2014年

  • 新卒紹介事業で大躍進を続ける理由

    「ネット」と「リアル」の融合で質の高い新卒生を伸び盛りの中小企業へ--DYM

    ネット関連のコンサルティングを手掛けるDYMが、大学生の新卒紹介事業に進出してからわずか4年で、この分野の採用決定数で業界トップに躍り出ようとしている。その秘密はどこにあるのか。 良質な学生を求めて  優秀な新卒生が欲しい――。これは成長期の企業に共通の課題だ…

    沖之城雅弘氏
(おきのじょう・まさひろ)
株式会社DYM 取締役・新卒紹介事業部部長
経営コンサルティング会社を経て、2010年にDYMに入社。みずから立ち上げた新卒紹介事業は、同氏のリーダーシップのもと、急成長を続けている
  • [採用戦略最前線]

    学生と向き合った採用活動で応募者の心をつかむ--パソナグループ

     企業活動自体を「社会貢献事業」と捉える同社にとって最大の経営資源は従業員だ。求めるのは、企業理念に共感し、思いやりや挑戦心を兼ね備えた高いPQ(Personal Quotient)を持つ〝人財〟。そこには創業者・南部靖之代表の熱い想いがある。  「南部はパソナ…

    須藤丹季雄・執行役員人事部長
  • [採用戦略最前線]

    新卒入社試験での受験料制度の成否は--ドワンゴ

     動画配信サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴが、2015年の新卒入社試験で受験料制度を導入した。採用活動のあり方に一石を投じ、各所で賛否を呼んでいる。新たな取り組みは同社にとってどんな影響があったのだろうか。  「例年以上に企業研究を十分行い、当社でどんな…

    野々垣尚志・人事部長
  • [採用戦略最前線]

    社員の意欲を引き出す人事考課が急成長の秘密--Wiz(ワイズ)

     セールスプロモーション事業やサイト作成といったクリエイティブ事業を主力に、飛躍的成長を遂げるWiz。その原動力は、社員のやる気を引き出す万全のサポート体制にあった。意欲の高い人材の採用を通して事業基盤の強化を目指す。  昨年11月期におけるWizの…

    山崎 俊社長
  • [連載] 税務・会計心得帳(第15回)

    固定資産税の取り戻し方

    心得1 固定資産税の特質を知る  以前、「シャッター通り」と化した商店街で、「営業を取り止めた店舗の固定資産税を、営業をしていた時と同様に支払うのはおかしい」と、研究会を立ち上げたことがあります。  固定資産税は、賦課課税方式の税。毎年1月1日時点の所有者に対して…

    税務・会計心得帳
  • [連載] 地域が変えるニッポン(第15回)

    好評ぐんぐん、「アメーラ」地域に活気、雇用を創出(静岡市、サンファーマーズ)

    低段密植で「甘さ」を濃縮 販売は99%が市場出荷  野菜や果物の新顔が続々と登場しているが、トマトの分野では静岡生まれの高糖度トマト「アメーラ」が市場の評価を急速に高めている。2003年夏に大型農園を稼働させて以来、生産施設は今や、13農場に拡大、周年栽培で大都…

    地域が変えるニッポン
  • [連載] テクノロジー潮流

    アジア大会とノーベル賞

     今年のノーベル物理学賞は、青色発光ダイオード(青色LED)の開発を対象として、赤崎勇(名城大教授)、天野浩(名古屋大学教授)、中村修二(米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授)が受賞した。  青色LEDとは、電圧を加えると発光する半導体素子のことであり、赤色、…

    テクノロジー潮流
  • [連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第15回)

    選択と集中進む米ヤフーが「返り咲き」

    モバイルへの選択と集中が実を結ぶ  米シリコンバレーで、一度ナンバーワンから転落すると、立ち直るのは難しい。それを果たした稀有な例がアップルだが、それは、創業者である故スティーブ・ジョブズ氏の強烈な哲学と辣腕があったお陰だ。しかし、今、ヤフーという名門企業も「返…

    津山恵子のニューヨークレポート
  • [観光インバウンドの秘策]

    ANAグループ、地域の新たな価値を発掘へ

    見慣れた光景が、意外なコンテンツ  海外を旅してみると、都会よりも自然豊かな地方で思わぬ発見や魅力的な出会いがあることが多い。無国籍化され、人の数も多い都会では、その国本来の持つ魅力に出会うことは難しくなっているのかもしれない。  その国ならではの…

    港と教会の風景が旅情を誘う熊本県天草市
  • [連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第15回)

    社員の“自律”をどう促す?

    〝自律ルール〟によって苦手なことも克服できる  いきなり自分の話をするのもなんなのですが、以前の私は領収書の整理というのがとても苦手でした。それに四苦八苦するのが経験上分かっているので、月末が近づいてくると、ああ、いやな仕事が待っている……と本当にゆううつな気分…

    子どもに学ぶ人材マネジメント
  • [連載] 温故知新(第14回)

    「産業文化財」が観光資源に変わる--須田 寛(JR東海初代社長)

     「産業観光」の提唱者、JR東海初代社長である須田寛氏。今では、外国人にも関心の高い分野になっているが、当時はまだこの観光資源に気付いてはいなかった。本稿は、18年前に本誌の「ずいひつ」というコーナーで書かれたものである(1996.9.10号)。 進歩の跡が貴重…

    須田 寛
  • 「教育力、研究力を高め、タフでグローバルな人材を育成します」--東京大学・濱田純一総長

    世界の大学ランキングで東京大学の順位は低迷している。その現状を打開するために濱田純一総長は、〝秋入学〟を梃子にグローバル化を提起したが、実現には至っていない。しかし改革の手は緩めず、推薦入学制度の導入など、次々と新機軸を打ち出している。 聞き手=本誌・清水克久 写…

    大学の挑戦
  • [連載] 実録! 関西の勇士たち(第15回)

    ワンマンシリーズ(2)住友の堀田、グループを束ねる

     戦後の財閥解体で、住友本社は、鉱業、化学、金融など18のセクションに分断され、それぞれが独立企業体に様変わりした。  GHQの厳命で独立した18社は、社名に「住友」の冠が戴けず、銀行も「大阪銀行」の名でスタート。先輩らが公職追放で去り、常務に抜擢された堀田庄三…

    実録! 関西の勇士たち
  • 独自のコンサル力で中小・ベンチャー企業を育成する--豊田公認会計士事務所

    小規模事務所ながら、従来の監査・税務サービスではなく、株式上場やM&Aの支援といった独自事業で存在感を示している。今年に入ってコンサルティング会社を設立。中小・ベンチャー企業の育成に一層注力する。 ── 起業の経緯について。 豊田 …

    企業eye
  • 新たなコンセプトでスマートフォンに関する世の中のお困りごとを解決--ゴキゲンホールディングス

    わずか半年足らずで35店舗開設と、急成長のスマートフォンの修理・アフターサポート・グッズ販売のショップ「スマコレ」。高いニーズと支持を受け、1年で100店舗、3年で300店舗体制を目指している。 ── 創業までの経緯は。 戎 もともと小学生の頃から…

    企業eye
  • [連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第15回)

    「忘れられる権利」に見るプライバシー問題の今後

     「検索エンジンを通じて、自分の好ましくない過去がインターネット上で暴露される」 この問題をめぐり、欧州連合(EU)の司法裁判所は今年5月、プライバシー権の一種として「忘れられる権利(right to be forgotten)」を認め、それに基づき「非公開請求」…

    企業法務教室
  • [金の卵発掘プロジェクト2014]

    起業家発掘の新たなステージへ

     「金の卵発掘プロジェクト」は将来の日本経済を背負って立つ人材を発掘し、日本を元気にするためのビジネスプランコンテスト。一次審査を通過した応募者のプレゼンによる最終審査会は、11月21日に開催される。第4回目を迎えた今年は、より内容を充実させるべく、新たな試みにも…

    金の卵発掘プロジェクト
  • [観光インバウンドの秘策]

    伝統文化かポップカルチャーか--和歌山県田辺市・埼玉県久喜市(旧鷲宮町)

    「陽の昇る聖地」と「陽が沈む聖地」  2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界文化遺産に登録された熊野古道。人と自然が長い年月をかけてつくり上げた精神文化の聖地は、今、日本人だけでなく世界の人も魅了している。  古来より極楽浄土は真南…

    商工会もアニメで祭りを盛り上げる
  • オーナー希望者と土地情報をクラウドでマッチング--古木大咲 インベスターズクラウド社長

    「ローコスト・ロークオリティー」だった土地付きアパートを「ローコスト・ハイクオリティー」に。カギは「クラウド」を活用した“在庫なし”ビジネスモデル。ネット集客で大幅なコストカットと、いろいろなデータを一元管理し、高度な予測を行うDMP(データ・マネジメント・プラッ…

    20141118_Innovaters_2_R
  • [連載] CEOのゴルフ(第15回)

    下半身リードだけですべてうまくいくわけではない

     ダウンスイングは下半身リードとよくいわれる。そこに間違いはない。だが、下半身でリードすれば、あとはオートマチックにすべてがうまく動き、正しくインパクトに導かれていくものではないのだ。動きの適切な大きさやタイミングを説明しよう。 下半身リードの動きは思ったより小…

    eyecatch_CEOgolf_new

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る