2017年

  • [霞が関番記者レポート]

    加計学園疑惑が日銀総裁人事にも影響 黒田続投論が強まる――財務省

     2018年4月に任期が満了する黒田東彦・日本銀行総裁の後任人事をめぐり、財務省で続投論が強まっている。これまで安倍晋三首相と親しい本田悦朗・駐スイス大使が有力視されてきた。だが、「加計学園」疑惑で、その親しすぎる間柄が逆に“お友達優遇”を追及する野党の格好の材料にな…

    20160920zaimu
  • [霞が関番記者レポート]

    貸し出し需要鈍化で収益モデルを転換を迫られる地銀――金融庁

     地域銀行の経営環境が悪化している。金融庁が6月2日に発表した地銀106行の2017年3月期決算概要によると、単体ベースの最終損益の合計は前年比14.7%減の1兆2億円の黒字だった。日銀のマイナス金利政策で貸出金利ざやが縮小したことで、2年ぶりに減少に転じた。少子高齢…

    20160906KINYUU_P01
  • [霞が関番記者レポート]

    訪日外国人はどこに泊まっているのか?困難な実態把握――国土交通省

     国土交通省所管の観光庁が来年にも、一般住宅などに有料で旅行者らを宿泊させる「民泊」について、ホテルや旅館などの宿泊者数などを調べる「宿泊旅行統計」の調査対象とする方向で検討しているという。訪日外国人客が増えているにもかかわらず、宿泊者数が伸びていない統計上のミスマッ…

    201707民泊
  • [霞が関番記者レポート]

    格安スマホ競争で大手サブブランドが独立系MVNO駆逐――総務省

     携帯電話大手のMVNO(仮想移動体通信事業者)事業が急速に拡大し、格安スマートフォン市場に波紋を広げている。KDDIグループのUQコミュニケーションズが展開する「UQモバイル」とソフトバンクグループの格安スマホブランド「ワイモバイル」が資本力を背景に相次ぎ割引サービ…

    201707格安スマホ
  • カリスマQB来日でもアメフト人気が盛り上がらない理由

    代替が効かない存在としてのQB  史上最高のクォーターバック(QB)、トム・ブレイディが6月21、22日の2日間、来日した。 「史上最高のQB」と言っても、アメリカンフットボールを知らない人にとってみれば、なんのことかわからないかもしれない。しかしこれをサッカー界に置…

    アメフトCATCH
  • [連載]人事評価が会社を変える(第1回)

    小さな雑貨店を地域No.1店へと導いた人事評価制度改革とは

    業績を伸ばしたい経営者が真っ先に思いつくのは、商品力や営業力の強化、優秀な人材の確保といったことだろう。だが、後回しにされがちな「人事評価制度」こそが、企業の成長のカギを握るとしたらどうだろうか。特に中小企業においては、継続的に社員を育成させる仕組みとして、人事評価制…

    yamamotoCATCH
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第14回)

    知っておきたい古着のアレコレ

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    西岡慎也CATCH2
  • [スペシャルインタビュー]

    クリエーターの僕が経営者になった日――糸井重里(ほぼ日社長)

    3月16日にジャスダック市場に上場を果たした株式会社ほぼ日。広告業界のレジェンド、糸井重里氏の個人事務所が社名変更した会社で、糸井氏は社長を務めている。その売り上げの大半を占めるのが、「ほぼ日手帳」など、運営するサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』から生まれた商品だ。ほぼ日の…

    201708ITOI_CATCH
  • [NEWS REPORT]

    誕生10年!iPhoneは世界をこう変えた

    2007年6月29日、アメリカで初代iPhoneが発売された。以来携帯電話は、スマートフォンに取って替わり、真の意味でのユビキタス社会が到来した。あれから10年。世界の、そして日本の携帯地図が大きく変わっただけでなく、人々のライフスタイルも一変した。iPhone発売後…

    iPhone20170708
  • [NEWS REPORT]

    売り手市場の就職戦線に笑うものなし

    6月1日より2018年度新卒者の選考が始まった。と言っても、それは経団連に加盟する大手企業だけの話。中小企業や外資系、ベンチャーなどは既に選考を開始しているところも多い。人材不足で空前の売り手市場といわれる今年、学生と企業の関係はどうなっているのだろうか。文=古賀寛明…

    就活20170708
  • [NEWS REPORT]

    Jリーグ放送権喪失後の展開 スカパー! はどうなるか

    今年2月よりDAZN(ダゾーン)によるJリーグ中継が始まった。これまで10年にわたってJリーグ戦全戦生中継を行ってきたスカパー! は放映権を失い、加入者数の減少は約10万件に及んだ。スカパー! を運営するスカイJSATホールディングスの今後を展望する。文=村田晋一郎約…

    スカパー20170708
  • [NEWS REPORT]

    インディ500とル・マンにF1 モータースポーツの経済効果

    アメリカの「インディ500」でホンダマシンに乗った佐藤琢磨が優勝した。F1で苦戦が続くホンダにとって久々の明るい話題だ。一方、トヨタは今年からWRCに参戦、ル・マンにも力を入れる。モータースポーツには莫大なコストが掛かるが、果たしてきちんとリターンを得られているのだろ…

    モータースポーツ20170708
  • [連載]イゲット千恵子の「賢人はハワイに学ぶ」(第3回)

    徒手空拳のハワイ起業から製麺一筋で全米進出を果たす ゲスト ―― 夘木栄人(サン・ヌードル社長)前編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子CATCH
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第13回)

    着回し万能なデニム

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    西岡慎也CATCH2
  • ピーチの「アジアスポーツ経済圏構想」第一歩は「卓球」

    卓球を観光コンテンツに 6月7日~11日、松江市総合体育館で平成29年度前期日本卓球リーグ松江大会が開催された。そこで1人の卓球選手が日本でのデビュー戦を飾った。 その選手は、リオオリンピック台湾代表の江宏傑(ジャン・ホンジェ)選手。リオオリンピック銅メダリストの福原…

    ピーチmurataCATCH
  • [連載]プロマーケッター山本康博の勝手に商品鑑定(第12回)

    使い方は本人次第!発想力が鍛えられる―― 「cheero CLIP」(ティ・アール・エイ)

     モバイルバッテリーを圧倒的なコストパフォーマンスと、今までのモバイルバッテリー業界にはなかった“可愛さ”で大ヒットさせ一躍有名になった 「cheero(チーロ)」を今回は紹介します。 スマートフォンのバッテリーをおしゃれに可愛く、人にプレゼントもできるような見た目に…

    good山本康博_DS_0039胡ぴ
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第12回)

    TPOに合わせた服装は他者への気遣い

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    西岡慎也CATCH2
  • [連載]中小企業のイノベーション発想に学べ!(第7回)

    100人の陣頭指揮をとるのはパート社員!9年間で年商を5倍にした人材活性策 ―― 関通(大阪府)

    物流業務を “見える化”“システム化” ECの隆盛によって物流の業務量がますます増大している。大手宅配会社の労使騒動を見ても、それは明白だ。その膨大な業務は、言うまでもなくスタッフにそのまま覆いかぶさってくる。 物流が抱えるその問題を、見事に解決したにとどまらず、この…

    KANDAMASANORI_3.5×4.5 (3)
  • [連載]イゲット千恵子の「賢人はハワイに学ぶ」(第2回)

    「オリジナリティがますます重視される時代がやってくる」 ゲスト―本田直之(レバレッジコンサルティング社長)後編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子CATCH
  • 金の卵発掘プロジェクト2016 グランプリ受賞者の横顔(第2回)

    米国留学後に1年遅れで就職 海外でのバイヤーと駐在経験が糧に――久我一総(オーセンティックジャパン社長)

    登山が趣味なわけでもなく、人命救助の現場に明るいわけでもない久我氏がなぜ、『HITOCOCO(ヒトココ)』を手掛けるに至ったのか。幼いころに培われた外国への好奇心が、海外での仕事、そして通信技術の応用へとつながっていく。英語の定着を目指して大学でアメリカへ留学 外国へ…

    201707GOLDEN_P01CATCH

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界8月号
[特集]
会社が変わる時

  • ・伊藤秀二(カルビー社長兼COO)
  • ・星野佳路(星野リゾート代表)
  • ・森山 透(三菱食品社長)
  • ・笠原健生(クアーズテック社長)
  • ・駒村純一(森下仁丹社長)
  • ・小渕宏二(クルーズ社長)
  • ・大山健太郎(アイリスオーヤマ社長)
  • ・秋本英樹(リンガーハット社長)

[Interview]

 糸井重里(ほぼ日社長)

 クリエーターの僕が経営者になった日

[NEWS REPORT]

◆誕生10年! iPhoneは世界をこう変えた

◆インディ500とル・マンにF1 モータースポーツの経済効果

◆Jリーグ放送権喪失後の展開 スカパー! はどうなるか

◆売り手市場の就職戦線に笑うものなし

[政知巡礼]

 下村博文(衆議院議員)

 「教育立国こそが、国家として目指す道」

ページ上部へ戻る