2017年

  • ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

     昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている…

    201712EVEREDIA_CATCH
  • [NEWS REPORT]

    若者のクルマ離れに抵抗する豊田章男・トヨタ自動車社長の意地とプライド

    若者のクルマ離れが言われて久しい。「18になったら免許を取って、社会人になったらクルマを買う」時代は遠い昔。今では「クルマは目的地に運んでくれればそれでいい」――そんな風潮に一石を投じるのがトヨタ自動車。その背景にはクルマを愛してやまない豊田章男社長の存在がある。文=…

    豊田章男
  • [NEWS REPORT]

    ヤマトHDが人手不足よりも恐れる「送料無料」という意識

    新たな中期経営計画の発表で喫緊の課題である人手不足の解消と収益力強化を図るヤマトホールディングス。大口顧客の8割ほどが値上げに同意、働き方改革に向けて多額の投資も発表した。新たな成長への道筋を示したが、一抹の不安もある。そのひとつが消費者に染みついた「送料無料」の呪縛…

    201709JINZAIKYOUKOU_P01
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第31回)

    ネクタイ着用の前に気を付けたいこと

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    吉川写真CATCH
  • [連載]「私の原点」(第6回)

    人や組織から選ばれる「アイ・カンパニー」であれ ―― ゲスト 小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)後編

    圧倒的に稼げる人とそうでない人との違いは何なのか。事業における成功と失敗の分かれ道はどこにあるのか。本シリーズでは、幾多の修羅場をくぐりぬけてきた企業経営者たちを直撃し、成功者としての「原点」に迫っていく。痛みは一気に、喜びは分けて与える江上 御社は入社の競争倍率が非…

    江上治CATCH
  • [連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

    ハリルジャパンは「弱者の戦術」でどこまでブラッシュアップできるか

     「日本のベストゲーム。非常にレベルが高かった」 8月31日、ホームでのオーストラリア戦に2対0で勝利し、6大会連続6度目のワールドカップ(W杯)出場を決めた翌日、日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチは誇らし気に、そう語った。 指揮官の選手起用がズバリ的中した一戦…

    二宮清純の「スポーツ羅針盤」
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第30回)

    似合う眼鏡の選び方

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    吉川写真CATCH
  • [連載]年収1億円の流儀

    なぜ両親との縁を切り、破天荒ともいうべき人材採用をしたのか。

    学生時代のバイトで年収1千万円に 不動産に関するサポートサービス全般を扱うフューチャーイノベーションを2016年8月に立ち上げた新倉健太郎さんは、昭和51年(1976年)生まれ、41歳、バリバリの若手経営者だ。 実社会経験は高校時代からで、ピザチェーンでアルバイト。猛…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • 連載[燦々トーク]

    ダウン症の人の社会進出をサポート――樋口博美(三喜社長)

    今回のゲスト、樋口博美さんは、大阪でサンキという梱包の会社を営んでいらっしゃいますが、昨年、新たに三喜という別会社を設立、ダウン症の方を用務員に育成する事業に乗り出しました。そしてこの事業は、「金の卵発掘プロジェクト2016」女性経営者賞を受賞しました。この事業が樋口…

    201706HIGUCHI_CATCH
  • [連載]イゲット千恵子の賢人はハワイに学ぶ(第11回)

    飲食界のカリスマ経営者がハワイで勝負する理由 ―― ゲスト 稲本健一(ゼットンUSA社長)前編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子CATCH
  • 神田昌典対談企画 「知」の伝道者

    大役を任され続けた男の「覚悟」と「信念」――ゲスト 丹羽宇一郎(伊藤忠商事元社長)

    伊藤忠商事の社長、会長、そして民間企業出身として初の中国大使を務めるなど、数々の要職を歴任してきた丹羽宇一郎氏。重責を担う同氏を支えたのは、読書と実務経験で培った膨大な知識、そして、正しいと思うことを最後までやりきるという強い信念だ。構成=吉田 浩 Photo=森モー…

    201711KANDA_CATCH
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第29回)

    身長が低い人へのアドバイス

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    吉川写真CATCH
  • 連載[燦々トーク]

    女性起業家よ世界を目指せ――小池百合子(東京都知事)

    今回は小池百合子東京都知事をゲストにお迎えしました。小池さんは第42回経済界大賞特別賞の受賞者です。昨年8月の都知事選から1年。全力疾走を続ける小池さんは、「女性ならではの困難を感じたことがない」ときっぱり。凛として決してブレない力強さを持つ都知事の魅力が全開の対談と…

    201707KOIKE_CATCH
  • [連載]「私の原点」(第5回)

    経営者に求められるのは「言語化能力」だ ―― ゲスト 小笹芳央(リンクアンドモチベ―チョン会長)前編

    圧倒的に稼げる人とそうでない人との違いは何なのか。事業における成功と失敗の分かれ道はどこにあるのか。本シリーズでは、幾多の修羅場をくぐりぬけてきた企業経営者たちを直撃し、成功者としての「原点」に迫っていく。リクルート勤務14年の思いが熟成して起業江上 この連載では、成…

    江上治CATCH
  • [連載]人事評価が会社を変える(第3回)

    社員の集団退職を機に導入した人事評価制度で劇的に会社を変える

    経営理念、事業計画と連動した人材育成型の人事評価制度は、中小企業の継続的な成長に欠かせないものである。会社が求める働き方を評価項目によって具体的に示し、社員をフォローすることで、社員一人ひとりの力を引き上げることが可能だ。そうして、人的資源を最大限に伸ばすことで、企業…

    yamamotoCATCH
  • [運の科学]

    運の強さは大肯定と大努力から 松下幸之助に学ぶ「強運になる方法」――江口克彦 江口オフィス社長

    松下電器産業(現パナソニック)入社後、PHP研究所で秘書となり、松下幸之助氏が亡くなるまでの23年間、側近として過ごした江口克彦氏。松下幸之助哲学の継承者、伝承者と評され、松下氏に関する著者、講演も多い。その江口氏が直々に教えられた運を強くする方法とは――。文=榎本正…

    201711EGUCHI_CATCH
  • [運の科学]

    「調教師になれたのも、いい馬に恵まれたのも、運に導かれたから」 角居勝彦(日本中央競馬会調教師)

    2001年に開業し、3年後には早くもクラシックを獲り、07年には牝馬ウオッカで日本ダービーに勝利し、当時は40代の若き調教師と言われた角居勝彦氏。高校卒業後に勤めた牧場で、子馬が一度の骨折で殺処分される実態を知ったことが、調教師を目指す原点だ。調教師になれたのも、強い…

    201711SUMII_CATCH
  • [運の科学]

    脳と縁、運は表裏一体の関係にある――加藤俊徳(脳の学校代表、加藤プラチナクリニック院長)

    14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意。その後、内外の大学などで脳研究に従事し、1万人以上のMRI脳画像とともにその人の生き方を分析してきた加藤俊徳氏。その脳科学者が突き止めたのが、脳は正しい行動をすれば正しく成長を続け、それは「運が良くなる…

    201711KATO_CATCH
  • リーダーが書くべき漢字一文字って何?

    一文字書いて心を整える 前回、成功者に共通する筆跡のポイントを紹介したところ、大きな反響をいただいた。 そこで今回は、誰でも即実行できる「文字を書くことによって心を整える」手法を紹介したい。 筆跡診断士の林香都恵氏が実践している「一文字セラピー」は、一文字を心を込めて…

    2017一文字セラピー
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第28回)

    ファッションはダイエットに効く!

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    吉川写真CATCH

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界11月号
[特集]
運の科学

  • ・北尾吉孝(SBIホールディングス社長)
  • ・江口克彦(江口オフィス社長)
  • ・畑村洋太郎(畑村創造工学研究所代表)
  • ・藤井 聡(京都大学大学院工学研究科教授・内閣官房参与)
  • ・角居勝彦(日本中央競馬会調教師)
  • ・桜井章一(雀鬼会会長)

[Interview]

 安永竜夫(三井物産社長)

 「やるべきことは2つ。方向性を指し示し、トップ同士の関係を構築する」

[NEWS REPORT]

◆東芝メモリ買収の影の主役 産業革新機構の収支決算

◆電気自動車がガソリン車を駆逐するまであと10年

◆60代を迎えた孫正義 ソフトバンク300年の計への足固め

◆出版不況の風向きは変わるか!? 常識を覆すオンリーワン作戦!

[政知巡礼]

 若狭 勝(衆議院議員)

 「自民党のしがらみ政治をぶった斬りたい」

ページ上部へ戻る