2014年

  • [採用戦略最前線]

    社員の意欲を引き出す人事考課が急成長の秘密--Wiz(ワイズ)

     セールスプロモーション事業やサイト作成といったクリエイティブ事業を主力に、飛躍的成長を遂げるWiz。その原動力は、社員のやる気を引き出す万全のサポート体制にあった。意欲の高い人材の採用を通して事業基盤の強化を目指す。  昨年11月期におけるWizの…

  • [連載] 税務・会計心得帳(第15回)

    固定資産税の取り戻し方

    心得1 固定資産税の特質を知る  以前、「シャッター通り」と化した商店街で、「営業を取り止めた店舗の固定資産税を、営業をしていた時と同様に支払うのはおかしい」と、研究会を立ち上げたことがあります。  固定資産税は、賦課課税方式の税。毎年1月1日時点の所有者に対して…

    税務・会計心得帳
  • [連載] 地域が変えるニッポン(第15回)

    好評ぐんぐん、高糖度トマト「アメーラ」が地域に活気、雇用を創出(静岡市、サンファーマーズ)

    高い糖度を生み出すアメーラ独特の栽培方法 野菜や果物の新顔が続々と登場しているが、トマトの分野では静岡生まれの高糖度トマト「アメーラ」が市場の評価を急速に高めている。2003年夏に大型農園を稼働させて以来、生産施設は今や、13農場に拡大、周年栽培で大都市市場に大量出荷…

    地域が変えるニッポン
  • [連載] テクノロジー潮流

    科学技術開発とチームプレー

    科学技術開発もチームで評価することが重要 今年のノーベル物理学賞は、青色発光ダイオード(青色LED)の開発を対象として、赤崎勇(名城大教授)、天野浩(名古屋大学教授)、中村修二(米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授)が受賞した。 青色LEDとは、電圧を加…

    テクノロジー潮流
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第15回)

    選択と集中進む米ヤフーが「返り咲き」

    モバイルへの選択と集中が実を結ぶ  米シリコンバレーで、一度ナンバーワンから転落すると、立ち直るのは難しい。それを果たした稀有な例がアップルだが、それは、創業者である故スティーブ・ジョブズ氏の強烈な哲学と辣腕があったお陰だ。しかし、今、ヤフーという名門企業も「返…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [観光インバウンドの秘策]

    ANAグループ、地域の新たな価値を発掘へ

    見慣れた光景が、意外なコンテンツ  海外を旅してみると、都会よりも自然豊かな地方で思わぬ発見や魅力的な出会いがあることが多い。無国籍化され、人の数も多い都会では、その国本来の持つ魅力に出会うことは難しくなっているのかもしれない。  その国ならではの…

  • [連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第15回)

    社員の“自律”をどう促す?

    〝自律ルール〟によって苦手なことも克服できる  いきなり自分の話をするのもなんなのですが、以前の私は領収書の整理というのがとても苦手でした。それに四苦八苦するのが経験上分かっているので、月末が近づいてくると、ああ、いやな仕事が待っている……と本当にゆううつな気分…

    子どもに学ぶ人材マネジメント
  • [連載] 温故知新(第14回)

    「産業文化財」が観光資源に変わる--須田 寛(JR東海初代社長)

     「産業観光」の提唱者、JR東海初代社長である須田寛氏。今では、外国人にも関心の高い分野になっているが、当時はまだこの観光資源に気付いてはいなかった。本稿は、18年前に本誌の「ずいひつ」というコーナーで書かれたものである(1996.9.10号)。 進歩の跡が貴重…

    須田 寛
  • 「教育力、研究力を高め、タフでグローバルな人材を育成します」--東京大学・濱田純一総長

    世界の大学ランキングで東京大学の順位は低迷している。その現状を打開するために濱田純一総長は、〝秋入学〟を梃子にグローバル化を提起したが、実現には至っていない。しかし改革の手は緩めず、推薦入学制度の導入など、次々と新機軸を打ち出している。 聞き手=本誌・清水克久 写…

    大学の挑戦
  • [連載] 実録! 関西の勇士たち(第15回)

    ワンマンシリーズ(2)住友の堀田、グループを束ねる

     戦後の財閥解体で、住友本社は、鉱業、化学、金融など18のセクションに分断され、それぞれが独立企業体に様変わりした。  GHQの厳命で独立した18社は、社名に「住友」の冠が戴けず、銀行も「大阪銀行」の名でスタート。先輩らが公職追放で去り、常務に抜擢された堀田庄三…

    実録! 関西の勇士たち
  • 新たなコンセプトでスマートフォンに関する世の中のお困りごとを解決--ゴキゲンホールディングス

    わずか半年足らずで35店舗開設と、急成長のスマートフォンの修理・アフターサポート・グッズ販売のショップ「スマコレ」。高いニーズと支持を受け、1年で100店舗、3年で300店舗体制を目指している。 ── 創業までの経緯は。 戎 もともと小学生の頃から…

    企業eye
  • [連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第15回)

    「忘れられる権利」に見るプライバシー問題の今後

     「検索エンジンを通じて、自分の好ましくない過去がインターネット上で暴露される」 この問題をめぐり、欧州連合(EU)の司法裁判所は今年5月、プライバシー権の一種として「忘れられる権利(right to be forgotten)」を認め、それに基づき「非公開請求」…

    企業法務教室
  • [金の卵発掘プロジェクト2014]

    起業家発掘の新たなステージへ

     「金の卵発掘プロジェクト」は将来の日本経済を背負って立つ人材を発掘し、日本を元気にするためのビジネスプランコンテスト。一次審査を通過した応募者のプレゼンによる最終審査会は、11月21日に開催される。第4回目を迎えた今年は、より内容を充実させるべく、新たな試みにも…

    金の卵発掘プロジェクト
  • [観光インバウンドの秘策]

    伝統文化かポップカルチャーか--和歌山県田辺市・埼玉県久喜市(旧鷲宮町)

    「陽の昇る聖地」と「陽が沈む聖地」  2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界文化遺産に登録された熊野古道。人と自然が長い年月をかけてつくり上げた精神文化の聖地は、今、日本人だけでなく世界の人も魅了している。  古来より極楽浄土は真南…

  • オーナー希望者と土地情報をクラウドでマッチング--古木大咲 インベスターズクラウド社長

    「ローコスト・ロークオリティー」だった土地付きアパートを「ローコスト・ハイクオリティー」に。カギは「クラウド」を活用した“在庫なし”ビジネスモデル。ネット集客で大幅なコストカットと、いろいろなデータを一元管理し、高度な予測を行うDMP(データ・マネジメント・プラッ…

  • [連載] CEOのゴルフ(第15回)

    ゴルフにおける意識 ダウンスイング時の下半身リードのイメージ

     ダウンスイングは下半身リードとよくいわれる。そこに間違いはない。だが、下半身でリードすれば、あとはオートマチックにすべてがうまく動き、正しくインパクトに導かれていくものではないのだ。動きの適切な大きさやタイミングを説明しよう。ゴルフのダウンスイング 下半身リードはイ…

  • [連載] 年収1億円の流儀(第15回)

    営業の極意を体得するテクニック――「3つの質問」とは。

    営業マンにテクニックは必要ないのか? 前回、先輩のM氏から直伝の《営業の極意》について伝えた。M氏は20代の半ばで年収1億円超えを果たした、伝説の営業マンである。 M氏が強調するのは、お客様に対したときに営業マンはもっと謙虚になれ、ということだ。【お客様は神様です】と…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第15回)

    あなたの会社の融資構成は間違っていませんか?

     銀行融資の構成をどうするか――つまりは、「どの銀行から、いくらの融資を、どう受けるのが適切なのか」は、企業にとっての悩みどころの1つです。そこで今回は、銀行融資の構成を考える上でのポイントについて解説します。 まずは「借入一覧表」の作成から  銀行融資の構成…

    銀行交渉術の裏ワザ
  • [連載] 現代医療の真相(第15回)

    インフルエンザ予防接種は受けるべきか

    ワクチンの役割は「感染」防止にあらず  今年も、インフルエンザワクチン接種の季節になった。近年、インフルエンザワクチンを接種する人が増えているようだが、果たして、どれだけの方がその意義を正しく理解されているだろうか──。  まず、インフルエンザのワクチンは、「…

    現代医療の真相
  • [連載] 変貌するアジア(第3回)

    「反日」でスクラムを組む中国と韓国

    「反日」を掲げる中国の思惑 1949年の新中国成立以来、毛沢東、周恩来、鄧小平など同国の主要なリーダーは皆、基本的にリアリストであった。彼らは日本に対し、好き嫌いの感情はなかっただろう。 仮にあったにせよ、反日の言動をとることはなかった。なかでも、1980…

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る