二宮清純のスポーツインサイドアウト

  • [連載] 二宮清純のスポーツインサイドアウト(第7回)

    ブラジルW杯の総括なく進む次期監督選考への違和感

    攻め続けても遠かったゴール  期待が大きかった分、落胆も大きかった。  上位進出が期待されたブラジルW杯、日本代表は2敗1分け、勝ち点1でグループリーグ最下位に終わった。  大会が始まる前、代表監督のアルベルト・ザッケローニは宣言した。  「今大会、自分た…

    スポーツインサイドアウト
  • スポーツインサイドアウト特別編

    女性パワーを引き出す組織づくり--佐々木則夫氏(サッカー女子日本代表監督)×二宮清純氏

     5月に開催されたAFC女子アジアカップで優勝し、2015年カナダで行われるFIFA女子ワールドカップの出場権を獲得したなでしこジャパン(日本女子代表)。前回優勝したドイツ大会に続き、再び世界の頂点を目指すことになる。 なでしこの躍進をもたらしたのは、佐々木則夫監督の…

    佐々木則夫と二宮清純
  • [連載] 二宮清純のスポーツインサイドアウト(第6回)

    ファン掘り起しに生き残りを賭けるBCリーグ

    木田優夫氏がBCリーグで「GM兼投手」として奮闘 これも、一種のセカンドキャリアだろう。 プロ野球の巨人やメジャーリーグで活躍した木田優夫がグラウンド内外で活躍している。 45歳の木田が所属するのは現在、北信越、関東地方をテリトリーとする独立リーグ「ベースボール・チャ…

    スポーツインサイドアウト
  • [連載] 二宮清純のスポーツインサイドアウト(第5回)

    欧州、アジアとのコラボレーションで国際化が進むJリーグ

    マンCの親会社がマリノスに出資  米国の経済誌『フォーブス』によれば、今季のイングランド・プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティの資産価値は8億6300万ドル(約878億円)。これは世界のサッカークラブで7番目にあたる。  ちなみに1位は5月24日…

    スポーツインサイドアウト
  • [連載] 二宮清純のスポーツインサイドアウト(第4回)

    最大の敵・中国打倒を目指す日本卓球女子

    日本卓球女子のピンチを救った石垣優香 世界ランキング1位の中国に完敗したとはいえ、31年ぶりの銀メダル。世界卓球団体選手権東京大会で女子日本代表が躍動した。 今大会は長年、日本の卓球界を牽引してきた福原愛をケガで欠いていた。日本は世界ランキングこそ3位だが…

    スポーツインサイドアウト
  • [連載] 二宮清純のスポーツインサイドアウト(第3回)

    サッカーW杯―盛り上がる闘莉王待望論にザッケローニはどう応えるか

    W杯に向け代表OBからもイチオシの闘莉王 ブラジルW杯に臨むサッカー日本代表メンバーの発表を前に、ひとりの元代表選手に注目が集まっている。 名古屋グランパスのDF田中マルクス闘莉王だ。 イタリアで3つのビッグクラブ(ACミラン、インテル、ユベントス)を率いたアルベルト…

    スポーツインサイドアウト
  • [連載] 二宮清純のスポーツインサイドアウト(第2回)

    井上尚弥の戴冠をもたらした ボクシング復権への取り組み

    日本人ボクサーとしては史上最速戴冠をもたらした井上尚弥とは デビュー6戦目での戴冠は日本人ボクサーとしては史上最速である。 さる4月6日、メキシコのアドリアン・エルナンデスが持つWBC世界ライトフライ級王座に挑戦した同級4位の井上尚弥(大橋ジム)は、王者を6ラウンドT…

    スポーツインサイドアウト
  • [連載] 二宮清純のスポーツインサイドアウト(第1回)

    ONが牽引したV9巨人に匹敵するチームは現れるか

     V9巨人時代① 人を見て法を説いた川上哲治氏 これまで球界の盟主としてプロ野球をリードしてきた。日本一は22回。2位の埼玉西武(西鉄時代を含める)が13回であることを考えれば、いかにこの球団が偉大であるかがうかがえる。 栄光に包まれた歴史の中でも、1965年から73…

    スポーツインサイドアウト

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る