性化、観光といった分野で進展が見られた。その一方で4月の消費税増税による需要の冷え込みが景気回復にブレーキを踏む形になり、再増税の判断を遅らせる事態となっている。本企画では7つの経…

    峰岸真澄(リクルートホールディングス社長)
  • 在宅介護サービスと有料老人ホームの口コミ&マッチングサイトを運営--アスモ

    訪問介護事業所と有料老人ホーム紹介サイトの運営が主業務。花堂浩一社長自身が介護ヘルパーの経験を持ち、利用者の悩みやニーズをくみ取り、口コミ&マッチングサイトとして実現。今後は予防の分野をも視野に入れる。 ── 事業内容について。 花…

    企業eye
  • [NEWS REPORT]

    シャープの面目躍如、中小型液晶が回復を牽引

     経営再建の途上にあるシャープだが、髙橋興三社長就任以降の構造改革が着実に進展。2014年度上期の業績は期初予想を下回ったものの4年ぶりに最終黒字を達成した。その中でも液晶事業は構造転換に成功し、成長市場の波に乗る形で業績回復に大きく貢献している。 中小型液晶が…

    ニュースレポート
  • [霞が関番記者レポート]

    消費税再増税是非の点検会議で賛否両論、再増税の判断が難化--内閣府

     内閣府がほぞを噛んでいる。消費税率を法律通りに10%へ引き上げるか否かの判断時期を7〜9月期の景気に基づき年内に決めるという建て付けにしたためだ。  7〜9月期は、4月の消費税増税後の反動減に夏場の天候不順が重なり回復にもたついたが、10月以降は改善の兆しが鮮…

    霞が関番記者レポート
  • [スペシャルインタビュー]

    「昨日まで世界になかったものを提供していく」--浅野敏雄(旭化成社長)

     2014年4月を境に、旭化成の経営は大きく変わった。代表取締役会長と代表取締役社長が役割分担する従来の体制を見直し、各事業会社の社長経験者4人が代表取締役として就任。グループ全体の経営統括と4つの事業領域のうちヘルスケア部門は浅野敏雄氏に託されることになった。ケ…

    浅野敏雄

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界7月号
[特集]
我がベンチャー魂

  • ・藤田 晋(サイバーエージェント社長)
  • ・髙島勇二(MCJ会長)
  • ・小池信三(三栄建築設計社長)
  • ・田中 仁(JINS社長)
  • ・宇野康秀(U-NEXT社長CEO/USEN会長)
  • ・寺田和正(サマンサタバサジャパンリミテッド社長)
  • ・坂下英樹(リンクアンドモチベーション社長)
  • ・冨田英揮(ディップ社長)
  • ・平野岳史(フルキャストホールディングス会長)
  • ・河野貴輝(ティーケーピー社長)
  • ・出雲 充(ユーグレナ社長)
  • ・方 永義(RSテクノロジーズ社長)
  • ・山海嘉之(CYBERDYNE社長/CEO)
  • ・高岡本州(エアウィーヴ会長)
  • ・酒井 将(ベリーベスト法律事務所代表弁護士)

[Interview]

 後藤 亘(東京メトロポリタンテレビジョン会長)

 技術がどんなに進歩しても、求められるのは「心に響く」コンテンツ

[NEWS REPORT]

◆金融業界に打ち寄せる人工知能の衝撃波

◆ついに会長職を退任 フジテレビと日枝 久の30年

◆停滞かそれとも飛躍への助走か 元年が過ぎた後のVR業界

◆爆買い超えも目前 インバウンドショッピング復活の裏側!

[政知巡礼]

 小野寺五典(衆議院議員)

 「北朝鮮の脅威で安全保障の潮目が変わった」

ページ上部へ戻る