2015年

  • [連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

    稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

    寺尾威夫氏の人生と大和銀行  寺尾威夫というバンカーがいた。元大和銀行(現在のりそなホールディングス)頭取である。  関西を中心としたリテール活動と全国展開の信託業務を核とする地域密着型経営を展開した唯一の都市銀行。昭和40年代末期にグループの総資金量は50兆円に…

    実録! 関西の勇士たち
  • [連載] CEOのゴルフ(第20回)

    ゴルフのスイングにおける極意 切り返しの「間(ま)」はマストアイテムではない

     切り返しには「間(ま)」が必要だと、かつては非常に重視されていた。キャリアの長いゴルファーにとっては「間(ま)」はなくてはならないものであったはずだ。だが、最近それがあまり言われなくなってきている。その理由を考えてみたい。 ゴルフの極意 身体とクラブの同調があれば…

    スイング
  • [連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

    融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

     信用保証協会による保証が付いていない融資(プロパー融資)の金利は、基本的に変動金利です。  また、保証付き融資であっても、固定の金利が決まっていない保証制度の融資は変動金利となります。  ご承知のとおり、銀行は、融資のための資金を、預金や市場から調達しており、そ…

    銀行交渉術の裏ワザ
  • [連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

    ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

    ネット検索時には「独り言」をつぶやくべし  仕事に必要な情報を集めるためにネット検索をしていたら、ついつい余計な記事まで読んでしまい、気が付くと貴重な就業時間を浪費していた──。そんな経験がどなたにもあるはずです。そうした事態を回避する上で役立つ研究成果が、米ウィス…

    ビジネス脳の作り方
  • [連載] グローバルニュースの深層

    習近平政権下の中国経済と新時代の到来

    中国経済の予想は弱気が大勢を占める  2015年のグローバル経済について、楽観論者も悲観論者も今後、不安定な展開になることに関しては共通しているようだ。  グローバルリスクといえば、ウクライナ問題とイスラム国などの地政学的なリスクに加え、欧州の債務問題と中国経済の…

    グローバルニュースの深層
  • [連載] 地域が変えるニッポン(第20回)

    科学を目玉に集客合戦 恐竜博物館に70万人超(福井県勝山市、福井県立恐竜博物館)

    全国一の集客力を誇る運営費、観覧料で賄う  2015年3月の北陸新幹線開業を機に、観光客の拡大を目指す自治体間の誘致競争が熱を帯びている。目立つのは科学・技術を目玉にした集客作戦だ。13年度に年間入館者数が70万人を突破した福井県立恐竜博物館は、手薄だった首…

    地域が変えるニッポン
  • [連載] 年収1億円の流儀(第20回)

    タダでお役に立て。ケチケチするな。

    自分の武器を使って人の役に立つ大切さとは  稼ぐ人は相手のことをよく知り、特にその人の困っていること、悩んでいることを知って、解決してあげる。それによって強固な人間関係を築き、大きな稼ぎに結び付けていくものだ。前回、そういうことを書いた。  相手の課題や悩みを解決…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • 子どもの受験体験を基に海外受験コンサルティングを行う――グローバルサクセスイノベーション

    自らの子ども2人を海外難関校に送り込んだ経験を生かし、海外受験コンサルタントとして活動している。数多くの子供たちに高度な教育を受けさせることで、日本を背負うグローバル人材の育成を進める考えだ。海外受験を行うために必要な事── 起業に至った経緯について教えてください。大…

    企業eye
  • 美容師のスキルを生かしたヘッドスパ専門店を展開――SYMAコーポレーション

    東京・上野で美容院を約20年運営。続いて2007年にヘッドスパ専門店「SYMA(シーマ)」を開設した。美容師ならではの指使いを生かしたマッサージで、顧客の脳に癒しをもたらす。 ── ヘッドスパサロンを開設したきっかけは何ですか。 一戸 マッサージが…

    企業eye
  • [NEWS REPORT]

    時価総額は大手並み 小野薬品工業のオプジーボの可能性とリスク

     日本の中堅医薬品メーカーである小野薬品工業が開発した「オプジーボ」が、大きな注目を集めている。がん治療の概念をガラリと変えてしまう可能性を持つ新薬は、業界全体に大きなうねりをもたらすかもしれない。 小野薬品独特の開発姿勢が生んだ画期的な新薬オプジーボ  2014…

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    ワタミの大幅赤字計上で鮮明になる居酒屋チェーンの限界

     居酒屋チェーン「和民」を展開するワタミが102店の大量閉鎖を発表した。これまで不況に強いと言われてきた居酒屋業態にも時代の荒波は待ったなしに訪れた。さらには同社の労務管理の不備も巷間指摘されるなど難題も山積する。 飲食サイトで〝安心〟は担保される時代  2014…

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    太陽光発電の固定価格買い取り問題で、自助努力を放棄した電力会社の厚顔

     再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直しが進んでいる。気になるのは、この議論が再生エネルギーの拡大を嫌う電力会社の望む方向に進んでいることだ。原子力発電所の再稼働に反対する一部マスコミまでも、この動きに流されている。 問題だらけの現行制度 …

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    水素社会到来に向けたガス業界の課題

    水素社会とガス業界の関連性は?  日常生活や産業活動におけるエネルギー源として、環境にやさしい水素を利用しようというのが水素社会の理念。トヨタ自動車が水素で走る燃料電池車(FCV)を発売するなど、2015年は水素社会元年とも呼ばれる。水素で発電する家庭用燃料電池「エ…

    ニュースレポート
  • [この国の行方]

    「不退転の決意でデフレ脱却に向けあらゆる手段を」--本田悦朗(内閣官房参与)

    予想以上だった消費増税後の落ち込み  2014年4月の消費増税については、やむを得ない決断だったと思う。アベノミクスが始まった直後の13年第1四半期、第2四半期のGDP成長率は高く、最終的には第2四半期の数字を見て総理が決断されたが、客観的に見て他の選択は難…

    内閣官房参与 本田悦朗氏
  • [この国の行方]

    「経済再生の道筋をしっかりつける年に」--榊原定征(経団連会長)

    政治との連携を意識した半年間  20年近く続いたデフレで国民の間にも閉そく感があったわけですが、アベノミクスが2年目に入り、将来に対して明るい展望が持てる時代になってきました。企業も長い間成長の確信が持てませんでしたが、将来に向けて自信が持てるようになってき…

    榊原定征氏
  • [この国の行方]

    主役不在の2015年 混沌の中、日本が進むべき道--寺島実郎(日本総合研究所理事長)

    「リーマンショック再び」のシナリオ  ロンドン・エコノミスト発行の『ザ・ワールド・イン2015』を読むと、〝disorder〟という言葉が頻繁に出てきて、2015年は非常に不透明感にあふれている。秩序を失い、リーダーなき世界に向かっていく混沌とした展望が見え…

    日本総合研究所理事長 寺島実郎氏
  • [この国の行方]

    「正念場を迎える2015年の日本経済」--武藤敏郎(大和総研理事長)

     2014年11月に発表された7〜9月期のGDPは2期連続のマイナス成長となりましたが、このマイナス成長を予測した方はほとんどいらっしゃらなかったと思いますね。われわれもプラス成長を想定していました。この発表がショックを与えたのは事実だと思います。15年1…

    武藤敏郎氏
  • [この国の行方]

    人類の生命を救うエレクトロニクスが必要--佐々木 正(シャープ元副社長)

     「電卓の生みの親」とされ、シャープが日本有数の家電メーカーとなる端緒を開いたのが、元副社長の佐々木正氏だ。液晶、太陽電池など先端電子技術の開発に携わり、半導体産業の礎を築いた。ソフトバンク社長の孫正義氏のメンターとしても知られ、100歳となる現在も、経営者や技術者へ…

    佐々木 正氏
  • [連載] 変貌するアジア(第10回)

    北朝鮮経済楽観論

     昨年末から今年にかけて、米ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント製作した『ザ・インタビュー』(セス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグ監督)が全米やネット上で大ヒットした。同映画はコメディタッチで、北朝鮮の金正恩第一書記を揶揄する内容となっている。  そのため、…

    変貌するアジア
  • スポーツインサイドアウト特別編

    国際バスケットボール連盟(FIBA)は日本バスケットボール協会(JBA)問題解決・相互理解のためにbjリーグの理念をアピール--河内敏光氏(日本プロバスケットリーグ コミッショナー)×二宮清純氏

     2014年11月、国際バスケットボール連盟(FIBA)は日本バスケットボール協会(JBA)に対して資格停止の制裁を下した。制裁の内容は、バスケットボールの日本代表の国際試合出場を禁じる厳しいものだ。さらにFIBAはタスクフォースを立ち上げ、JBAの改革に乗り出した。…

    スポーツインサイドアウト

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年11月号
[特集] AIが知りたい!
  • ・IT未開の地に挑戦 産業構造をAIが変える!
  • ・AIは物理世界がまだ苦手 汎用ロボットの作り方
  • ・データ分析の起点は「何があれば経営に役立つか」
  • ・AI活用事例
  • ・ワトソン君は業務システムと連携する
  • ・米国で加熱する人工知能ブーム AIは21世紀最大のゲームチェンジャーか
[Special Interview]

 小川啓之(コマツ社長)

 「“経験知”に勝るものはない」コマツ新社長が語る未来

[NEWS REPORT]

◆SBIが島根銀行への出資の先に見据える「第4メガバンク構想」

◆家電同士がデータを共有 クックパッドが描くキッチンの未来

◆新薬の薬価がたった60万円! 日の丸創薬ベンチャーは意気消沈

◆1で久々の優勝を果たすもホンダの4輪部門は五里霧中

[総力特集]

 人材育成企業21

 SBIホールディングス/サイボウズ/メルカリ/ティーケーピー/シニアライフクリエイト/イセ食品/センチュリオン/タカミヤ/中央建設/アドバンテック/合格の天使/明泉学園/オカフーズ

ページ上部へ戻る