2017年

  • [連載]イゲット千恵子の賢人はハワイに学ぶ(第13回)

    破天荒な男を動かした「ハワイへの恩返し」の気持ち―― ゲスト 早川宗徳(ダイニングイノベーションUSA社長)前編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子CATCH
  • [著者が語るほんのヒトトキ]

    『SNSで夢を叶える』――ゆうこす(菅本裕子)

    1年半前までほぼニートだった私が好きなことを仕事にしたら…… 2012年にHKT48を脱退し、現在はSNSを使って「モテクリエイター」「SNSアドバイザー」として発信。モデルなどの仕事もしています。今回この本を書いたのは、約1年半前までは、ほぼニート状態だった私が、S…

    201712BOOKS_CATCH
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第33回)

    各アイテムは最低何着必要か?

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    吉川写真CATCH
  • 話題の女性社長が自腹を切って若者を応援する理由

    オーダースーツを半額で提供 「若者が社会人になる前に、未来を投影できるようなスーツを作ってあげたい」 オーダーメードスーツ専門店「Re.muse(レ・ミューズ)」の勝友美社長はこう語る。 勝社長は、最近話題となっている業界では異色の女性テーラー。今回、成人式を来年に控…

    201711ミューズCATCH
  • [連載]「私の原点」(第7回)

    会社員時代から起業を意識して行動 ―― ゲスト 小田健太郎(アイリッジ社長)前編

    圧倒的に稼げる人とそうでない人との違いは何なのか。事業における成功と失敗の分かれ道はどこにあるのか。本シリーズでは、幾多の修羅場をくぐりぬけてきた企業経営者たちを直撃し、成功者としての「原点」に迫っていく。独立して何をするかは会社を辞めてから考えた江上 小田社長は起業…

    江上治CATCH
  • [政知巡礼]特別編

    解散総選挙とニッポンの未来

    過去に例を見ない総選挙だった。勝てるのは今しかないと、大義を急ごしらえで解散に打って出た安倍晋三首相に有権者は戸惑ったが、対する野党の再編、特に希望の党と民進党の合流をめぐるゴタゴタも個人の勝ち負け優先の離合集散劇で政権への明確な対立軸を有権者に示せなかった。そんな中…

    eye_tetsuo_suzuki
  • [特集 東京新起動]渋谷

    文化の発信地「渋谷」が百年に一度の大改造

    戦後復興で開発された施設が現在の街の強みを形成 「春の小川」という文部省唱歌がある。発表は1912年で、現代まで100年以上にわたり小学校で教えられ続けている。読者の方も音楽の授業で歌った覚えがあるだろう。諸説あるが、この歌の小川のモデルは渋谷川だといわれている。現在…

    201712_特集タイトル
  • [特集 東京新起動]日比谷

    あの「東京ミッドタウン」を日比谷にもつくる狙い

     日比谷は、明治以降の日本の近代化・国際化を主導し、その象徴となった街である。明治政府は欧化政策を進める中で、1883年、外交・社交の場として鹿鳴館を現在のNBF日比谷ビルの場所に建設した。隣接地には1890年、日本初の国賓ホテルとして帝国ホテルが建てられた。また、江…

    201712_特集タイトル
  • 特集[東京新起動]品川

    「江戸の入り口」から「日本の玄関」へと転換する品川エリア

    「提灯殺しのトンネル」で遮断された東西交通を円滑に JR東日本は山手線の田町駅と品川駅の間に新駅を設け、駅を含めた新たな街の一体開発を進めている。 直接のきっかけは、品川車両基地の効率化だ。近年になって田町―品川駅間に位置する品川車両基地において、東京発の東海道線夜行…

    201712_特集タイトル
  • [連載] 仕事を制す「価値創造ファッション論」(第32回)

    ファッションの構築はワードローブの見直しから

    「仕事ではファッションが大事」と言えば、大事なのは中身だと反論されるかもしれない。だが、「仕事では印象(インプレッション)が大事」と言い換えれば、おそらく異論は少ないだろう。「ファッションとは、その人の内面、在り方を表すもの」と考えれば、そのプライオリティは高まるはず…

    吉川写真CATCH
  • [霞が関番記者レポート]

    訪日客と出国者への課税で旅行需要への影響はいかに――国土交通省

     2020年までに訪日外国人客数を4千万人に増やす政府目標の達成に向け、新たな財源確保について議論する観光庁の有識者会議が9月中旬から始まった。 会合では訪日客の受け入れ態勢の充実に向けては安定財源が必要との認識で一致しているものの、旅行関連業界からは需要…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    仮想通貨監視を開始 市場は健全に発展するのか――金融庁

     金融庁が、ビットコインなどインターネット上の仮想通貨を扱う業者の監視に乗り出した。 9月末に11事業者を「仮想通貨交換業者」として初めて登録。利用者保護などの取り組みの徹底を求める。仮想通貨をめぐっては、日本にあったビットコイン取引所「マウントゴックス」が破綻し、信…

    霞が関番記者レポート
  • [燦々トーク]

    女性である自分をあきらめず新たな未来をつかんでほしい――いつか(作家)

    子どものころから長年続いた母親との確執、結婚・離婚など、波乱万丈の人生を歩んできた、作家のいつかさん。自らの豊かな人生経験を元に、現在は幅広い層の男女の恋愛・結婚の指南役として活躍するいつかさんの半生と、その素顔に迫ります。女性が生きやすい時代にその上で求めたいもの佐…

    201711SANSAN_CATCH
  • ペルー日系人のアイデンティティを育んだのは「野球」だった

     「しっかり野球を伝道したい」と意気込みを述べるのは、読売巨人軍前監督の原辰徳氏。ペルーでの野球教室を開催するにあたり、10月19日、都内のペルー大使館で会見を行った。 ペルー日系人協会設立100周年を記念して催される教室は、国際協力機構(JICA)が主催し、11月1…

    20171025ファンケル1
  • [NEWS REPORT]

    シェール革命が動かす世界のパワーバランス

    アメリカでシェールガスが採掘されるようになってほぼ10年。世界最大のエネルギー資源輸入国だったアメリカは、今では世界一の生産国となった。その結果、エネルギーの分野で中東は発言力が低下、ロシアは経済に大きな打撃を受けた。そしてこれが世界のパワーバランスに大きく影響を与え…

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    新生ジャパンディスプレイは生き残れるか

    一時期は強気の液晶戦略を進めてきたジャパンディスプレイだが、その方針を改めた。主戦場であるスマートフォン向けディスプレーで液晶から有機ELへのシフトが進み、なおかつ財務状況も芳しくない中、経営体制を刷新。新たなスタートに当たり、有機ELへの注力を鮮明に打ち出した。文=…

    ニュースレポート
  • [連載]イゲット千恵子の賢人はハワイに学ぶ(第12回)

    新たな場所で自分にしかできないチャレンジを ―― ゲスト 稲本健一(ゼットンUSA社長)後編

    成熟社会を迎え、子どもの教育、就職、働き方など、さまざまな面において、これまでのやり方が機能しなくなってきた日本。難病を抱えながら息子とともにハワイに移住し、事業家として成功を収めたイゲット千恵子氏が、これからの日本人に必要な、世界で生き抜く知恵と人生を豊かに送る方法…

    イゲット千恵子CATCH
  • ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

     昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている…

    201712EVEREDIA_CATCH
  • [NEWS REPORT]

    若者のクルマ離れに抵抗する豊田章男・トヨタ自動車社長の意地とプライド

    若者のクルマ離れが言われて久しい。「18になったら免許を取って、社会人になったらクルマを買う」時代は遠い昔。今では「クルマは目的地に運んでくれればそれでいい」――そんな風潮に一石を投じるのがトヨタ自動車。その背景にはクルマを愛してやまない豊田章男社長の存在がある。文=…

    豊田章男
  • [NEWS REPORT]

    ヤマトHDが人手不足よりも恐れる「送料無料」という意識

    新たな中期経営計画の発表で喫緊の課題である人手不足の解消と収益力強化を図るヤマトホールディングス。大口顧客の8割ほどが値上げに同意、働き方改革に向けて多額の投資も発表した。新たな成長への道筋を示したが、一抹の不安もある。そのひとつが消費者に染みついた「送料無料」の呪縛…

    201709JINZAIKYOUKOU_P01

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年2月号
[特集]
明治維新から考えるニッポンの原点

  • ・第3の開国を迎え日本の未来は地方にあり(加来耕三)
  • ・実務面で明治維新を後押し国家の礎をつくった薩長密航英国留学生
  • ・布衣の宰相・前田正名のもう一つの明治維新
  • ・「より良い未来の礎になると願い死んでいった西郷の青春群像」(林 真理子)

[Special Interview]

 榊原定征(日本経済団体連合会会長)

 経済界主導のイノベーションが日本経済の未来を輝かせる

[NEWS REPORT]

◆世界の外食王を目指すトリドール・粟田貴也の「野心」と「危機感」

◆東証一部に返り咲き シャープの復活は本物か

◆「越境EC」への投資から見る伊藤忠の本気度

◆上場廃止を免れた東芝を待ち受ける「モノ言う株主」

[政知巡礼]

長島昭久(衆議院議員)

「自民党にできない改革を引っ張っていく政党に」

ページ上部へ戻る